5月12日はアセロラの日!意味や由来など解説!今日は何の日? | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

5月12日はアセロラの日!意味や由来など解説!今日は何の日?

5月12日はアセロラの日 5月

5月12日はアセロラの日だね!

あの独特の酸味が美味しいんだよなぁ。

日本では沖縄でしか取れないフルーツらしいわ。

今回は、5月12日がアセロラの日になった由来など紹介するわね!

5月12日は「アセロラの日」として知られています。

この記念日の由来と意義についてご紹介します。

5月12日はアセロラの日

「アセロラの日」は、沖縄県国頭郡本部町の複数の地元団体が1999年に制定しました。

この日はアセロラの収穫が始まる時期にちなんでおり、本部町は日本におけるアセロラ栽培の先駆者として知られています。

この記念日は、アセロラの認知度を高め、地域経済の振興を目的としています。

毎年この日には様々なイベントが開催され、地域の町役場や商工会が中心となっています。

アセロラについて

アセロラはキントラノオ科に属する植物で、その果実は「ビタミンCの王様」とも称されます。

原産地は西インド諸島や熱帯アメリカで、1958年に沖縄県に導入されました。

沖縄の気候と土壌が適しているため、現在では主にここで栽培されています。

アセロラの果実は非常に傷みやすく、収穫後はすぐに加工されることが多いです。

主な加工品には清涼飲料水、ジャム、ゼリーなどがあります。

アセロラの歴史と文化的意義

アセロラは元々、西インド諸島の先住民によって「神の食べ物」として重宝され、栄養価の高さから薬としても用いられていました。

15世紀の大航海時代には、ビタミン不足に悩むヨーロッパ人にとって重要な食品となり、スペインを通じてヨーロッパ全土に広まりました。

日本にアセロラが導入されたのは1950年代後半で、沖縄の本部町がその中心地となりました。

本部町出身の並里康文氏によって、アセロラは本部町の基幹産業として確立され、地域の農業振興に大きく貢献しました。

アセロラの日は、これらの背景を持つアセロラの価値を広く伝え、さらなる認知と利用を促進するために設けられた特別な日です。

沖縄を訪れた際には、地元で作られたアセロラ製品を是非お試しください。

アセロラの驚きの栄養価

アセロラは、ビタミンCの含有量が非常に高いことで知られており、レモンの約34~35倍のビタミンCを含む小さな果実です。

この熱帯果樹は、強い日差しの地域で成長し、紫外線防御のためにビタミンCを大量に生成します。

直径わずか1~2cmのアセロラの果実は、ビタミンCをはじめとする栄養素が豊富に詰まっています。

ビタミンCには抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を維持する効果があります。

また、アセロラにはビタミンC以外にもアントシアニンやケルセチンなどのポリフェノール類が含まれており、これらの抗酸化物質は老化防止や病気予防に効果的です。

さらに、葉酸やカリウムも含まれており、風邪の予防、美肌効果、貧血予防、高血圧予防、動脈硬化予防など、多くの健康効果が期待されています。

アセロラの原産地はどこ?

アセロラは原産地である西インド諸島や中央アメリカから南アメリカ北部にかけて自生しており、日本では1958年に沖縄県に導入されました。

特に沖縄はアセロラの国内栽培に適した気候と土壌を有しており、日本で唯一のアセロラ生産地となっています。

アセロラは2つの品種があり、酸味の少ない甘味種と酸味が強い酸味種がありますが、沖縄で栽培されているのは主にジューシーで甘味のある甘味種です。

アセロラジュースの魅力

アセロラの果実は非常に傷みやすいため、生での流通は少なく、多くは加工用として使用されています。

冷たいアセロラジュースは、この時期に体調を整えるのにぴったりです。

また、アセロラの若葉もビタミンCが豊富で、海外では乾燥させてお茶として飲むこともあります。

体調を崩しやすい季節の変わり目には、アセロラを取り入れてみるのがおすすめです。

アセロラで美味しく健康的な生活を! まとめ

「アセロラの日」の記念日の日付はアセロラの初収穫の時期であることから。

本部町は、アセロラの国内生産の草分けの地として知られています。

アセロラの認知度を高めて町の活性化を図ることが目的です。

最後までお読みいただきありがとうございました!