ダウンジャケットの洗濯でまさかの失敗!ふわふわに戻す方法はあるの?

ダウンジャケットの洗濯で失敗したときの復活方法季節の悩み

ダウンジャケットを自宅で洗濯すると、失敗することもあるよね…。

もう元には戻らないのかな?

確かに、うっかりほかのものと洗濯しちゃうってありえるわよね。

今回は、ダウンジャケットを洗濯して失敗したとき、ふわふわに戻す方法など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

ダウンジャケットは自宅でも洗濯できますが、やっぱり失敗する可能性はゼロじゃないんですよね。

また、ほかの洗濯物と一緒に間違って洗っちゃうなんて失敗もあると思います。

今回は、ダウンジャケットを洗濯してぺちゃんこになった場合など、ふわふわに復活させる方法などご紹介しますね!^^

ダウンジャケットの洗濯で失敗したときの復活方法

ダウンジャケットを自宅で洗濯したとき、失敗してぺちゃんこになったことはありませんか?

でも、まだあきらめるのは早いので、まず以下の復活方法を試してみてくださいね。

方法①乾燥機で復活

洗濯失敗でダウンジャケットがぺちゃんこになったら、まず乾燥機で復活を試してみましょう!

1:ダウンジャケットを水でぬらしてから、洗濯機で30秒~1分ほど脱水にかける

このとき脱水にかける時間は、1分以内で終わるようにするのがポイントです。

多少水気が残っていても、しわがついてしまうので、すぐに取り出しましょう。

2:乾燥機にかける

次に、低温設定ができる乾燥機にダウンジャケットを入れ、乾燥機の中にテニスボール(洗濯用のボールでもOK)を2~3個入れて乾燥させます。

もし、自宅に低温設定ができる乾燥機がない場合は、コインランドリーが便利です。

高温乾燥だとジャケットが傷んでしまうので、必ず低温乾燥で、10~15分乾燥させれば復活する可能性も高くなりますよ~。^^

3:乾燥させたら陰干しに

80%ほど乾燥が終わったら、ハンガーにかけて陰干しをします。

アームの長いものか厚みがあるハンガーを使えば、乾かしている間に形が崩れるのが防げます。

さらに乾いた後に市販の撥水スプレーを吹き付けておけば、防水機能も復活です。

方法②自然乾燥で復活

ダウンジャケットは自然乾燥でも復活する可能性があるので、乾燥機がない場合はこちらの方法も試してみてください!

1:ダウンジャケットを水でぬらしてから、30秒から1分脱水をかける

乾燥機と同じようにまず脱水をかけて、陰干しの時間を短縮するのがポイントです。

ただ、乾燥機を使わない分、脱水を1分→形を整えるの工程を3回ほど繰り返さないと、しっかりと乾かないので注意してくださいね。

2:陰干しをする

ダウンジャケットを軽くたたいてから、乾燥機のときと同じように陰干しします。

ただし、この段階で羽毛をほぐすと逆にふわふわに復活できなくなるので気を付けましょう。

もし、ふっくらと復活させたいなら、平干しするか、厚みのあるハンガーを使ってしっかりと乾燥させてください。

3:羽毛をほぐして形を整える

ダウンジャケットが完全に乾くまで2~3日ほどかかるので、1日以上経ったら、軽く叩いて形を整えていきます。

手でパンパンと叩くようにして羽毛の偏りをほぐしつつ、固まりの部分も指でつまんでほぐしましょう。

形を整えたら、さらに陰干しをして、6時間スパンでほぐすのを繰り返します。

完全に乾いたかどうか調べたいなら、手のひらで挟んでみて手に水分がつかないかどうかで確認しましょう。

乾燥機がなくても、ぺちゃんこのダウンジャケットは復活できるので、ぜひやり方を覚えてみてくださいね。^^

ダウンジャケットをドライヤーで乾かすのはどうなの?

ダウンジャケットをすぐに乾かしたい場合、ドライヤーを使う方法を思い浮かべる方も多いと思います。

結論から言えば、ドライヤーで乾かすのはありです。

ただし、ドライヤーは熱風だと生地が傷んでしまうので、冷風で乾かすのがポイントです。

また、ファーの部分がぺちゃんこになったときも、一番風量が弱いモードで乾燥させた後、専用ブラシでブラッシングすれば、ファーのボリュームも復活します。^^

失敗しても復活方法はある!

それでは、ダウンジャケットの洗濯で失敗したときの復活方法などご紹介してみました。

ダウンジャケットを費用を安くあげようと洗濯したら、失敗してぺちゃんこになったなどの経験をお持ちの方も多いと思います。

ただ、洗濯後でも復活させる方法はあるので、あきらめずにまずやってみてください。

ぺちゃんこになったダウンジャケットが、ふわふわに復活すると気持ちも上がります。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^