うどんの茹で方の疑問!水を入れ過ぎるとどうなる?ゆで方のコツ! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

うどんの茹で方の疑問!水を入れ過ぎるとどうなる?ゆで方のコツ!

うどんの茹で方の疑問!水を入れ過ぎるとどうなる? 料理・スイーツ

うどんって茹で方が難しいけど、水を入れすぎるとどうなるのかな?

やっぱり、ふにゃふにゃになるの?

水の量はゆでる時の一番のポイントよ!

今回は、うどんをゆでる時に水を入れすぎるとどうなるのかを紹介するわ!

うどんを茹でる際に水を多く入れすぎると、茹で上がったうどんの食感や味に影響が出ます。

逆に水が少なすぎると、うどんが固まりすぎてしまうことがあります。

水の量がもたらす影響

適量の水を使うことが美味しいうどんを作る鍵となります。

水を入れすぎた場合

水を入れすぎると、うどんが水っぽくなり味が薄まります。

また、うどんが浮いて均等に茹でられないため、茹で時間が長くなる傾向があります。

ただ、うどんの種類によっては、水(お湯)が大量に必要なケースもあるので、迷ったら、パッケージに従いましょう。

水が足りない場合

水が少なすぎると、うどんがまとまりすぎてしまい、食感が悪くなります。

推奨される水の量

一般的には、100gのうどんに対して1リットルの水を使うことが推奨されています。

ただし、うどんの種類や硬さによっては微調整が必要です。

茹で時間の調整

パッケージに記載されている茹で時間を基本にしつつ、うどんの太さや好みに合わせて調整しましょう。

茹で時間が短すぎると硬く、長すぎると麺が崩れやすくなります。

新しい湯を使う

茹でた湯を再利用すると、うどんに不純物が付着し味や香りが損なわれます。

また、湯の温度が下がり茹で時間が延びるため、うどんの食感が悪くなります。

茹でるごとに新しい湯を使うことが大切です。

吹きこぼれ防止のための火加減調整とびっくり水の効果

そばやうどんを茹でる際に吹きこぼれそうになった場合、「火力を弱める」か「水を差す(びっくり水)」のどちらが理論的に良いかについて説明します。

麺を美味しく茹でるためには、でんぷんを適切に糊化させる必要があります。

でんぷんは水に溶けやすく、お湯の温度が低下すると麺に過剰な水分が入り込んでしまい、食感が悪くなることがあります。

そのため、麺を茹でる際にはお湯の温度を一定に保つことが重要です。

藤村和夫著「そばしょくにんのこころえ」によると、「びっくり水」を使うことで一時的に温度を下げ、麺の過剰な加熱を防ぐことができます。

しかし、温度を下げすぎると麺の食感が悪くなるため、適度な水の量が重要です。

家庭用のコンロで麺を茹でる際には、お湯の温度を下げないように注意し、十分に茹でた後に冷水で冷やして麺の表面を引き締めることが大切です。

美味しいうどんの茹で方

うどんを美味しく茹でるためには、以下のポイントに注意しましょう。

茹で時間を守る

うどんの茹で時間は重要です。

沸騰した湯にうどんを投入し、アクを取りながら指定の時間を守って茹でましょう。

茹で過ぎると柔らかくなりすぎ、べたつきが出てしまいます。

冷凍うどんは2~3分、乾麺は10分程度が目安です。

茹で上がったうどんの湯切り

茹で上がったうどんはすぐに湯切りしましょう。

余分な水気を残すと、うどん同士がくっついたり、つるつるした食感が失われてしまいます。

湯切り器やざるを使って手早く水気を切り、器に盛り付けます。

うどんを美味しく食べるためのアイデア

以下に、うどんをより美味しく食べるためのアイデアをご紹介します。

冷やし中華風うどん

茹でたうどんを冷水で冷やし、酢、醤油、ごま油で味付けします。

きゅうりやトマト、ハム、鶏肉などの具材を加えると一層美味しくなります。

かけうどん

茹でたうどんをだし汁やめんつゆで味付けし、具材を加えます。

鶏ガラスープや野菜スープを使ったバリエーションも楽しめます。

炒めうどん

茹でたうどんを鍋やフライパンで炒め、油やニンニク、野菜、豚肉などを加えて香ばしく仕上げます

醤油やオイスターソース、塩胡椒で味付けします。

釜玉うどん

茹でたうどんに卵を落としてとじたり、溶き卵を絡めて釜玉うどん風にします。

鶏ガラスープやだし汁を使ってかけうどんとしても楽しめます。

ざるうどん

茹でたうどんをざるにあげ、冷水で洗い流してさっぱりとした味わいにします。

刻みネギや天かす、わさびを添えて一層美味しくいただけます。

うどんは水を入れすぎず適量を守ることが大切 まとめ

うどんを茹でる際の適切な水の量について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事の要点をまとめると以下の通りです。

  • 適量の水を使わないと、茹で上がったうどんが柔らかすぎたり、水っぽくなることがあります。
  • 水を入れすぎる原因としては、鍋の大きさや量、火加減、うどんの量などが挙げられます。

これらのポイントを参考にして、美味しいうどんを茹でてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!