6月12日は恋人の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

6月12日は恋人の日6月

6月12日は恋人の日なんだって!

情熱的なブラジルならではの記念日だよね。

確かにブラジルは恋人の日がぴったりくるわ。

今回は6月12日が恋人の日になった由来やおもしろ雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

6月12日は恋人の日ですが、ブラジルの風習が元になった記念日だそうです。

今回は、恋人の日になった由来やおもしろ雑学などご紹介します!

6月12日は恋人の日

6月12日は恋人の日ですが、ブラジルのサンパウロ地方にある「恋人同士が写真立てに写真を入れて贈り合う習慣」にちなんで、1988年に制定された記念日です。

また、この日は、女性の守護神&縁結びの神でもある「聖人アントニウス」の命日の前日でもあります。

日本でもブラジルの風習が根付くようにと、写真立てに目をつけた全国額縁組合連合会が、写真立てのPRの目的で制定した記念日です。

恋人の日の由来となった聖人アントニウスですが、彼が亡くなったとき町の子供達が泣き、地上に降り立った天使たちによって町の教会の全ての鐘が自動的に鳴り出したなんて素敵な寓話も残っています。

厳しい禁欲生活で亡くなったアントニウスさんは素敵な方だったようですね。

恋愛が長続きするのは騙されやすい人?

恋愛は長続きする人もいれば、すぐに終わってしまう人もいますが、実は騙されやすい性格の人の方がより長続きすると言われています。

「長く付き合っている恋人同士ほど相手の嘘が見抜けない」と、心理学のディポーロの調査で結果がでているように、騙されやすい性格の人は相手の嘘に気づけないので、逆に別れ話などもでないそうです。

恋愛を長続きさせるためには相手との信頼関係を築く必要がありますが、相手の細かい嘘まであらいざらい調べる人は相手を信じていないことになります。

もし相手の小さな嘘に気づいたとしても、相手が自分のためについてくれた嘘だと思うことができれば、恋愛関係も長続きするのかもしれません。

喧嘩は15分以内に終わらせるのがベスト

どれだけ仲が良い恋人同士でも、喧嘩を全くしないというカップルはまれですし、理由も些細なことが多いですよね。

ただ、喧嘩が長引くと別れ話にも発展する可能性があり、心理学では「15分で喧嘩を終わらせないと、お互いが謝りづらくなる」などとも言われています。

なので、謝るまでの時間が長引くほど、喧嘩もヒートアップしてなかなか終わりません。

もし恋人同士の関係を続けたいなら、自分に非がないと思っても、15分以内に謝るのが喧嘩を早く終わらせる1つの方法です。

15分以内に自分から謝れば、相手側の彼氏や彼女からも謝罪の言葉がでる可能性は高くなります。

恋愛を長続きさせるためには、お互いを認め合い、許し合える関係になることが大切です。

6月12日の出来事一覧

6月12日は恋人の日ですが、過去の6月12日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1991年のできごと:ソ連でロシア共和国大統領選挙が行われ、「ボリス・エリツィン」氏が初代の大統領となった。
  • 1977年のできごと:樋口久子さんが、全米女子プロゴルフ選手権で日本人で初めて優勝した。
  • 1969年のできごと:日本初となる原子力船「むつ」が進水した。
  • 1965年のできごと:阿賀野川流域で「第二水俣病」とされる、有機水銀中毒の患者が発生した。
  • 1942年のできごと:ナチスに追われるユダヤ人の少女「アンネ・フランク」による「アンネの日記」の執筆が開始された。

6月12日が誕生日の芸能人は誰?

  • 小林 歌穂(こばやし かほ):2000年6月12日生まれ。日本の歌手、女優。
    連続ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」で初単独主演。
  • 室田 瑞希(むろた みずき):1998年6月12日生まれ。日本の歌手、元アイドル。
    アイドルグループ「アンジュルム(スマイレージ)」の元メンバー。
  • 釈 由美子(しゃく ゆみこ):1978年6月12日生まれ。元グラビアアイドル。
    「週刊ヤングマガジン」の「Missキャンパスグランプリ」に選出され芸能界入り。

恋人の日には写真立てを飾ろう!

それでは、6月12日が恋人の日になった由来やおもしろ雑学などご紹介してみました。

恋人同士が写真立てに写真を贈り合う習慣なんて、少しロマンティックな感じがしますよね。

ブラジルの素敵な風習が日本にも根付いてくれたら、恋人同士の愛も深まるんじゃないでしょうか?

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント