4月17日は恐竜の日!由来や面白雑学など解説!今日は何の日?

4月17日は恐竜の日4月

4月17日は恐竜の日だけど、男の子って恐竜好きな子が多いよね。

1億年前にいたなんて、今でも信じられないよ。

確かに!恐竜は本当にいたのかな?なんて疑いたくなるわ。

今回は、4月17日が恐竜の日になった由来やちょっと面白い雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

4月17日は恐竜の日ですが、男の子にも人気がある恐竜のオブジェクトなどは大人が見ても圧巻ですよね。

今回は、恐竜の日ができた由来やちょっと面白い雑学などご紹介します!

4月17日は恐竜の日

4月17日は恐竜の日ですが、1923年にアメリカの動物学者「ロイ・チャップマン・アンドリュース」がゴビ砂漠へ行くために北京を出発し、途中で恐竜の卵の化石を世界で初めて発見したことにちなんだ記念日です。

彼はその後も化石を発掘し続け、5年間で25個もの化石を発見して世界初の快挙を成し遂げています。

ここから恐竜の研究が始まるわけですが、アンドリュースさんは度々危険な目にあっていて、クジラやサメ、ニシキヘビ、狼などの動物以外にも、盗賊や中国兵などの人間にも襲われたそうです。

それもあって、数々の危機を乗り遂げたとして、映画の「インディ・ジョーンズ」のモデルにもなったとも言われています。

人類起源中央アジア説を検証するため?

ちなみに、アンドリュースさんが旅行に出かけた理由は「人類起源中央アジア説」を検証するためでした。

道中の記録は残っていないようですが、最初の化石を見つけたのは6月13日と言われています。

なので、本来は6月13日が恐竜の日になりそうなイメージがありますが、記録があいまいだったこともあり、確実な日付が残っている4月17日が恐竜の日となったそうです。

恐竜の肌の色は想像で決まる

昨今の研究で化石が次々と見つかり、骨格などさまざまなことがわかってきていますが、骨からはわからないのが恐竜の肌の色です。

これだけは化石からはわからないため、研究者が想像で色を決めているみたいです。

化石は色を形作るメラニン色素がないので、恐竜と似た動物を探し、同じような肌の色に着色することで、今の模型などは作られています。

なので、恐竜図鑑も発行する会社によって、同じ恐竜でも色が違って表現されているんですね。

サウルスと名付けられる理由

恐竜と言えば、○○サウルスなどの名前が多いように見えますが、これにはちゃんとした意味があります。

なぜサウルスと名付けられるかといえば、サウルスはギリシャ語で「トカゲ」という意味があるからです。

まだ恐竜の詳細はわかっていない部分も多いですが、多くの研究者がトカゲの仲間としているので、名前にサウルス=トカゲとついているんですね。

また、プテラノドンのように○○ドンとなっているのは、ドンはギリシャ語で「歯」の意味があり、草食系の恐竜は歯が大きかったなどの仮説に基づいています。

だからこそ、肉食恐竜は○○サウルスが多く、草食恐竜は○○ドンとつけられることが多いんですね。

4月17日の出来事一覧

4月17日は恐竜の日ですが、過去の4月17日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1995年のできごと:新潟県の「佐渡トキ保護センター」で人工飼育中のトキが、国内で初めて産卵をした。
  • 1985年のできごと:甲子園球場が会場となったプロ野球公式戦の阪神対巨人で、バース、掛布、岡田の3人が連続ホームランをバックスクリーンに放った。
  • 1958年のできごと:ベルギーのブリュッセルで、第2次大戦後初となる万国博が開幕した。
  • 1947年のできごと:地方自治法が発布された。
  • 1895年のできごと:日清講和条約=下関条約の調印が行われた。

4月17日が誕生日の芸能人は誰?

  • 熊沢世莉奈(くまざわ せりな):1997年4月17日生まれ。日本の声優、アイドル。
    女性アイドルグループ「HKT48チームKIV」の元メンバー。
  • ゴルゴ 松本(ゴルゴ まつもと):1967年4月17日生まれ。日本のお笑いタレント。
    お笑いコンビ「TIM」のメンバーで、ボケ担当。
  • 高見沢 俊彦(たかみざわ としひこ):1954年4月17日生まれ。日本の歌手。
    「THE ALFEE」のソングライティング担当。

4月17日は恐竜の博物館に行ってみよう!

それでは、4月17日が恐竜の日になった由来や面白雑学などご紹介してみました。

恐竜は博物館などで模型が見られますが、やはり大きさに圧倒されることが多い気がします。

1億年前には動いていたと考えると、浪漫がありますよね。

ぜひ、恐竜の日には博物館などを訪れて、遠い昔の世界に思いを馳せてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント