テフロン加工のフライパンや鍋って有害なの?NGな使い方や危険性の誤認について解説!

テフロン加工のフライパンや鍋は有害?オールシーズン

テフロン加工のフライパンって、確かに焦げなくて便利だけど…

何となく、成分が流れ出てくるイメージはない?

私もそれは気になってたの!

今回は、テフロン加工のフライパンや鍋が有害なのか、また危険性はあるのかなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

テフロン加工のフライパンを使うと、どんな料理も焦げ付かないので大変便利なんですが、一部で有害なんて言われてますよね?

今回は、テフロン加工のフライパンや鍋が本当に有毒なのかやNGな使い方などご紹介します!

テフロン加工が有害と言われる理由は?

テフロン加工が有害と言われる理由は、大別して2種類あります。

  1. ペルフルオロオクタン酸(PFOA)とフッ素樹脂の体内への蓄積。
  2. 高温加熱時にテフロンから有毒ガスが発生する可能性があるから。

この二つの危険性が叫ばれているからこそ、テフロン加工の鍋やフライパンは有害なんて言われています。

ただ、こちらとは逆に安全との声もありますので以下にご紹介しますね。

  1. テフロンが剥がれて食べてしまったとしても、体内で化学変化を起こす可能性は低く、体外へ排出されるので安全。
  2. 厚生労働省や米国連邦食品医薬局、欧州食品安全機関など厳しい団体の基準に合格しているので安全。

どちらも意見が真っ二つに分かれますが、実際にフッ素樹脂の危険性を調べた動物実験では、マウスに90日間、食べ物に25%にフッ素樹脂を混ぜて与えたところ、異常は一切見られなかったとの結果もあります。

テフロンの素材自体は安全なもので、有害ではありません。

そもそもテフロン加工に使われている、フッ素樹脂には優れた耐薬品性があり、手術器具や輸血などに使うチューブの内面にも使われているくらいです。

もしテフロン加工が有害なら、人体に使うなんて恐ろしくてできませんよね?

なので、結論から言うとテフロン加工のフッ素樹脂は有害ではないと言えます。

中には、成分が溶けだすなんて方もいますが、気分的なもの=プラシーボ効果でしかありません。

通常の調理でガスが発生することはない?

テフロン加工のフッ素樹脂については、上記でご紹介した通り、危険性はなく、有害でもありません。

ただし、それは普通の使い方をした場合です。

テフロン加工のフライパンなどを高温で空焚きした場合は、有害なガスが出る可能性があるからです。

テフロン加工のフライパンなどに使われているフッ素樹脂には「PTFE」と「PFA」の2種があり、PTFE の使用温度は上限が 260℃となっています。

通常の調理では、ほとんどの場合150~190℃が温度の上限で、油を加熱してガスがで始めるのが200℃を超えたあたりです。

なので、通常の調理でガスが発生することはないので安心してください。

ただ、空焚きの場合は注意が必要なので、以下に詳しくご紹介します。

高温で空焚きは有害ガスが出て危険?

テフロン加工のフライパンは、そもそも空焚きや空焼きの必要はなく、逆に煙が出る可能性があり危険です。

もし、空焚きや空焼きをした場合は、260度を超える高温になる可能性が高いです。

260度を超えると、他のプラスティック商品と同じように有毒ガスが出る可能性あるので、決して空焚きなどはしないように注意してください。

今のフライパンの温度を確かめるには、水滴の状態からでもわかります。

  • 100℃:水滴の気泡がすぐにできない
    ※水の沸点に達しないため
  • 150℃:小さな気泡ができる
    ※沸点を超えているため
  • 180℃:大きな気泡ができる
  • 200℃:水滴が蒸発して、表面を水滴が滑る
  • 250℃:水滴のままフライパンの表面を転がる

つまり、水滴が水滴のまま転がるようなら、耐火温度を超えている証拠なので危険ということです。

ただ、260℃の時点では、有害と言われる「PFIB」などのガス状物質が出ることはまれです。

そのまま加熱し続ければ問題ですが、大抵の方はガスが出た時点で火を止めるでしょう。

とはいえ、400℃以上になればPFIBなどの有害ガスが出る可能性もあり、結局のところ、安全性を考えれば、テフロン加工のフライパンや鍋は空焚き厳禁ということになります。

ガスが出たらすでに手遅れになる可能性もあるため、テフロン加工のフライパンで空焚きは絶対に辞めてください!

テフロン加工のフライパンや鍋は使い方による

それでは、テフロン加工のフライパンや鍋は有害なのか、またNGな使い方などご紹介してみました。

結論から言えば、テフロン加工のフライパンや鍋は有害ではなく、安心して使ってください。

ただし、空焚きや空焼きを長時間した場合は、有害なガスが発生する可能性はあります。

そもそもテフロン加工のフライパンや鍋で空焚きは必要ないので、放置して高温になれば、ガスだけでなく火災の危険性もあります。

正しい使い方をしていれば、全然問題ないので、空焚きや空焼きにだけ気をつけてみてくださいね。