10月はまだ暑いけど衣替えした方がいい?会社の衣替え事情を解説!

まだ暑い10月の衣替えの時期は?10月

10月はまだ暑いと思うけど、衣替えした方がいいのかな?

ネクタイとか必要?

確かにまだ10月は暑いし、スーツの会社員とかは切実な問題よね…。

今回は、まだ暑い10月は衣替えの時期なのかや、会社の衣替え事情など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

秋の衣替えは10月が1つの区切りになりますが、10月と言えばまだまだ暑い季節ですし、会社員の方は悩むところですよね。

今回は、まだ暑い10月での会社の衣替え事情などご紹介します!

まだ暑い10月に衣替えは必要?

まだ暑い10月に衣替えは必要?

10月は秋の衣替えのシーズンではありますが、まだまだ残暑が厳しく長袖はきつい時期でもありますよね。

とくにビジネスマンなどは衣替えの季節に「ネクタイだけでも大丈夫だろうか?」と不安になる方も多いでしょう。

もし迷ったときには、会社の規定を参考にするのも1つの方法です。

会社によっても差はありますが、一般的な衣替えの時期としては「10月1日から冬服」という規定があることも多いです。

一方、会社に規定が特にない場合は、周りの同僚や上司などの服装を見て、周囲に合わせるのが最適の方法かなと思います。

また、気温なども衣替えの一種の目安になるので、25度を下回る日が続くようなら、秋や冬服にチェンジしてもいいかもしれません。

ただ、10月は朝晩の寒暖差が多い時期でもあるので、薄手のカーディガンなどを用意しておいて、日中は夏物のスーツにしてなど、臨機応変に対応してみてください。

オフィスの衣替えの時期は?

オフィスの衣替えの時期は?

10月はスーツも秋冬用にチェンジしますが、衣替えの時期としては、10月~3月の期間が秋冬用のスーツの出番です。

オフィスなどの衣替えは、一般的には夏と冬の2回あり、秋冬用のスーツは、総裏地がついていて、素材はカシミア、ウール、ポリエステルなどが使われているので、保湿性が高い仕組みになっています。

もし、オフィスでエアコンが効いているなら問題ないですが、そうでない場合は、ある程度スーツで調節しなければいけません。

なので、25度以下の気温が3日以上続く場合は、秋の衣替えの時期として考えてください。

10月のオフィス内でのおすすめコーデ

または、春夏タイプの上着の下にベストやカーディガンなどを着る、靴下を長くして温かいタイプに変更するなども対処法としておすすめです。

もし、どうしても10月の衣替えで悩んだときには、裏地のつかない春夏タイプの上着の下にベストやカーディガンを着るのもいいでしょう。

上着と同じカラーのものを着れば、暑い時には脱ぎ、寒い時にはカーディガンで対応できるので、寒暖差が激しい10月にも調節ができて大変便利です。

ただ、周りの人が秋冬の服を着ているのに、自分だけが半袖というのが恥ずかしい場合もありますので、会社内では周りの人の服装に合わせるのもポイントになります。

暑い10月でも長袖とスーツは欠かせない?

暑い10月でも長袖とスーツは欠かせない?

会社勤めのビジネスマンなどは、急な来客や取引先との会合などがある場合を考えれば、たとえ暑くても長袖のスーツを着ておいた方が無難でしょう。

今は、スーツも春夏用や秋冬用だけでなく、3シーズンタイプも売られているので、そちらを利用すれば、より快適に過ごせるかもしれません。

営業マンの方などは、夏の暑い時期でもスーツを着ていることが多いですが、どんな用事があっても恥ずかしくない格好となれば、やはりスーツは着用するのがマナーでもあります。

暑い時期は夏物のスーツを用意しても構いませんが、会社によってはどんな時期もスーツが必須と言うところは多いので、10月の衣替えの時期でも、暑くてもスーツだけは欠かさないようにしてみてください。

暑い10月の衣替えは周りに合わせてみよう!

それでは、まだ暑い10月の衣替えはどうすべきかなど、会社事情やオフィス内でのおすすめコーデなどご紹介してみました。

10月は秋の衣替えの時期ではありますが、まだまだ残暑が厳しく、一日中長袖というのはきついですよね。

そんな時におすすめなコーデやスーツの選び方などご紹介してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

もしどうしても服装選びに迷ったときには、周りの人に合わせるのもおすすめの方法です。

最後までお読みいただきありがとうございました!