ETCカードは差しっぱなしと抜くのどちらが良い?挿したままはNG! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

ETCカードは差しっぱなしと抜くのどちらが良い?挿したままはNG!

ETCカードは差しっぱなしと抜くのどちらが良い? 車関係

ETCカードって挿しっぱなしは危険なの?

抜いた方が良いって意見もあるみたいだけど…。

防犯の意味でも、毎回抜くことをおすすめするわ。

今回は、ETCカードを抜いた方が良い理由なども紹介するわね!

ETCカードの取り扱いについて、注意が必要な点がいくつかあります。

特に、ETCカードを車載器に常時挿入した状態で放置することは避けるべきです。

ETCカードの挿しっぱなしがNGな理由

常時挿入がNGな理由としては、以下の点が挙げられます。

熱による損傷のリスク

ETCカードは熱に非常に弱いです。

車内が高温になると、カードの電子部品やICチップが損傷する恐れがあります。

特に夏場の車内は、温度が非常に高くなるため、ETCカードをダッシュボードなどの直射日光が当たる場所に放置することは避けるべきです。

盗難のリスク

ETCカードを車載器に挿したままにしておくと、車上荒らしの対象となることがあります。

盗難された場合、高速道路料金の不正利用などの被害に遭う可能性があります。

盗難保険の適用外のリスク

ETCカードが盗難された場合、不正利用された費用について保険が適用されない場合があります。

特に、カードを車内に放置していたり、不適切な管理が原因で盗まれた場合、保険の適用を受けられないことがあります。

このため、以下の対策を推奨します。

  • ETCカードは使用しない時は車載器から抜き、直射日光や高温から保護された場所に保管してください。
  • 車を離れる際には、ETCカードを確実に持ち歩くか、セキュリティが確保された場所に保管してください。
  • 盗難のリスクを避けるために、車外からカードが見えないようにしましょう

ETCカードの正しい管理と使用に注意し、リスクを最小限に抑えることが重要です。

破損したり盗難にあったりした場合は?

ETCカードの取り扱いには注意が必要ですが、万が一ETCカードが破損したり盗難にあったりした場合の対応方法について解説します。

破損したETCカードの対処法

ETCカードが車載器に挿入された状態で長時間放置されると、高温やICチップの故障などによりカードが読み取れなくなることがあります。

また、熱による変形が見られる場合もあります。

このような状況では、カードをそのまま使用することは避け、カードの発行元に連絡して再発行を申し込む必要があります。

再発行には手数料が発生することが一般的ですので、詳細は発行元の公式サイトで確認してください。

ETCカードが盗難に遭った場合の対処法

ETCカードが盗難に遭った場合は、速やかに警察に通報し110番することが重要です。

盗難を報告後、カードの発行会社へ連絡し、カードの利用を停止してください。

また、車両保険が適用される場合は保険会社への連絡も必要です。

クレジットカード機能が組み込まれているETCカードの場合、盗難による不正利用のリスクが特に高いため、迅速な対応が求められます。

これらの対策を通じて、ETCカードの破損や盗難による被害を最小限に抑え、迅速に問題を解決しましょう。

ETCカードの使用方法について

ETCカードの使用方法は以下の手順に従って行います。

  1. 自動車のエンジンを起動し、ETC車載器の電源をオンにします。
  2. ETCカードが正しく向いているか確認し(ICチップが表側に来るように)、矢印の指示に従ってカードを車載器に挿入します。
  3. カードが認識されると、車載器のランプが点灯または点滅します。ランプの状態を確認してください。

ETCカードのエラー表示と対処法

ETCカードが正しく認識されない場合、車載器はエラーコードを表示します。

主なエラーコードとその対処法は以下の通りです。

  • エラーコード 01: ETCカードが正しく挿入されていない。カードの挿入方向を確認し、再挿入してください。
  • エラーコード 02: カード読み取りエラー。ICチップ部分をクリーニングし、再度挿入してください。
  • エラーコード 03: ETCカードが破損しているか、正しいカードではない。カードを確認し、必要に応じて再発行を検討してください。
  • エラーコード 04: 車載器自体に問題があります。販売店やメーカーに相談してください。
  • エラーコード 05〜07, 11, 80〜89: 各エラーの具体的な原因と対応は車載器の取扱説明書を参照または専門のサポートに問い合わせてください。

ETCカードは挿しっぱなしにせず抜こう! まとめ

走行を終えた後や車から離れる際には、ETCカードを車載器から取り外すことが推奨されます。

カードは「イジェクトボタン」を押して取り出し、直射日光や高温を避ける場所に保管してください。

カードがうまく取り出せない場合は、カードが変形しているか故障している可能性があり、カードの使用を中止し、販売店に連絡することが必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!