処方された抗生物質を飲みきるべき理由は?耐性など解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

処方された抗生物質を飲みきるべき理由は?耐性など解説!

処方された抗生物質を飲みきるべき理由は?耐性など解説! オールシーズン

処方された抗生物質って飲みきるべきだよね?

両親は薬漬けになるとかトンチンカンなことを言うけど…。

薬を処方された場合は、最後まで飲みきるべきよ!

今回は、処方された抗生物質を飲みきった方が良い理由など紹介するわ!

抗生物質は主に細菌性の感染症に対して処方される薬剤ですが、その服用中断がもたらすリスクや副作用については、多くの疑問があります。

ここでは、抗生物質の適切な服用方法とそれに伴う注意点について解説します。

抗生物質の服用と中断のリスク

抗生物質は肺炎や中耳炎などの細菌による感染症を治療するために使用されますが、症状が改善されたからと言って勝手に服用を止めることは推奨されません。

感じた症状が軽減されても、体内には依然として細菌が残っている可能性があります。

服用を中断すると、これらの細菌が再び活動を始め、症状が戻るだけでなく、細菌が抗生物質に耐性を持つ可能性があります。

抗生物質の副作用と対策

抗生物質は消化器系に影響を及ぼすことがあり、下痢や腹痛などの副作用が起こることがあります。

これは、薬が腸内の細菌バランスを崩すためです。

副作用を軽減するためには、整腸剤と併用することが有効です。

また、私たちの体は多くの良性細菌も含んでおり、これらは健康を支える役割を担っています。

しかし、抗生物質はこれらの良性細菌にも影響を与えるため、薬の使用は慎重に行う必要があります。

抗生物質はウイルスには効果がありませんので、風邪などのウイルス性の病気には不適切です。

風邪が引き起こす細菌感染の予防に抗生物質を使うことは一般的ではありません。

これらの情報を踏まえ、抗生物質を正しく理解し、適切に使用することが大切です。

抗生物質の服用の注意点

抗生物質の服用にはいくつかの注意点があります。

特に既に摂取している他の薬剤、サプリメント、特定の食品との相互作用により、抗生物質の効果に影響が出ることがあります。

抗生物質を含む任意の薬の服用時には、既存の薬との相互作用を避けるために薬剤帳の提示や服用中の薬について薬剤師に伝えることが大切です。

服用期間は厳守すべき?

また、抗生物質の服用期間は厳守すべきで、症状が改善しても決められた期間全ての薬を完遂することが必要です。

これは、症状が治まったと感じても体内に細菌が残っている可能性があるためで、完全に細菌を排除するためです。

適切に服用を完了しないと、残った細菌が抗生物質に耐性を持つようになり、将来的に同じ抗生物質が効かなくなる恐れがあります。

抗生物質の服用方法については、服用のタイミングが重要であり、食前や食後に服用するかは薬によって異なります。

そのため、処方された抗生物質が食前か食後かを事前に確認し、正しく服用することが推奨されます。

出現する薬剤耐性菌

上記でもご紹介したように、治療の途中で症状が改善されたとしても、内にはまだ病原菌が残っている可能性があります。

抗生物質の服用を中断すると、症状が再発するリスクがあります。

なぜなら、細菌の成長を抑制するためには、血中の抗生物質濃度が一定以上でなければならないからです。

指示された「1日3回の服用」は、この血中濃度を適切に保つためのものです。

自己判断で服用を止めた場合、不十分な抗生物質濃度により細菌が生存し、耐性を持った菌へと進化する恐れがあります。

これが薬剤耐性菌の出現で、世界中で問題となっています。

2016年には日本でも薬剤耐性に対する対策計画が設けられました。

薬剤耐性菌の形成メカニズム

細菌は抗生物質を猛毒として感じるため、生存のために自らを変化させることがあります。

この適応プロセスを通じて、細菌は抗生物質に耐える能力を獲得します。

人間が季節に合わせて服装を変えるように、細菌も環境に適応します。

例えば、一時期流行ったコ●ナは遺伝子の複製ミスから起こることが知られています。

これにより、病原体のワクチン回避や抗生物質耐性が生じることがあります。

細菌バランスの変化

人間の体内には膨大な数の細菌が存在し、これらは通常、健康を維持する役割を果たします。

これをマイクロバイオームと呼び、細菌間のバランスにより病気が発生しないよう制御されています。

耐性菌は、このバランスが崩れた際に活動を増加させる少数派の細菌です。

抗生物質の使用により、多数派の細菌が減少すると、耐性菌が増殖しやすくなり、その結果、薬剤耐性問題が発生するのです。

処方された薬は必ず飲みきろう! まとめ

正確に指示された分量と期間で抗生物質を服用しないと、病気の回復が遅れることがあります。

体内に入った細菌を完全に排除するためには、抗生物質を処方された通りに服用することが非常に重要です。

ですので、医師の指示に従い、処方された抗生物質は最後まできちんと飲み切りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!