お盆で帰省するとき手土産はどうする?基礎知識を知って恥をかくのを防ごう!おすすめの手土産3選!

季節の悩み

お盆の帰省時には手土産で悩むことも…

 

もうすぐお盆だよね。
僕は帰省することがないんだけど、実家から離れた妹とかがお土産に悩んでたよ。

私も気になったわ!

家族や親族も集まるから、手土産にも気を遣うのよね。

それじゃ、今回はお盆に帰省するときに悩む手土産についての基礎知識やおすすめのプレゼントを紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
お盆に帰省する方も多いと思うんですが、手土産で悩んだことはありませんか?

親族が集まるお盆だからこそ、恥をかきたくないですよね?
ということで、今回はお盆の帰省時におすすめの手土産や基礎知識などご紹介します!

お盆に帰省する時の手土産のおすすめは?

お盆に帰省するとき、手土産の内容で悩むことも多いですよね。
とくに、果物にすべきかお菓子にするべきかで迷うことが多いような気がします。

それでは、以下にお盆の手土産を3選してご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

手土産①焼き菓子の詰め合わせ

我が家がお盆にお墓参りに行くときには、焼き菓子の詰め合わせが多いです。
とくに、六花亭は北海道でも有名なので喜ばれます。

北海道の方にはおなじみのマルセイバターサンドや雪やこんこなど、美味しいお菓子が多く、我が家でもいただくときに嬉しい焼き菓子です。

ネットだと送料がかかっちゃいますが、もしお近くに六花亭の売り場があったら、ぜひチョイスしてみてください。

手土産②せんべいの詰め合わせ

こちらはパッケージが本とおしゃれですし、お供え用なのでお盆の手土産にもぴったりです。

甘いお菓子が苦手な方も多いので、せんべいも1つの方法です。
岩手の南部せんべいは有名なので、きっと喜ばれますよ~。

手土産③フルーツの詰め合わせ

手土産の定番といえば、フルーツも有名ですよね。
フルーツならお供え物としても最適ですし、華やかなフルーツがお盆にもぴったりです。

ただ、フルーツの量が多すぎると処理に困ることもあるので、お盆帰省時の滞在時間とかで決めた方がいいと思います。

お盆の手土産のマナーが知りたい!

手土産が決まったら、今度はお盆のマナーを知っておきましょう。
知らないと恥をかくかも…(-_-;)

以下に、お盆の手土産に関する基礎知識やマナーをご紹介しますね。

親戚それぞれに手土産はいる?

実家に帰省する際には、親族が集まることも多く、それぞれに手土産がいるのかな?と気になりませんか?

結論から言えば、親族それぞれに手土産が必要です。

もし親族が集まるなら、先に人数を把握しておくことが大切です。
少し多めに用意しておけば「家だけもらえなかった」などのトラブルも防げます。

また、泊ることが確定しているなら、少し高級な手土産を用意してください。

多い分には大丈夫ですが、渡し忘れる親族がいないように、それぞれの親族に手土産を用意しましょう!

手土産はどのタイミングで渡せばいい?

手土産を渡すタイミングも、悩みどころです。

一般的には、応接間に通された時点で、紙袋から手土産を取り出し、挨拶しながら渡すのがベストです。

渡すときの決まり事では、「つまらないものですが…」と言うのが通例になってますが、印象を良くしたいなら、なぜその手土産を選んだのかの理由も添えると、好印象になります。

そして、ここも大事なポイントですが、手土産を渡した後の紙袋はちゃんと持ち帰るようにしてください。

また多い間違いですが、玄関先で手土産を渡すのはマナー違反なので気をつけましょう。

手土産の相場はどれくらいが目安?

手土産の相場は、親族とどれだけ親しいかでも決まります。

ただ、一般的な相場としては、1,000円から3,000円くらいと言われています。

ちなみに、手土産の平均相場は、実家への手土産なら2365.7円くらい、配偶者の実家だと2612.6円が多いようです。

もしお世話になっている親族がいる場合は、ちょっと高めの5,000円くらいの手土産にして、高級感があるお菓子などをチョイスしてください。

お盆は喜ばれる手土産を選ぼう

それでは、お盆帰省時に喜ばれる手土産と手土産で知っておきたい基礎知識、マナーなどご紹介してみました。

お盆には親族も集まるので、できるだけ粗相のないようにしたいものですよね。
そんなときは、手土産もチェックして、恥をかかないようにしてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント