車のオートエアコンで外気と内気がある理由は?使い分けも解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

車のオートエアコンで外気と内気がある理由は?使い分けも解説!

車のオートエアコンで外気と内気がある理由は? 車関係

車のオートエアコンで外気と内気に切り替わるのはなぜだろ?

おすすめの使い分け方も知りたいな!

センサーの影響で切り替わってるらしいけど…。

今回は、オートエアコンで外気と内気に切り替わる仕組みなど紹介するわ!

車のオートエアコンでは、外気と内気の切り替えが自動で行われますが、これはどのような状況で切り替わるのでしょうか?

また、「入」は外の空気を取り入れることを意味しますが、具体的にどのように使い分けるべきでしょうか?

オートエアコンの機能

現代の車では「オートエアコン」が主流となっており、これにより車が自動で内気循環と外気導入をコントロールしてくれます。

ただし、車が匂いを感知するわけではないため、トンネル内で他車の排気ガスが充満している場合などには自動では対応できません。

このような場合には内気循環を手動で選択することが推奨されます。

花粉や黄砂対策

オートエアコンは主に温度調節を重視していますが、花粉や黄砂を遮断するためにも内気循環を使用することが有効です。

外気導入時にもエアコンフィルターが花粉や黄砂を取り除きますが、完全に遮断することは難しいため、内気循環を使用するとより効果的です。

また、フィルターの定期的な洗浄や交換も重要です。

フレッシュエアの導入

内気循環を長時間続けると車内の空気が循環しにくくなるため、時々外気導入に切り替えたり、窓を少し開けて新鮮な空気を入れ換えることが大切です。

これにより、車内の空気がリフレッシュされ、眠気防止にも役立ちます。

内気循環と外気導入の切り替え

昔はレバーを動かして内気循環と外気導入を切り替えていましたが、現在はほとんどがボタン操作で簡単に切り替えられます。

車内の空気をきれいに保つためにも、内気循環ボタンを適宜使用しましょう。

外気導入と内気循環の使い分け方

車の空調システムには「外気導入」と「内気循環」の2種類があり、状況に応じて使い分けることができます。

外気導入は、外の空気を取り入れて車内を換気したいときに利用します。

一方、内気循環は、外気の侵入をある程度防ぎたいときに使用します。

切り替えはスイッチやスライド方式など様々で、内気循環モードではボタンスイッチのランプが点灯し、外気導入モードでは消灯します。

「AUTO」エアコンやマニュアルエアコン、車種や製造年度によっても動作が異なるため、車の取扱説明書を確認してください。

外気導入と内気循環のメリット

車の外気導入と内気循環は、それぞれ以下のようなメリットがあります。

外気導入の利点

外気導入を使うと車内の空気を外気温に近づけることができ、ガラスの曇りを取りやすくなります。

特に冬場、車内の湿度が高くフロントガラスが曇る場合、乾燥した外気を取り入れることで曇りを防ぐ効果があります。

内気循環の利点

内気循環は、車内の空気を循環させたいときに使用します。

例えば、トンネル内や大型ディーゼル車の後ろを走行する場合、外気が汚れている場面で役立ちます。

また、車内の温度を迅速に変えたい場合にも効果的です。

外気の侵入を遮断することで冷暖房効率が向上し、エアコンフィルターで除去しきれない排気ガスなどを防ぐことができます。

ただし、内気循環を長時間続けると車内の二酸化炭素濃度が上がり、眠気や頭痛の原因になることがあるので注意が必要です。

効果的な使用方法

夏場の高温時には、まず窓とエアコンを全開にして走行し、車内の熱気を排出します。

その後、窓を閉めて「エアコン+内気循環」を使用すると効率よく車内温度を下げることができます。

また、雨天時の高湿度環境では、外気導入よりもエアコンと内気循環の併用が適しています。

外気導入と内気循環の違いを理解し、季節や状況に応じて適切に使い分けることで、快適なドライブを楽しむことができます。

オートエアコンの仕組みを知ろう! まとめ

以前はエアコンやクーラーのレバーを手動で操作して内気循環と外気導入を切り替えていましたが、現在ではほとんどの車がワンタッチで操作できるボタンを採用しています。

車内の空気を清潔に保つためにも、時折内気循環モードを活用することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました!