4月23日は世界図書・著作権デー!サンジョルディが由来?今日は何の日?

4月23日は世界図書・著作権デー4月

4月23日は世界図書・著作権デーだね。

同じ日にサンジョルディの日もあるんだって!

スペインが発祥で、文豪の命日でもあるらしいわね!

今回は、4月23日が世界図書・著作権デーになった由来など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

4月23日は世界図書・著作権デーですが、スペインの本の日でもあるそうです。

今回は、世界図書・著作権デーの由来やサンジョルディの日などについてもご紹介します!

4月23日は世界図書・著作権デー

4月23日は世界図書・著作権デーですが、1995年に読書・出版・著作権保護の促進を目的に、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が制定した記念日です。

実施されたのは1996年で、国際デーの1つとされ、英語では「World Book and Copyright Day」とされます。

サン・ジョルディの日

世界図書・著作権デーは、スペインでは「本の日」とされ、同時に「サンジョルディの日」でもあります。

また、この日はほかの文豪も関わっており、たとえば、「ドン・キホーテ」の作者でもあるスペインの「ミゲル・セルバンテス」、イギリスの劇作家「ウィリアム・シェイクスピア」など多くの文筆家の誕生日や命日でもあるんですね。

サンジョルディの日は、元々スペインのカタロニア地方の習慣で、守護聖人「サン・ジョルディ」を祭り、女性から男性に本を、男性から女性に赤いバラを贈るとの素敵な習慣が続いています。

サン・ジョルディにまつわる伝説

サン・ジョルディはスペインでは守護聖人とされており、数々の伝説を残してますが、その中の1つに「ドラゴン退治」の伝説があります。

伝説の内容は、スペインのカタルーニャ地方には1匹の獰猛なドラゴンが住み着いていたのですが、ドラゴンの怒りを鎮めるためにと、毎年村人はいけにえを捧げていました。

そのうちに、王妃様がいけにえになる番となりますが、ドラゴンがまさに襲い掛かろうとしたとき、白馬に乗り黄金の剣をひっさげたサン・ジョルディが現れます。

驚いている姫様に、サン・ジョルディは「あなたを救いに来ました。ドラゴンを倒して平和な村にするために」と告げて、ドラゴンを一突きで仕留めてしまうんですね。

その時に、ドラゴンの血から赤いバラの花が咲いたことから、スペインでは世界図書・著作権デーでもあり、サン・ジョルディの日でもある4月23日に男性から女性に赤いバラを贈る習慣が生まれたとされる伝説です。

もちろん、作り話であることは間違いないのですが、サン・ジョルディはスペインの人にとって、救世主的な扱いになっていたようです。

4月23日の出来事一覧

4月23日は世界図書・著作権デーですが、過去の4月23日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1996年のできごと:カーナビでの道路交通情報通信システム(VICS)のサービスが開始された。
  • 1995年のできごと:千葉マリン球場のロッテ×オリックス戦が、強風のためパ・リーグで初めて中止となった。
  • 1993年のできごと:天皇と皇后の両陛下が歴代天皇で初めて沖縄を訪問された。
  • 1980年のできごと:静岡県に「富士サファリパーク」がオープンした。
  • 1949年のできごと:アメリカのGHQが1ドルを360円とする単一レートを設定した。

4月23日が誕生日の芸能人は誰?

  • 森山 直太朗(もりやま なおたろう):1976年4月23日生まれ。日本の歌手、俳優。
    「第54回NHK紅白歌合戦」に「さくら(独唱)」で初出場を果たす。
  • 設楽 統(したら おさむ):1973年4月23日生まれ。日本のお笑いタレント。
    お笑いコンビ「バナナマン」のボケ担当。
  • 阿部 サダヲ(あべ サダヲ):1970年4月23日生まれ。日本の俳優、歌手。
    NHKドラマ「離婚同居」で連続ドラマ初主演。

4月23日は文豪の作品に触れてみよう!

それでは、4月23日が世界図書・著作権デーになった由来やサン・ジョルディの日などについてご紹介してみました。

サン・ジョルディは謎が多い人物ですが、スペインでは有名な人で、守護聖人とされています。

また、4月23日はシェイクスピアやミゲル・セルバンテスなどの名だたる文豪の命日や誕生日でもあるので、本の日としても有名です。

ぜひ、4月23日は文豪の作品に触れて、読書を楽しむ日にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!