子供の日のお祝いの仕方を徹底解説!年齢別におすすめのお祝い方法とは?

子供の日のお祝いの仕方5月

子供の日のお祝いの仕方ってどうやればいいんだろ?

年齢によって祝い方も違う気がするんだよね…。

そうよね!子供が大きくなると同じものでも喜ばなくなるし…。

今回は、子供の日のお祝いの仕方を年齢別に紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

子供の日のお祝いの仕方って、割と難しくて、とくに年齢によっては喜ぶものが違うのが悩みの種だと思います。

今回は、子供の日のお祝いの仕方を年齢別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

子供の日のお祝いの仕方はどうやるの?

子供の日といえば、鎧兜、五月人形などを部屋に飾ったり、両親の祖父母やお祝いをしてくださった親戚、友人などを招き食事会を開くご家庭も多いかと思います。

縁起がいいとされる祝い膳なども必要となります。

でも、子供の日のお祝いはあくまで子供がメインなので、子供が喜ぶのが一番です。

もし、子供に喜ばれるようなお祝いの仕方をしたいなら、以下の年齢別のお祝い方法を参考にしてみてください!

お祝いの仕方【0歳の場合(初節句)】

0歳の子供の日は、初節句にあたるので、子供がまだ赤ちゃんということを忘れないようにしてください。

初節句では「健やかにたくましく成長できるように」との思いを込めて、鎧兜などの五月人形や鯉のぼりを飾るのが一般的です。

ただ、飾る場所によっては赤ちゃんが危険になるので、ベビーベッドなどのそばには置かないようにしましょう。

食事内容も、赤ちゃんはまだ食べられないので、集まってくれた親族や祖父母の皆さんに感謝の意味を込めた祝い膳を用意するのがおすすめです。

お祝いの仕方【1~3歳の場合】

1~3歳の子供の日のお祝いでは、まだ子供の日のお祝いを覚えていられる年齢ではありません。

自分を振り返ってみても、3歳の記憶がはっきりしている方は少ないですよね。

なので、もし1~3歳の子供の日のお祝いでは、写真や動画などをスマホなどで撮っておくのがおすすめです。

たとえ、子供自身が覚えていなかったとしても、写真などに残せば成長した後でも見られます。

子供の五月人形を飾っている様子、来客や子供が料理を美味しそうに食べている様子など、写真や動画に撮っておけば、それが一番の宝物になります。

もし、子供の日のお祝いの仕方で迷ったときには、とりあえず、写真だけは撮れるように準備しておくのがおすすめです。

お祝いの仕方【4~7歳の場合】

子供の日のお祝いで、4~7歳の子供に対してなら、まず両親の祖父母を招いて、子供の成長具合を見てもらいましょう。

子供の成長はあっという間ですから、子供の日を節目にして顔を合わせる機会は大変貴重ですし、良い思い出になります。

この年代になると子供の記憶もはっきりしてくるため、なぜ子供の日に鎧兜やこいのぼりを飾るのかなど、由来を説明してあげてもいいかもしれません。

もし絵本があるなら、それを読み聞かせてあげるなどして、家族皆が一丸となってお祝いするのがおすすめです。

お祝いの仕方【8~12歳の場合】

8~12歳の子供のお祝いには、思い出作りのためにも、どこか外出してみるのもおすすめです。

自宅でこいのぼりや五月人形を飾っても、この年頃にもなると、家の中より外で遊ぶ方が楽しいという子供も多いでしょう。

子供ももう赤ちゃんではないので、人ごみの中で迷子になったりなどの心配も少ないです。

せっかくのゴールデンウィークですから、地域のイベントなどに出かけて、子供と楽しい思い出を作ってみてください。

ただ、2022年はコロナの影響もで、入場制限などがかかる可能性があるので、事前に予約しておくと安心です。

イベントが楽しいと思ってもらえるように、普段から子供が何に興味があるのかリサーチも忘れないでくださいね。^^

子供の日のお祝いの仕方は年齢に合わせて!

それでは、子供の日のお祝いの仕方を年齢別にご紹介してみました。

子供の年齢に応じてお祝いの仕方を変えることで、大人になってから思い返せるようになります。

何で一番楽しんでくれるのかを最優先し、子供のお祝いの日であることを忘れないようにしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント