友達を励ましてあげたいなら?頑張れは禁句?受験生への応援メッセージ【友達編】

受験生の友達への応援メッセージ1月

頑張る受験生を見ていると、応援してあげたくなるよね!

とくにいつも一緒にいる友達だとなおさらだよ。

友達が受験を頑張っていると、自分も頑張らないとと思うわよね!

今回は、受験生が友達の場合の応援メッセージをいくつか紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

 

友達が受験を頑張っていると、励ましの応援メッセージを送りたくなりますよね。

今回は、友達に限定した受験の応援メッセージ例、頑張れが禁句となる理由などご紹介します!

受験生の友達に送りたい応援メッセージ5選

友達が同年代の場合は、一緒に受験を頑張ったなどの思い出がある方も多いと思いますが、年下の友達なら、先輩として応援メッセージを送るのもありですよね。

以下に、友達の応援メッセージを5選してご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①勉強をねぎらうメッセージ

勉強お疲れ様!明日はいよいよ受験の日だね。○○ちゃんが頑張ってる姿をたくさん見てきたよ!○○ちゃんならきっと大丈夫!自分の力を信じて、明日は全力をだせるように応援してるよ!

受験生は勉強が大変でナーバスになってる方もいるので、強い言葉はプレッシャーに感じる人もいます。

なので、まず今までの頑張りをねぎらってあげられるようなメッセージを送りましょう。

②努力したのを知ってるよとのメッセージ

○○ちゃんがたくさん努力してきたのは知ってるよ。努力はきっと裏切らないと思う!これまでの努力を信じて、試験当日も落ち着いていつも通りにしてみてね。私も応援してるから!
努力をしていたのを見ていた友達だからこそ言えるメッセージも、受験生の心に届くと思います。

努力をした結果がどう出るかはわかりませんが、それでも努力したことを応援してあげましょう。

③リラックスさせてあげるメッセージ

いつも勉強お疲れ様。来週はいよいよ受験の日だね。今までたくさん努力してきた○○ちゃんなら、きっと良い結果がでると思う。試験会場ではリラックスを忘れないで、自分の力を出し切ってみてね。また、終わったら一緒にご飯を食べよう!
受験生は気持ちがピリピリしがちなので、リラックスさせてあげることも大切です。

ここでも努力を見ていたことを伝えて、実力を出し切れるようにと後押ししてあげてください。

④お互い頑張ろうというメッセージ

これまで一緒に勉強を頑張ってきたよね!私も一緒に勉強してたからこそ言えることだけど、○○ちゃんならきっと大丈夫だよ!お互い悔いのないように頑張って、全力を出し切って、一緒に春を迎えようね!
同じ受験生の場合は、お互いが頑張ろうと伝えるのもおすすめです。

ただし、どちらかが受からない可能性もあるので、それを匂わせないようにお互いが頑張れるように応援メッセージを伝えましょう。

⑤感謝を伝えるメッセージ

これまで一緒に勉強してくれてありがとう!すごく励みになったよ!当日は集中して、私も○○ちゃんも実力を出し切れるように頑張ろう!必ず一緒に合格を勝ち取ろう!終わったら、またたくさん遊べるように頑張ろうね!

同じ受験生の場合は、相手に感謝の気持ちを伝えるのも有効です。

本当にお互いが合格できるようにと、自分への応援も含めたメッセージを友達に送ってみてください。

頑張れ!の言葉が禁句になるのはなぜ?

受験生に対して「頑張って!」という言葉は、暗黙の了解で一部では禁句となっていますよね。

普通に考えると、頑張って!という言葉はよい言葉に思えますが、禁句になっている理由は別の意味で取られてしまうからです。

具体的には「あなたには頑張りが足りないから、もっと頑張れ。」と取られてしまうんですね。

もちろん言った側からすれば「そんな意味で言ったんじゃないのに。」と思われるかもしれませんが、相手によって同じ言葉でも受け取り方が違います。

とくに入試直前に言ってしまうと「私は頑張ってきたのに、まだ足りないっていうの?」とマイナスの意味で取られるかもしれません。

だからこそ、受験生には「頑張れ」という言葉は禁句なんですね。

受験生は何気ない言葉に傷つくほどに、受験勉強を頑張っています。

そのため、頑張れと言われないまで頑張ってる相手に、あえて頑張れというのは間違いといえます。

もし頑張って欲しいと思うなら、上記のメッセージも参考にして「頑張ってるね!」や「○○なら大丈夫だよ。」などと言葉をかけてあげるのがおすすめです。

受験生の友達を応援するなら?

それでは、受験生の友達を応援するメッセージ例などをご紹介してみました。

受験生には頑張れという言葉は、言わないようにと暗黙のルールもあります。

それは友達にも同じことが言えるので、頑張ってる姿を応援してあげるためのメッセージを送ってあげるようにしてください。

頑張って!よりも頑張ってるね!や○○なら大丈夫だよ!との言葉の方が心に響きますよね。

中には強い言葉に燃える方もいますが、全員がそうではないことをまず知っておいてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^