一番安い車検はどこ?安くするポイントと店舗による違い! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

一番安い車検はどこ?安くするポイントと店舗による違い!

一番安い車検はどこ? 車関係

一番安く車検ができるのはどこだろ?

車検費用は高いから、安く済ませたいんだよね。

それなら、ユーザー車検などが便利かもしれないわ。

今回は、一番安い車検など紹介するわね!

車検を受けることは運転者にとって避けられない義務です。

自動車が初めて登録されてから3年後、その後は2年ごとに車検を更新しなければなりません。

多くの方が「できるだけ安く車検を済ませたい」と考えています。

一番安い車検はどこ?

車検費用を抑える方法はいくつかありますが、最もコストを節約できるのはユーザー車検を利用することです。

ユーザー車検とは、業者に頼らず自分で車を検査場に持ち込み、検査を受ける方法です。

これにより、業者に支払う基本料金を削減できます。

ユーザー車検を成功させるためには、以下の書類が必要です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書(新旧2枚)
  • 自動車税納税証明書(省略可能な場合もあります)
  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 継続検査申請書
  • 定期点検整備記録簿(車検後に法定点検を行う場合は不要)

ユーザー車検の手順

ユーザー車検の手順は以下の通りです。

  1. ネットで検査予約を行う。
  2. 予備検査場で車の状態を確認し、必要な調整を行う。
  3. 検査場で必要な書類を取得し、記入する。
  4. 検査手数料と自動車重量税を支払う。
  5. 自賠責保険の更新が必要な場合は、手続きを行う。
  6. 書類一式を持って車検受付窓口で手続きを行う。
  7. 車を検査コースに入れて検査を受ける。
  8. 問題がなければ新しい車検証と車検ステッカーを受け取り、車検完了。

ユーザー車検はコストを節約できる方法ですが、車に関する知識と整備技術が必要です。

また、車検に合格した後も安全のために定期的な点検が必要です。

車検費用を安くする方法はいくつかありますが、車の安全性を確保することが最も重要です。

車検を受ける場所

車検を行う場所によってコストやサービスには大きな違いがあります。

適切な車検業者を選ぶことで、費用を抑えつつ安心できるサービスを受けることが可能です。

以下に、さまざまな車検業者の特徴を説明します。

ディーラー車検

ディーラーでの車検は、品質の高さが保証されていますが、価格は比較的高めです。

これは、純正部品の使用により部品代が高くつくためです。

ディーラーの車検では、細部にわたる厳格な点検が行われ、洗車や細かな顧客サービスが提供されることが多いです。

整備工場

整備工場は「認定工場」と「指定工場」に分かれており、指定工場では車検の全過程を一貫して行うことができ、時間とコストを節約できます。

一方で認定工場は価格が低いものの、車を検査場に持ち込む必要があるため時間がかかることがデメリットです。

車検専門店

車検専門店は迅速かつコスト効率の良い車検を提供することに特化しています。

スタンダードなサービスを提供することで、より手頃な価格で車検が可能ですが、オーバーサービスは期待しづらいのが実情です。

中古車販売店

中古車販売店での車検は、非純正部品を使用することでコストを削減しています。

自社工場を持つ店舗も多く、総合的なカーケアが可能ですが、サービスの質は店舗によって異なることがあります。

ガソリンスタンド

一部のガソリンスタンドでは、車検サービスを提供しています。

他の業者に比べて非常にリーズナブルな価格設定ですが、専門的な整備やカスタムサービスは期待できない場合が多いです。

車検を選ぶ際には、ただ安いだけではなく、その後の車の安全性やメンテナンスの質も考慮することが重要です。

各業者の詳細と特性を理解し、自分のニーズに合った最適な車検業者を選ぶことが大切です。

車検は安いよりも安心が大切! まとめ

まとめとして、車検業者を選ぶ際には料金の違いに注意が必要です。

ただし、単に価格が安いからといってその業者を選ぶのは避けた方が良いでしょう。

最も重要なのは、車の安全性を確保することです。

信頼できる業者を選んで、安心して車を運転できるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!