入学式でママのネックレスはマナー違反?パールが定番の理由など解説!

入学式にネックレスはマナー違反?マナー

入学式でアクセサリーをつけるママさんも多いけど…。

ネックレスってパール以外はマナー違反って本当?

パールが原則とされているけど、他のタイプでもOKなケースはあるわ。

今回は、入学式でのママのネックレスマナーなど紹介するわね!

入学式では、ママのアクセサリーにも気を使いますが、首元のおしゃれと言えばネックレスなので、つけていくのはマナー違反にならないだろうか?と不安になりませんか。

今回は、入学式でのママのネックレスマナーなどご紹介します!

入学式でネックレスはマナー違反なの?

入学式では華美なアクセサリーはNGですし、必ずつけるとは決まっていませんが、マナーを守ったうえでアクセサリーをつけるのは、よりフォーマル感が出るので良いとされています。

そんな入学式でネックレスをつけるとしたら、定番は白いパールのネックレスです。

なぜパールが選ばれるかと言えば、入学式は昼間のイベントなので、キラキラ光るアクセサリーは望ましくないからです。

ただ、絶対にパールのネックレスでないとダメというわけではないので、華美になり過ぎない程度に、宝飾やラインストーンが小さく施されたネックレスはOKとされます。

以下に、入学式のママのネックレスの選び方のポイントなどご紹介します。

選び方①パールの大きさ

入学式にパールのネックレスをつけるなら、パールの大きさは7~8mm程度にしましょう。

一見小さいパールの方が良いようにも思えますが、7mm以下の場合カジュアルな装いになるので、セミフォーマルの入学式にはふさわしくありません。

もし、7mm以下のパールしかない場合は、2連か3連にアレンジして、ボリュームを出しましょう。

一方、8mmより大きいパールを選んでしまうと、目立ち過ぎて下品なイメージがついてしまいます。

なので、パールのネックレスをつけるなら、まずは大きさを確認してみてください。

選び方②カラーに注意

パールのネックレスを入学式につけていくなら、OKの色とNGの色があるので確認しておきましょう。

ちなみに、OKとされるカラーは「白・グレー・薄いカラー」があり、NGなカラーには「黒・黒に近いグレー」となります。

黒いパールが入学式に向かない理由は、お葬式を連想させるからです。

せっかくの晴れの舞台に黒のパールをつけていけば、周りの人からもえ?と思われる可能性が高いので選ばないようにしてみてください。

選び方③種類に注意

パールにも種類がいろいろありますが、マナー違反になるパールには以下のようなタイプがあります。

真円ではないパール、フェイクパールなどは避けるべきで、理由はカジュアルなイメージが強いからです。

カラーだけでなく種類にも注意して、入学式で悪目立ちしないように気を付けてくださいね。

入学式でパールのネックレスがない時には?

入学式では、できるだけパールのネックレスが良いのですが、持ってない方も多いと思います。

その場合は、派手過ぎないことが前提ですが、ゴールドやダイヤのネックレスでもOKです。

控えめでかつシンプルなデザインであればOKなので、そこまで堅苦しく考えなくても問題ありません。

また、ダイヤでも結婚指輪についているものであれば、入学式でも問題ないとされます。

ネックレスのチェーンの色は?

パールのネックレスでも、チェーンの色がシルバーだったりゴールドだったりしますが、どちらが入学式にふさわしいかと言えば、やはりシルバーです。

ただ、こちらもマナー違反とまではいきませんし、服装が派手でなければ、チェーンの色はゴールドでもシルバーでも構わないとされます。

パール以外のネックレスをつける時は、とにかく服装を上品で落ち着いたものにするのが大切なので、全体のバランスを考えてコーディネートするようにしてください。

入学式ではパールのネックレスが基本マナー まとめ

それでは、入学式にネックレスはマナー違反になるのかや、入学式にふさわしいネックレスの選び方などご紹介してみました。

入学式ではネックレスをつけても問題ないですが、華美なものは避けるべきなので、ホワイトパールが一番おすすめです。

ただ、パールと言っても種類があるので、カラーやサイズ選びにも注意して、入学式で悪目立ちすることのないよう気を付けてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!