IC(インター)とランプの違いはどこ?ジャンクションとも比較! | トレトレの昨日の?を今日で解決!

「アフィリエイト広告を利用しています」

IC(インター)とランプの違いはどこ?ジャンクションとも比較!

IC・ランプ・JCTの違いは?雑学・地域

高速道路とかでIC(インター)、ランプ、JCT(ジャンクション)の違いがわからないんだよね。

これってどんな風に違うのかな?

確かに紛らわしくて、ラジオで聞こえてきてもさっぱりだわ。

今回は、IC、ランプ、JCTの違いを紹介するわね!

高速道路の情報などを聞いていると、IC(インター)、ランプ、JCT(ジャンクション)が出てくることが多いですが、意味や違いをご存じですか?

今回は、IC(インター)、ランプ、JCT(ジャンクション)の違いなどご紹介します!

IC(インター)とランプの違いは?

まず、IC(インター)とランプの違いですが、高速道路では「インターチェンジ」や「ジャンクション」「ランプ」などと呼ばれる場所があり、このうち、インターチェンジは「出口」や「入口」を意味します。

ランプは、本来「斜面」や「斜路」を意味する言葉で、一般道と高速道路など、高低差のある2本の道路を結ぶ傾斜路を「ランプ(ランプウェイ)」と呼んでいるんですね。

つまり、「ランプ」は「インターチェンジ」や「ジャンクション」の構造の一部を指す言葉で、基本的にはIC(インター)の中にランプがあると考えるとわかりやすいかもしれません。

IC(インター)の意味

IC(インター)は「インターチェンジ」の略語です。

高速道路などは、一般道のように交差点が多くあったり、隣接する敷地や駐車場から自由に道路に入れたりなどはなく、高速走行の安全性のため、道路自体に出入りする箇所を制限しています。

一般道から高速道路へ流入するIC(インター)は、ほとんどの場合、立体交差の構造となっていますが、簡単に言ってしまえば、唯一、一般道から車の出入りを許された箇所がインターチェンジと呼ばれるものです。

ランプの意味

ランプは、上記でもご紹介しましたが、ランプウェイの略語です。

高速道路は安全のために、右折などで動線が交差する平面交差点などは原則作ることができません。

そのため、IC(インターチェンジ)内も含めて、本的に全部が立体交差となっています。

つまり、一般道から高速道路の上り線や下り線に入る連絡路、上り線や下り線から一般道に出る連絡路は、立体交差が必要となり、この1本1本の連絡路を「ランプ」と呼んでいるんですね。

ランプウェイは、立体交差で本線を乗り越えられるようにと、坂だったり、ループを描いた形状になったりしていますが、ランプウェイがないと高速道路は成り立たないわけです。

ランプはICとJCTの一部?

高速道路のIC(インター)は、一般道の上下線、本線の上下線へと連絡路が通じていますが、連絡路同士が曲線を描き、相互に立体交差している場合もあり、首都高の出入口よりも構造が複雑になっています。

NEXCO東日本によれば「2つ以上の道路が交差または接近する箇所では、相互を連結する道(ランプ)を設け、これらの道路を立体的に接続する施設」としています。

つまり、料金所などを含む施設全体を指して「IC(インター)」と呼んでいるわけですね。

インターチェンジ内では、本線までをつなぐ道路の一部をランプと呼ぶ関係上、ランプはインターチェンジの一部、もしくはJCT(ジャンクション)の一部とされます。

ちなみに、現在では、首都高で「ランプ」という呼称を公式には使用しなくなり、単純に「出入口」と呼ぶことも多いそうです。

JCT(ジャンクション)とは

複数の高速道路が接続する箇所は、全体では「ジャンクション」と呼ばれますが、JCTと略語で使われることも多いです。

同じJCT(ジャンクション)でも、交差する高速道路の配置によっては「クローバー型」「トランペット型」「Y型」「タービン型」「ダイヤモンド型」などの呼び名があります。

旧IC(インター)のジャンクションへの改称が定着してからは、一般道への出入口もランプからインターチェンジに改称しようとする動きも出ていますが、定着した名称は変えることは難しいとされます。

国土交通省では、JCT(ジャンクション)に対して「高速道路相互を直接接続するインターチェンジのことを通常のインターチェンジの概念(中略)と区別するため、用いられている用語」と説明しているようです。

それを受け、首都高は「IC」を「JCT」に改めていますが、現在でも、高速ではない一般道ではIC(インターチェンジ)が良く使われています。

IC・ランプ・JCTの違いはかなり複雑 まとめ

それでは、IC(インターチェンジ)、ランプ、JCT(ジャンクション)の違いなどご紹介してみました。

最近ではランプと言う言葉は使われなくなりましたが、ラジオなどの放送で、インターチェンジとジャンクションは良く聞くので、違いを知っておくと便利だと思います。

私の住んでいる地域では「〇〇ジャンクションの左…」などと良く聞きますが、車の運転をする方は違いをぜひ覚えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!