義理チョコのマナーって知ってる?大人なら知っておきたい渡すときのマナーや選び方など解説!

義理チョコを渡すマナー2月

僕は義理チョコでももらったら嬉しいけど。

女性は渡すマナーとかあって大変だねぇ。

そうなの!職場とか気を使うのよねぇ。

今回は、大人女性が知っておきたい義理チョコのマナーなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

バレンタインでは本命以外にも義理チョコとかあるので、どうやって渡すのかが悩みどころ。

今回は、大人女性が知っておきたい義理チョコのマナーをご紹介しますね!^^

義理チョコのマナー5選!

本命のチョコよりも気を使うとも言われる義理チョコですが、お世話になっている相手に渡すときに失礼のないように渡したいものですよね。

本命と思われても厄介ですし、かといって手抜きのプレゼントだと相手をがっかりさせてしまうなど、本命チョコよりも気を使うのが義理チョコかもしれません。

以下に、義理チョコを渡すときのマナーを5選してご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

マナー①高級品はNG

高価な商品だと相手にも気を使わせてしまいますし、自身の出費も負担になりますよね。

なので、義理チョコはほどほどに手ごろな値段のお菓子などを渡しましょう。

その方がホワイトデーの負担も少なくなるので、相手にも負担になりにくく、気を使わせないですみます。

なんでも「お返し禁止ね。」などと言っておくと、逆に好感度が上がることもあるみたいです。

マナー②渡すときには公平さを

職場の男性に義理チョコを贈るときには、誰にでも平等にいきわたるものを選ぶのがポイントです。

一人ずつ違うチョコを渡すと、いらぬ誤解を生む可能性もあります。

ただ、上司にだけは少しだけ値段が高いものを渡すなどして、あくまでも公平に配るのもポイントです。

マナー③奥さんがいる相手には気を配る

奥さんがいる男性に義理チョコを渡すこと自体がNGなので、基本的には渡さないようにしましょう。

もし職場で公平に渡すのであれば「奥さんと一緒に食べてください。」など奥さんに配慮するのもポイントです。

もしくは持ち帰りが必要なく、その場で社員同士食べられるものを選ぶなどすれば、相手の奥さんにもいらぬ疑いを招かずに済みます。

マナー④感謝の気持ちを忘れない

バレンタインの義理チョコは、愛情を伝えるためではなく、感謝の気持ちを込めるものです。

普段は感謝の気持ちを伝えにくいという場合は、バレンタインの義理チョコで感謝の気持ちを伝えてみましょう。

いつもの感謝とすれば、義理チョコでもいらぬ誤解を生まないですし、もし言葉にするのが恥ずかしいなら、メッセージカードで感謝の言葉を添えるのもおすすめです。

マナー⑤本命と思われるものはNG

友達に義理チョコを渡すのは簡単ですが、職場の同僚や上司に渡すときには本命と勘違いされないようにすることも大切です。

職場の男性の中にはすでに結婚している男性もいるでしょうし、彼女がいるかもしれません。

もし義理チョコを渡すなら、上記でもご紹介したように皆に平等に配れて、かつその場で食べきれるようなお菓子やチョコを用意するのがポイントです。

義理チョコを選ぶならここに注意!

義理チョコは感謝の気持ちを伝えるものなので、本命チョコとは選び方も変わってきます。

以下に、義理チョコを渡すときのコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

安っぽく見えないちょっと高級なチョコ

義理チョコは本命チョコとはっきりとした差をつける必要があります。

ただし、だからと言ってあまりにも安っぽいチョコは、相手にも失礼に当たってしまうので、ほどほどに高級感があって安っぽくないチョコを選ぶようにしましょう。

高級チョコまでいかなくても、安すぎないように見えるチョコはバレンタインシーズンにコーナーが設けられている店もあるので、そちらを参考にしてください。

値段の目安は、500~1,000円くらいを選ぶのもポイントです。

本命チョコと勘違いされないもの

義理チョコは本命とは違い、感謝以上の気持ちはありません。

もし高級なチョコを贈ってしまえば、相手に気があると勘違いされる可能性もあるので、相手によっては「義理チョコです。」とはっきりと伝えましょう。

ただ、感謝の気持ちを込めることが大切なので、あくまでも言い寄ってくるようなしつこい男性に対してだけ義理チョコと伝えるようにしてください。

義理チョコの相場はいくら?

義理チョコの相場は、相手の親密度によっても違うので、以下にそれぞれのパターン別にご紹介しますね。

  • 友達の場合:200~500円前後
    ※一人に対する相場ではなく、全体の目安なので、1人当たり200~500円が相場です。
  • 上司の場合:500~1,000円前後
    ※上司なので少しだけ奮発する程度が目安です。
  • 同僚の場合:200~500円前後
    ※上下関係がない場合も、義理チョコは渡すのがマナーです。

義理チョコは渡すときにもマナーが大切

それでは、義理チョコを渡すときのマナーや相場、チョコの選び方で気をつけることなどご紹介してみました。

義理チョコは、本命チョコとは違い、感謝の気持ちから渡すチョコです。

相手に勘違いされないことも大切ですが、くれぐれも全員に公平に渡すようにして、トラブルを防いでみてくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント