ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法はある?ポイントや失敗しない秘訣を解説!

ダウンジャケットを自宅で洗濯する手順季節の悩み

ダウンジャケットって洗濯が難しいらしいね。

でも、自宅で洗えたら最高なのになぁ。

私もそう思うわ!やっぱり好きなときに洗濯をしたいわよね!

今回は、ダウンジャケットを自宅で洗濯するときのコツなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

ダウンジャケットは自宅で洗濯は難しいといわれており、プロにお任せするのも1つの方法ですが、やっぱり好きなときに洗濯したいですよね。

今回は、ダウンジャケットを自宅で洗濯するときのコツをご紹介します!^^

ダウンジャケットを自宅で洗濯する手順

ダウンジャケットを自宅で洗濯するときには、まず失敗のリスクを考えておく必要があります。

ただ、コツを覚えておけば、自宅で洗濯も可能なので、以下に手順を見ていきましょう!

洗濯機で洗う手順とコツ

  1. ダウンジャケットを洗濯用のネットに入れます。
    デリケートな素材でもあるダウンジャケットは、洗うときに必ずネットに入れましょう。
    形が崩れないようにファスナーやボタンを締めておくのもポイントです。
  2. おしゃれ着洗い用洗剤を使い、手洗いコースを選びます。
    衣類のダメージを減らしたい場合は、必ずおしゃれ着洗い用の洗剤を使いましょう。
    もし手洗いコースが洗濯機についていない場合は、「ソフトコース」「ドライコース」などを選んでおけばOKです。
    ただし、全自動で行うのはすすぎまでで、脱水は洗濯機でやらないようにしましょう。

  3. 脱水は短時間で区切ります。
    すすぎまで無事に終わったら、次に洗濯機で脱水(30秒)とジャケットをほぐすのを交互に3回ほど繰り返しましょう。
    一度に長い時間脱水をかけると、綿がよってしまう可能性があります。
  4. 涼しく風の通りがいい場所で陰干しをします。
    ダウンジャケットは防水加工がされているので、内部まで乾かすには時間がかかるのが欠点です。
    カビなどが発生しないように2~3日は陰干しするのもポイントです。
  5. 乾燥機がある場合はそちらを使います。
    もし乾燥機が自宅にある場合は、陰干しで乾かした後、30分ほど低温で乾燥させれば、ジャケットもふんわりと仕上がるのでおすすめです。

干すときなどに少しコツがいりますが、ダウンジャケットの洗い方のポイントをまとめてみました。

手洗いで洗う手順とコツ

  1. 洗濯槽か浴槽に水を溜めておき、おしゃれ着用の洗剤を溶かします。
  2. ファスナーやボタンをしっかりと留め、たたんだダウンジャケットをそっと水に沈めましょう。
  3. 2~3回ほど押し洗いをし、水を何度か替えて汚れや泡がでなくなるまで続けます。
  4. 30秒ほど脱水にかけ、洗濯機と同じようにすすぎもしましょう。
  5. すすぎがしっかりとされたら、洗濯機で脱水(30秒)とジャケットをほぐすのを交互に3回ほど繰り返すのがポイントです。

洗濯機と同じような手順でできるので、手洗いの方法もチェックしてみてください。

ダウンジャケットを自宅で洗濯するときに気を付けたいこと

ダウンジャケットの洗濯は、手順通りにやれば失敗を減らせますが、ジャケットの種類などに注意点があるので、以下に簡単にご紹介しますね。

そもそも洗濯ができるかをチェック

ダウンジャケットの中には洗濯できないタイプもあるので、まずは、タグを見て、洗濯機や手洗いが可能かをチェックしてみてください。

洗濯機マークか手洗いマークが表示されていれば、自宅でも洗濯可能です。

もし、洗濯マークがついてなければ、洗濯はできないので残念ですが、自宅で洗うのは諦めてください。

生地の種類をチェック

ダウンジャケットには生地にも種類があり、もしウール製のジャケットの場合は、洗うと縮む可能性があるため、自宅で洗うのは諦め、プロのクリーニング屋に出しましょう。

同じように、レザー製のダウンジャケットも自宅で洗うのは難しいので、プロに依頼します。

自宅で洗濯できるダウンジャケットは、ウォッシャブルなどと書かれているものだけです。

自宅で洗濯できるダウンジャケットは限られる?

それでは、ダウンジャケットを自宅で洗濯する手順、洗えない可能性がある点などご紹介してみました。

ダウンジャケットは生地の種類によっては、洗濯機で洗えるタイプもあります。

ただし、ウォッシャブルと表記がないタイプは洗濯機や手洗いは無理なので、クリーニング屋に出す方が安心です。

まずは洗濯可能かどうかをチェックしてから、自宅での洗濯を試してみてくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント