4月16日は女子マラソンの日!由来や雑学など解説!今日は何の日?

4月16日は女子マラソンの日4月

4月16日は女子マラソンの日なんだって!

マラソン選手って走るの早くて憧れるなぁ。

わかるわー!早いだけでなく長距離走れるのも素敵よね!

今回は、4月16日が女子マラソンの日になった由来やちょっとした雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

4月16日は女子マラソンの日ですが、オリンピックなどでも日本選手が金メダルを取るなど、本当にすごいことだなぁと思います。

今回は、女子マラソンの日の由来やちょっとした雑学などご紹介します!

4月16日は女子マラソンの日

4月16日は女子マラソンの日ですが、1978年に日本初となる女子フルマラソンの大会が東京の多摩湖畔で開かれたことを記念して制定されました。

「第1回女子タートルマラソン全国大会」は、多摩湖畔を3周するコースで、参加者49名の中には71歳と高齢者もおり、沿道には10万人を超える大観衆が集まっていたそうです。

ちなみに、優勝したのは横浜の主婦「外園イチ子(当時37歳)」さんで、タイムは3時間10分48秒とのことでした。

タートルに亀の名前がついている理由は「スピードを競わない(亀のようにゆっくりでよい)」が大きなコンセプトだったからです。

なので、タートルマラソン(和製英語)には、健康の維持や体力作りをして欲しいと、ゆっくりと走るマラソンの意味が込められています。

女子フルマラソンの先駆けだった?

日本初のフルマラソン「第1回女子タートルマラソン全国大会」には49名が参加しましたが、優勝者の外園さんはご主人のすすめで「横浜市民ロードレース」でまず実力を発揮しました。

ほとんど練習なしで3㎞もの距離を走り、ロードレースで5位と好成績を収めたことが、女子マラソンに参加する引き金になったそうです。

その後、1975年の青梅マラソン(10Km)で市民ランナーとしても出場し、1978年の青梅マラソンでも優勝を果たし、「第1回女子タートルマラソン全国大会」でも優勝したとして女子のマラソンの歴史に名を残すことになります。

同時期になると、フルマラソンも女性の参加が認められるようになり、1979年には世界初となる国際女子マラソンとして「東京国際女子マラソン」が開催されました。

ここでも外園さんは好成績を残しますが、国際マラソン参加の翌年に疲労骨折が判明し、フルマラソンに参加した後は、引退を宣言します。

なので、日本の女子フルマラソンの先駆けは、主婦の外園さんの功績が大きく影響しています。

厚底シューズは女子に不人気だった?

東京五輪では、ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」の使用が認められましたが、女性には不人気だったようです。

男性選手は愛用していた人が多かったのに、女性に不人気だった理由は、厚底のカーボンプレートにはかなり筋肉が必要だったからです。

具体的には、厚底の靴底にはカーボンプレートが使われていて、それが推進力を生む設計だったのですが、使うには男性並みの筋力が必要でした。

なので、女子には厚底のシューズの効力が薄いとされ、事実、2020年1月に開催された「大阪国際女子マラソン」の優勝者の松田瑞生選手も非厚底の靴を使っています。

ギャルにも人気の厚底ですが、意外と筋肉がいる靴なので、案外若い女性にはちょうどいい筋トレの代わりになるのかもしれませんね。

4月16日の出来事一覧

4月16日は女子マラソンの日ですが、過去の4月16日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2013年のできごと:長嶋茂雄と松井秀喜への国民栄誉賞授与が行われた。
  • 1995年のできごと:世界ラリー選手権のサファリラリーで「藤本吉郎」が日本人で初の制覇を成し遂げた。
  • 1991年のできごと:ゴルバチョフ・ソ連大統領が来日し、ソ連最高首脳の来日は史上初として話題になる。
  • 1959年のできごと:国民年金法が公布された。
  • 1920年のできごと:大阪に大丸百貨店が誕生した。

4月16日が誕生日の芸能人は誰?

  • 小芝 風花(こしば ふうか):1997年4月16日生まれ。日本の女優。
    イオン「G.G(グランド・ジェネレーション)」でCMデビュー。
  • 池田 エライザ(いけだ エライザ):1996年4月16日生まれ。日本の女優、歌手、モデル。
    ファッション雑誌「ニコラ」の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。
  • 岸田 タツヤ(きしだ タツヤ):1992年4月16日生まれ。日本の俳優、モデル。
    特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でバンバ役として初のレギュラー出演。

4月16日はランニングをしてみよう!

それでは、4月16日が女子マラソンの日になった由来や雑学などご紹介してみました。

女子マラソンは今や花形のスポーツですが、当時の優勝者は主婦だったんですね。

フルマラソンは走りきるだけでも大変なのに、優勝される方は本当にすごいと思います。

ぜひ当日は、マラソン選手になった気分でちょっと外を走ってみるなどしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!