年始の挨拶は電話でもOK?例文やタイミングなどシーン別に解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

年始の挨拶は電話でもOK?例文やタイミングなどシーン別に解説!

電話で年始の挨拶はOK? 季節の悩み

年始の挨拶って、電話でもOKなのかな?

メールよりは対面に近いイメージもあるけど。

直接会えない時には、電話でも構わないと思うわ!

今回は、年始の挨拶を電話でする時の例文やタイミングなど紹介するわね!

年始の挨拶を電話でする場合、相手によって伝える内容は違いますが、どのタイミングで電話をすべきなど迷うところも多いですよね。

今回は、年始の挨拶を電話でする時の例文や挨拶のタイミングなどご紹介します!

年始の挨拶は電話でもOK?

まず結論から言えば、年始の挨拶は電話でもOKですが、ビジネスなら取引先が望む形にしたいですし、プライベートでも電話での挨拶の仕方は変わってきます。

とくに、ビジネスでは相手の方が「訪問して挨拶するのが礼儀」と感じている可能性もあり、マナーは相手に対する思いやりの手段でもあるため、できるだけ相手の方が望む形が望ましいです。

ただ、年始の挨拶でどうしても訪問は難しい場合もあり、その場合は、メールや電話でもOKとされています。

メールは定番ですが、電話で年始の挨拶をすれば、より訪問に近い形になるので、訪問は難しい、けれど肉声で挨拶をしたい場合などは、電話もおすすめです。

以下に、ビジネスとプライベートのシーン別に、電話での例文をご紹介します。

年始の挨拶を電話でする例文【ビジネス編】

いつもお世話になっております。
〇〇会社の○○でございます。
新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も昨年同様、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらが基本パターンですが、もし電話でより丁寧に伝えたいなら、以下の例文もプラスするといいかもしれません。

昨年は格別のお引き立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。
本年もより一層のご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このような形にすると上級者向けにはなりますが、普段言い慣れていないと、相手が違和感を感じる可能性もあります。

なので、言い間違えないためにも、できるだけシンプルに年始の挨拶をしてみてください。

相手との関係性もあるので、例文はあくまで参考にして、自分の言葉で年始の挨拶をするのがポイントです。

年始の挨拶を電話でする例文【プライベート編】

あけましておめでとうございます。
本当はこんな挨拶はしてはいけないかもしれないんですが、新年のご挨拶をしたくて電話しました。
昨年は本当にお世話になりました。
お義父さんお義母さんの助けがなければ、私はどうしていいか分からなかったと思います。
どうかこれからも○○ともども、よろしくお願いします。

もし、義母や義父に電話で年始の挨拶をするなら、このような形で電話すると良いかもしれません。

我が家もそうなんですが、ちょっと実家から離れた所に妹などが住んでいるため、毎年来るのはちょっと大変ということも多いと思います。

電話を入れるだけでも「ああ、心配してくれているんだ。」と好印象を与えるので、メールやLINEなども素敵ですが、肉声を届ける意味で、電話をするのもおすすめです。

年始の挨拶を電話でいうタイミングは?

年始の挨拶は本来直接出向いた方がいいですが、たくさんあり過ぎて回れない可能性もありますし、遠方で行けない場合などは、電話でもOKとされています。

では、年始の挨拶を電話で伝えるタイミングですが、仕事始めの日を選ぶか、もしくは1月7日までの松の内までが一般的です。

もし、7日を過ぎると出遅れた感があり、あまりいい印象を与えないので、どうしても遅れる場合は、年始の挨拶ではなく、寒中見舞いとして挨拶をしてください。

また、取引先の方が年始で忙しい場合は、訪問はもちろん、電話での受け答えも難しい場合があります。

なので、電話での対応が難しいと感じた場合は、メールで年始の挨拶をしても問題ありません。

年始の挨拶は電話でもOK まとめ

それでは、年始の挨拶は電話でもOKなのかや、電話での文例、電話をかけるタイミングなどご紹介してみました。

年始の挨拶は電話でもOKですが、メールと比べると、相手が忙しくて対応できない場合もあるので、取引先の都合も考えてメールにするか電話にするかを決めてみてください。

また、義母や義父に直接会いに行けない場合なども電話で挨拶はOKなので、例文が参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!