お菓子作りが上手くなる方法とは?上達するコツなど解説!

お菓子作りが上手くなる方法基本

お菓子作りが上手くなる方法って、何があるのかな?

やっぱり製菓学校とか通わないと無理なの?

大丈夫!独学でも上手い人はたくさんいるわ!

今回は、お菓子作りが上手くなる方法ということで、上達のコツなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

お菓子作りが上手くなる方法を知りたいと思って、ネットでコツを検索される方も多いと思います。

今回は、独学でも上達できるお菓子作りのコツなどご紹介します!

お菓子作りが上手くなる方法とは?

お菓子作りが上手くなりたいと思う女性は多いと思いますが、失敗すると本当に残念な結果になりますよね。

私もサイズ間違いなどしたときには、ちゃぶ台返しを見舞いたくなります。^^

ただ、もしお菓子作りで失敗した時には、単に技術不足ではなく、ほかの部分に原因があるのかもしれません。

ということで、以下にお菓子作りが上手くなる方法として、上達のコツを3選してご紹介します。

上手くなる方法①道具は揃えておく

もしお菓子作りが上手くなりたいなら、まず道具から揃えてみるのがおすすめです。

中には「100均で揃えればいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、スポーツをするときにラケットなどが必要なように、お菓子では専門的な道具が必須なんです。

なぜ、お菓子の専用道具が必要かといえば、以下のような理由があります。

無駄な材料が出てしまう

専用の道具がないと、たとえばボウルでも、お菓子専用のボウルは底が平らで、かつ底と側面が一体となり、角がなく滑らかになっています。

これが専用のボウルでないと、取り切れない生地が出てきて、その分が無駄になってしまうんですね。

出来上がりの分量にも影響するので、お菓子作りが上手くなりたいなら、専用の道具を使うのがおすすめです。

効率が悪くなる

お菓子作りは、オーブンの予熱時間に合わせて生地など作りますが、専用の道具がなければ、たとえばなかなか卵が泡立たないなどの失敗があり得ます。

卵がなかなか泡立たないと、もう疲れて無理!となり、結果泡立てが不足して膨らまないなどの失敗にもつながるんですね。

なので、ハンドミキサーなどを使うときにも、先のすぼまったミキサーは使わないようにしましょう。

私は片付けが面倒なのと、うまく泡立たないなどの失敗があった影響で、ハンドミキサーを使っていません。

ハンドミキサーはさまざまな種類がありますが、ボールと組み合わせて使うことを考えて、先のすぼまったものを使わないのもポイントです。

もしレシピ通りに作っているはずなのに上手くいかないという場合の失敗の原因は、効率が悪くなっているからかもしれません。

計量などが不十分になる

お菓子作りをするとき、正確な分量と温度は必須ですが、昔ながらの計りでは正確に計れないことも多いです。

とくに分量を正確に計るのは鉄則なので、お菓子作りをするなら、ボウルなどを上に置いてからゼロにして計れるデジタルスケールは必須です。

また、チョコレートなどのお菓子を作るときには、温度計がないとチョコのツヤが失われたり、チョコが上手く溶けなかったりします。

なので、計りと温度計は必ず用意し、失敗を防いでみてくださいね。

上手くなる方法②レシピはプロを参考に

もしお菓子作りが上手くなる方法を探しているなら、個人のレシピよりもプロのレシピを参考にしてみて下さい。

ここでいうプロのレシピとは「レシピ本を出している」「お店(実店舗でもオンラインショップでもいい)」「お菓子のレッスンをしている」などの方を指します。

個人が掲載しているレシピも参考にはなりますが、二度目も上手くなる再現性が低いものも多く、思ったような出来上がりにならないこともしばしばあります。

さらに、お菓子作りに慣れてくると「ここ、おかしいかも?」などと自分なりのアレンジを加えてしまうことも多く、失敗一直線です。

その点、プロのレシピは何度も作り込まれ、かつ再現性も高いので、材料や道具を揃えるのが大変そう。などと敬遠するのではなく、まずお菓子作りの基本を学んでからでも遅くありません。

「簡単」「手間なし」などのキーワードは魅力的かもしれませんが、お菓子作りが上手くなりたいなら、まずはプロのレシピを参考にするのが早道です。

上手くなる方法③練習を重ねる

お菓子作りで上手くなる方法は、何といっても練習して何度も作り直してみることです。

何度も作っていくうちに「ここの混ぜ方がおかしかったんだ。」や「泡立てが足りなかったんだ。」などと気づけるようになります。

今はYoutubeの動画などもあるので、混ぜ方のお手本も多数UPされています。

もし失敗した時には、同じレシピを繰り返して練習することで、自分がどこが悪かったのか確認もできますので「失敗したから、もうこのレシピは作らない。」のようにならないように注意してください。

あくまでプロのレシピを参考にする

ただ、上記でもご紹介した通り、練習するならプロのレシピを参考にするのがポイントです。

個人のレシピで失敗した場合、単に再現度が低いこともあるため、同じレシピを繰り返しても参考にはなりません。

とはいえ、お菓子作りが上手くなるには「トライアル&エラー」あるのみです。

私も最初粉を混ぜるときの「切るように混ぜる」がわからなくて苦労しましたが、何度も作っていくうちに混ぜ方が身につきました。

なので、失敗した時には単に落ち込むのではなく、失敗した原因を探ってみるのもポイントです。

お菓子作りが上手くなる方法に近道はない?

それでは、お菓子作りが上手くなる方法を3選してご紹介してみました。

お菓子作りが上手くなりたいなら、まず道具などを揃える、プロのレシピを参考にする、練習をするのが一番です。

近道はないので「急がば回れ」の精神で、まずは練習を繰り返してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!