ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯するなら?コツや注意点など解説!

ダウンジャケットはコインランドリーで洗える?季節の悩み

ダウンジャケットを洗濯機で洗おうと思っても、家の洗濯機じゃ容量とか足りないんだよね。

コインランドリーでも洗えるのかな?

大丈夫よ!コインランドリーでも洗える可能性はあるわ。

今回は、ダウンジャケットをコインランドリーで洗うときのコツや注意点など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

ダウンジャケットは自宅でも洗濯可能ですが、大きな洗濯機でないとそもそも洗えないこともありますよね。

そんなときに便利なのがコインランドリーですが、今回は、ダウンジャケットはコインランドリーで洗えるのか?などご紹介します!^^

ダウンジャケットはコインランドリーで洗える?

結論から言えば、コインランドリーでもダウンジャケットを洗濯することは可能です。

ただし、いくつか注意点があるので、まずそちらを見ていきましょう!

注意点①すべて洗えるわけではない?

ダウンジャケットは生地の種類によっては、コインランドリーで洗えません。

たとえば、綿やポリエステルなどの化繊、ナイロンなどは洗濯できますが、ウールやレザー製のジャケットは洗えないと思ってください。

注意点②タグの洗濯表示も確認

ダウンジャケットをコインランドリーで洗えるかどうかは、ジャケットのタグに「水洗い」と「タンブル乾燥」があるかをまず確認しましょう。

もし表示がなければ、コインランドリーでも洗濯はできません。

水洗いのマークは「桶が描かれているマーク」で、タンブル乾燥のマークは「正方形の中に〇があるマーク」で確認できます。

さらにタンブル乾燥でも、〇の中に2つの点が並んでいるマークがあれば、タンブラーの乾燥(排気温度の上限は80度まで)もOKですし、点が1つの場合は、排気温度の上限が60度まで対応しています。

まず、2種のマークが描かれているかどうかでコインランドリーで洗うかを決めてくださいね。^^

コインランドリーで上手に洗濯するコツ

コインランドリーでダウンジャケットを失敗なく洗濯するには、以下の方法で洗うようにしてみてください。

失敗を防ぐためにも、いくつかポイントがあります!

コツ①予洗いをすませておく

コインランドリーでは全自動で洗えると言っても、ダウンジャケットの場合は予洗いをしておく方が失敗も防げます。

とくに、袖口や襟周りは予洗いしておけば、コインランドリーで落ちない汚れも落とすことができるんですね。

予洗いの仕方は、少しダウンジャケットを濡らしてから、洗濯石鹸などですませておきます。

先に汚れがひどい箇所を洗っておけば、コインランドリーでも失敗なく洗えます。

コツ②外せるパーツは外しておく

もしダウンジャケットでフードが外せる場合は、あらかじめ外してから洗濯槽に入れるのもポイントです。

また、チャックやボタンなどはしっかりと締めておきましょう。

余計な部品がついていたり、ダウンが広がってしまったりすると、生地同士がこすれて傷む原因になります。

自宅に洗濯用のネットがあるなら、そちらに入れてからの方が傷む失敗も防げて一石二鳥です。

コツ③乾燥にはしっかりと時間をかける

コインランドリーを使う最大の利点は、大きな乾燥機が使えることです。

ダウンジャケットの洗濯では、乾燥がうまくいけば、新品同様によみがえるのでメリットも大きくなるんですね。

まず、低温設定で始めて、ゆっくりと時間をかけて乾燥させましょう。

このときに注意したいのは早く乾かしたいからと、高温設定にしないことです。

また、乾燥の度合いを確かめるためにも、途中でダウンジャケットの中綿などもチェックしてみましょう。

乾燥している間に中綿がよれてしまう可能性もあるので、軽く叩いてよらないようにするのもポイントです。

コツ④ダウンジャケット向きなのはドラムタイプ

ダウンジャケットを自宅の洗濯機で洗うとなると、ドラムタイプでないと軽く浮いてしまいがちです。

その点、コインランドリーの洗濯機はドラムタイプがほとんどなので、水に浮きづらいのもポイントです。

コインランドリーによって料金に差はありますが、500円ほどで洗濯も乾燥も同時に行えるので、クリーニング屋に出すより安価ですみますね。^^

ダウンジャケットはコインランドリーが便利!

それでは、ダウンジャケットをコインランドリーで洗う方法や注意点、洗うときのコツなどご紹介してみました。

ダウンジャケットは、クリーニング屋に出した方が安心感はありますが、より安価にスピーディに仕上げたいなら、コインランドリーが便利です。

自宅の洗濯機で洗うのが難しい場合は、コインランドリーも選択肢に入れてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^