チャーハンで失敗しないために!卵を混ぜて炒めるはNG?美味しく作るコツを解説!

チャーハンを美味しく作るコツ 料理・スイーツ
Advertisements

お店のチャーハンが作りたい!

あちゃー!何故かチャーハンが失敗しちゃったよ!なんていうか、べちゃべちゃになったんだ。

ネットで調べると、卵を混ぜた黄金チャーハンが美味しくなるって書かれてるけど、実際に作ったら美味しくなくてさ。

チャーハンって簡単そうに見えて、奥が深いわよね?

私も失敗することあるわ。

今回は美味しいチャーハンを作るコツと美味しく作れるレシピを紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
炒飯と言えば、黄金チャーハンなどが有名ですが、強火で炒めないとパラパラにならず、べちゃっとなってしまうことがありますよね?
べちゃっとなると、もう取り戻しが効かないので困ってしまう所。

今回は、美味しいチャーハンを作るコツとNG例などご紹介します!

美味しいチャーハンを作るコツは?

チャーハンって、ご飯の状態とかでべちゃべちゃになって失敗することってありますよね?
私の場合、卵を混ぜると良いとあったので混ぜてみた所、そもそもの火力が低いIHのコンロだったせいか、全然パラパラにならず失敗しました。

では、美味しいチャーハンを作るコツはどこにあるのでしょうか?
以下に、美味しいチャーハンを作るコツなどご紹介しますね。^^

コツ①卵とご飯は混ぜない

良く黄金チャーハンで、卵とご飯をあらかじめ混ぜて、卵ご飯にしてから混ぜるというレシピもありますよね?
王道のチャーハンでは、油を多めに入れてその中で卵を炒め、卵が半熟になってから、ご飯を入れるという方法が使われてます。

私の場合は、王道のチャーハンの作り方で、卵を半熟状態にしたら、一旦フライパンから取り出し、一番最後に混ぜ合わせると言う方法を取っています。

なぜ、卵が半熟になってからご飯を入れると良いかというと、卵が余分な水分や油分を吸い取ってくれるから。

ポイントは、フライパンをしっかりと熱してから、卵を加えることです。
卵の温度でフライパンの温度が下がらないようにすることで、パラパラのチャーハンができるんですね。

フライパンの温度を始めにしっかりと上げておくことが、パラパラチャーハンを作る鉄則になります。

卵ご飯にしてから炒めてしまうと、確かに米がパラパラになるように見えるんですが、卵がご飯一粒ごとにくっついてしまうので、食感がもさもさになります。
味もチャーハンの一部なので、パラパラにすることだけでなく、味の面でもこだわってみてください。

コツ②フライパンを振るのはNG

チャーハンを作る時に、パラパラに仕上げたくて、ついつい長時間炒めてしまうことはありませんか?
実は、長時間炒めてしまうと、パラパラには仕上がりますが、逆に水分が足りなくなって、味がパサパサになってしまいます。

またガスコンロであっても、フライパンを持ち上げると、それだけでフライパンの温度が下がってしまうんですね。
良くフライパンを振って炒める姿をお店で見かけますが、あれは火力が強いからこそできることなので、家庭用の小さいコンロでは無理と思ってください。

なので、フライパンを振るよりは、ヘラで切るように混ぜて炒める方が効果的です。
短時間で強火で炒めるのが鉄則なので、火が弱くならないように、フライパンは振らずに炒めるのもポイントになります。

コツ③冷やご飯を使わないこと

火力が弱くならないようにするためにも、ご飯は冷やご飯ではなく、温かいご飯を使うようにします。
ただ、炊きたてのご飯は水分が多いので、チャーハンには向きません。

なので、温かいご飯でかつ炊きたてのご飯を使わないこともポイントです。
また、時間が経ちすぎると温かいご飯も粘りが出るのでNGです。

理想的なご飯は、炊いてから15分経ったもの。
もし冷やご飯しかない場合は、一度レンチンすると、温かくなるので試してみてくださいね。

失敗したチャーハンのリメイク方法

べちゃべちゃになってしまったチャーハンは美味しくないですが、かといって捨ててしまうのはもったいないですよね?
もしどうしてもべちゃべちゃになってしまったら、発想の転換をしてスープチャーハンにするのもおすすめです。

失敗したチャーハンを皿に盛りつけ、濃いめの中華スープ(ウェイパーや鶏がらスープの素などで作ります。)を、チャーハンの周りに流し込みます。
時間が経って冷めたチャーハンでも、スープと一緒にレンジでチンすれあ、熱々のチャーハンが楽しめます。

この時お好みでとろみをつけると、あんかけチャーハンにも大変身です。
スープチャーハンなら、べちゃべちゃでも関係ないので、ぜひ試してみてくださいね。

チャーハンで失敗しないために!

それでは、チャーハン作りで失敗しないために、成功させるポイントなどご紹介してみました。
チャーハンは自炊で作ることも多いですが、パラパラに作れると、それだけでモチベーションも上がりますよね?

ただ炒めるだけなのだから、誰にでもできる!
そう思われることもありますが、実は一番難しい中華料理なんじゃないかと思います。

Advertisements

ぜひ、パラパラのチャーハンを作れるようになって、女子力も男子力も上げましょう。
どうしても、失敗してしまったら、リメイクの方法もあるので安心ですよ。^^

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました