8月26日はユースホステルの日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

8月26日はユースホステルの日8月

8月26日はユースホステルの日だね!

ユースホステルと言えば安く泊まれるのが特徴で、旅先でも安心のホテルだよね。

旅先で急に泊る用事が出来た時にも便利よね!

今回は、8月26日がユースホステルの日になった由来や雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

8月26日はユースホステルの日ですが、安く泊まれてしかも安心なユースホステルは、お財布に優しい素敵なホテルですよね。

今回は、記念日が出来た由来やおもしろ雑学などご紹介します!

8月26日はユースホステルの日

8月26日はユースホステルの日ですが、1909年に、ドイツの小学校教師「シルマン」が、子供達の遠足の最中に大雨にあい、ある小学校で雨宿りして翌朝まで過ごした経験を元に、若者達が経済的な旅をしやすいようにとユースホステルを創設した日です。

創始者である「リヒャルト・シルマン」の名前を取って「シルマンデー・ユースホステルの日」とも言われています。

シルマンさんは、旅行中の子供達が何かあった時に駆け込めて、かつ安い料金で安心して宿泊のできる施設が必要と経験から感じ、ユースホステルを創設したそうです。

ユースホステルは日本ではあまりなじみがないですが、世界的な宿泊施設と知られていて、記念日当日には記念行事も開催されています。

ちなみに、日本のユースホステルと言えば、1951年に「日本ユースホステル協会(JYH)」が発足したことを受け、北海道の支笏湖周辺に設立されたユースホステル(1955年)が有名です。

シングルベッドなのに枕が2つあるのはなぜ?

ホテルでは良くシングルベッドなのに枕が2つあって「一人しか利用しないのになぜ?」と疑問に思ったことがあるかと思います。

実は、枕が2つあるのはホテル側のサービスの1つで、枕が低くて眠れない人が重ねて眠れるようにと配慮してくれているからなんですね。

なので、枕を重ねるだけでなく並べて使ってもいいですし、片方を抱き枕に使ってもいいですし、用途は自由なんです。

1人で予約を取ったはずなのに枕が2つあると不安になるかもしれませんが、ホテル側のサービスと知っていれば安心して眠れますね。

チェックアウトはなぜ10時が多いの?

ホテルのチェックアウトと言えば、大抵のホテルでは10時が多いですよね。

実は10時が多い理由は、欧米のリゾートホテルの時間を参考にしているからなんです。

欧米のリゾートホテルでは1週間以上など長く利用する方が多いので、その分ホテルとしては徹底的に掃除をしないといけません。

そのため、チェックインの時間が15時であることから逆算し、10時にチェックアウトをしてもらわないと掃除が間に合わないなどの理由から、日本のホテルでも同じ時間を採用しているんですね。

8月26日の出来事一覧

8月26日はユースホステルの日ですが、過去の8月26日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1993年のできごと:東京の芝浦地区と臨海副都心を結ぶつり橋として「レインボーブリッジ」が開通した。
  • 1981年のできごと:阪神の江本孟紀投手が「ベンチがアホやから野球がでけへん」と首脳陣を批判して話題になった。
  • 1978年のできごと:日本テレビが「24時間チャリティー番組」の放送を開始した。
  • 1931年のできごと:アメリカのリンドバーグ夫妻が、北太平洋横断を試み、根室経由で霞ヶ浦に飛来した。
  • 1920年のできごと:日本初の海洋気象台として「神戸海洋気象台」が観測事業を開始した。

8月26日が誕生日の芸能人は誰?

  • 重岡 大毅(しげおか だいき):1992年8月26日生まれ。日本のタレント。
    「Hey! Say! 7WEST(後の7 WEST)」のメンバー。
  • 大河 元気(おおかわ げんき):1987年8月26日生まれ。日本の俳優、声優。
    2005年、舞台「Switch!」で俳優デビュー。
  • 菊池 亜希子(きくち あきこ):1982年8月26日生まれ。日本のモデル、女優。
    2007年に映画「東京の嘘」で女優デビュー。

日本にはまだ少ないユースホステル

それでは、8月26日がユースホステルの日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

日本にはまだ少ないユースホステルですが、安く安全に泊れるホテルと言うのは、ある意味海外では必須のホテルです。

日本にユースホステルが少ない理由は、治安の良さと安いホテルなどが揃っているからかもしれませんね。

海外で経済事情が厳しくても泊まれるのがユースホステルの魅力なので、今後日本にも増えてくれることを期待します。

最後までお読みいただきありがとうございました!