メルカリの利用制限とは?出品制限の解除方法など解説!

メルカリで利用制限がかかったら?メルカリ関連

メルカリは手軽に利用できるイメージだけど…
最近は利用制限が割と厳しいみたいだね。

出品制限はある意味仕方ないけど、覚えがないのに…って場合もあるわよね。

今回は、メルカリの利用制限の解除の方法など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メルカリでは、とくに違反をしていないのにと思っていても、利用制限などがかかることがあります。

今後も利用したい時、制限がかかると困るので、今回はなぜ制限がかかるのかや解除の方法などご紹介します!

メルカリの利用制限とはなに?

メルカリを利用していたら、エラーと表示され、利用制限がかかることがあります。

メルカリの利用制限を簡単にご紹介しますと、メルカリの利用規約に違反する行為をしてしまった場合、または違反の恐れがあるユーザーへのペナルティの措置です。

ただ、利用制限はアカウントの抹消ではないので、一時的な措置であることが多く、対処法さえ間違わなければすぐに解除可能なので、そこは安心ですね。

では、なぜ最近になってメルカリの利用制限が厳しくなったかと言えば、2022年の不正決済が影響しています。

不正決済が横行したことを受けて

2022年にメルカリから決算発表があり、不正利用が原因で16億円もの補填費用での赤字計上が出たと報告されました。

内訳は、メルカリの不正利用による損害が10億円、メルペイでの不正利用による被害が6億円とかなりの損害が出ています。

つまり、メルカリやメルペイでアカウントの不正利用(本人以外)により、補償や補填に6億円以上がかかったということですね。

なので、不正利用を防がないと運営が厳しくなるとの理由から、メルカリでは少しでも不正利用に該当しそうなユーザーに対して利用制限がかかるようになりました。

ただ、この措置の影響で全く不正がされていないユーザーにまで利用制限がかかるなども問題視されています。

利用制限では何ができなくなる?

メルカリで利用制限がかかった場合、以下に該当する行為ができなくなります。

  • 「いいね」ボタンが押せなくなる
  • そもそも出品ができなくなる
  • ほかの商品に対してコメントが残せなくなる
  • 購入も制限がかかる
  • メルペイが利用できなくなる

メルカリで利用制限がかかってしまうと、上記のように商品の出品だけでなく、購入などのメインサービスがそもそも利用できなくなってしまうんですね。

同時にメルカリとメルペイは連動しているので、電子決済としてメルペイの利用もできなくなるなど、利用制限はかなり厳しめと言えます。

もし、自分がメルカリで利用制限をかけられているかを知る方法は簡単で、メルカリ内の商品を何でもいいので「いいね」ボタンを押してみてください。

仮に利用制限がかかっていれば、画面に「ただいま利用制限中です。」と表示されるので、すぐにわかると思います。

逆に「いいね」ボタンがちゃんと押せるのであれば、利用制限はかかっていないとわかります。

メルカリの利用制限を解除するには?

メルカリで利用制限がかかると、メインサービスが受けられなくなるため、困る方も多いと思います。

ただ、利用制限は解除する方法もあるので、以下を参考にしてみてください。

実はメルカリの利用制限には段階があり、3時間、12時間、1日、2日、3日、1週間などのように分かれています。

制限されている理由にもよりますが、時間経過で制限される場合の多くは、出品者側の規約ケースの違反が一番多いです。

具体的には、ハンドメイドの作品に著作権違反がある(ディズニーのキャラを使ったなど)場合、24時間の利用制限をかけられるなどのケースが考えられます。

もし、利用制限の理由や利用制限時間の通知が来た場合は、制限されている時間を超えれば、普通に利用を再開できます。

ただ、利用制限が時間によって解除されない場合は、お問い合わせが必要です。

弁明のメッセージを送る必要あり?

時間制限で利用制限が解除されないケースでは、運営側に弁明のメッセージが必要なケースもあります。

例文としては、以下のように書いてみてください。

お世話になっております。○○と申します。

現在、【出品禁止の商品を出品した】という違反行為を行ったことで利用制限をされております。

お恥ずかしい限りですが、当方が出品した○○が出品禁止であり、規約違反であるということを知りませんでした。誠に申し訳ございませんでした。

今後は出品が禁止されている商品は一切出さないようにして、このような迷惑行為は一切致しませんことを誓います。

また、メルカリ規約を熟読し、今後は規約に則った利用を遵守致しますので、どうか利用制限解除をご一考頂けませんでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

引用元:オライズブログ

無期限の垢バンとは?

メルカリで利用制限が永久的に続くケースもあり、退会と同義の意味があることで垢バンと俗に言われます。

とくに、メルペイでは無期限の利用制限がかかることも多く、アカウントがバンすることがあると問題視されています。

ただ、利用制限の解除が難しいのは、あくまで悪質な規約違反に該当する場合に限られるので、上記の弁明メールなどを送れば、大抵の場合は解除されるので安心してください。

また、無制限の利用制限がかかる場合、運営側からのアクションがありません。

なので、必ず自分から運営側に問い合わせてください。

家族でアカウントの使い回しは規約違反

メルカリでは、アカウントのシェアは規約違反になるので、本人がやっていたとしても、複数のスマホなどから利用した場合は、規約違反に該当する可能性大です。

上記でもご紹介したように、メルカリとメルペイでは不正利用が原因で赤字決算となったことを受け、不正をしていないのにと思っても、利用制限がかかることもあります。

まず、家族間でアカウントを共有するなど避けて、万が一利用制限がかかった場合は、時間が経つまで待つか、運営側に問い合わせしてみるのがおすすめです。

メルカリで利用制限がかかっても慌てないことが大切

それでは、メルカリで利用制限がかかるのはどんなケースか、また解除するにはどうしたらいいのかなどご紹介してみました。

利用制限の多くは、時間経過とともに解除されますが、時間が経っても解除されない場合は、運営側に問い合わせした上で、弁明のメッセージを送る必要があります。

まずは、利用制限がかからないように、規約をしっかりと確認して、少しでも違反に該当しそうな行為はしないことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント