ニンテンドースイッチが電源オフでも発熱?Switchが熱くなる原因など解説!

ニンテンドースイッチの発熱の原因は?ネット関連

ニンテンドースイッチって熱暴走しやすいのかな?

割と発熱したって聞くんだけど。

充電時には熱くなることもあるみたいよ。

今回は、ニンテンドースイッチが熱くなる原因など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

ニンテンドースイッチが電源オフでも発熱する場合、充電しているなら別ですが、電源を切っても熱くなるのは異常が現れているのかもしれません。

今回は、ニンテンドースイッチが熱くなる原因などご紹介します!

ニンテンドースイッチが電源オフでも発熱するのは異常?

ニンテンドースイッチは、充電時、または本体の動作時(スリープ時も含む)に本体が熱くなる場合がありますが、この場合は故障ではありません。

また、気温が高い場所でプレイしていると、本体が熱くなることがあるので、5~35℃の場所で使用することが推奨されています。

ただ、電源オフの状態=常に電源を切った状態でも本体が熱くなるのは異常な動作なので、サポートに連絡し、保証期間内であれば交換してもらう方が安全です。

他にも、ニンテンドースイッチのファンに埃がたまっていると発熱することもあるので、充電中はもちろん、プレイ時にも本体をきれいにしておくことを忘れないでください。

もし、給電状態のドックに挿している状態なら、充電中と思われますので、本体が熱くなるのは故障ではありません。

仮に熱くなっているのが電気系統の異常と疑われる場合は、ニンテンドーのサポートに問い合わせしてみて、状態を説明し、必要ならば修理の見積もりをしてもらえば、新しく買い直すよりは安くすみます。

ニンテンドースイッチが熱くなる原因

上記でもニンテンドースイッチが熱くなる原因をご紹介しましたが、ほかにも原因は考えられますので、もし本体が異常に熱くなったと感じたら、以下に該当しないか確認の上、ニンテンドーのサポートに問い合わせしてみるのがおすすめです。

原因①ファンが故障している可能性

スイッチ本体の内部にホコリが溜まっている場合や、自然故障によって、ファン自体が故障している可能性があります。

ファンが故障してしまうと、内部の熱を外に逃がせなくなってしまうので、本体も熱くなってしまうんですね。

もし仮にファンが故障していた場合は、自分ではどうにもできないので、まずはニンテンドーに問い合わせしてみてください。

原因②メインの基盤が壊れている可能性

2018年頃に製造など、一部のニンテンドースイッチの古い機体では、メイン基板が故障することで本体が熱くなっている可能性があります。

もし、メインの基盤が壊れていると、ファンを交換しても、内部をクリーニングしても直らないので、自分で修理するのは無理だと思ってください。

基盤の修理専門の業者に依頼するか、ニンテンドーに問い合わせして修理、もしくは交換をしてもらいましょう。

原因③内部に埃がたまっている可能性

ほとんどの原因は、おそらく、本体内部に埃がたまっている可能性が多いでしょう。

ニンテンドースイッチは、本体に埃がたまりやすい設計になっているので、吸気口や排気口が塞がれると本体が熱くなってしまいます。

内部に埃がたまると、外に放熱できなくなり、内部から発熱してしまうんですね。

対策としては、吸気口や排気口の周囲10cm以上のすき間を空け、風通しを良くして使うか、吸気口や排気口にホコリなどが付いている場合は、掃除機などで取り除くのがおすすめです。

ニンテンドースイッチが熱暴走した時の症状とは?

ニンテンドースイッチが熱暴走しているか判断するときには、以下の症状をまずチェックしてみてください。

どの症状も本体が高温になったことで現れるので、大きな故障につなげないためにも症状を見逃さないことが大切です。

①画面が急にフリーズしたら?

フリーズするとボタンが一切起動しなくなるので、本体にある電源ボタンを12秒以上押し続けて、強制的にシャットダウンするしかありません。

もし、フリーズが頻繁に起こるようなら、CPUなどメイン基板に不具合が生じている可能性もあります。

スイッチでプレイ中に、一切の操作を受け付けなくなった場合はフリーズしている可能性大です。

フリーズが頻繁な場合は、最悪完全に動かなくなる可能性もあるので、すぐにニンテンドーに問い合わせてください。

②動作が遅延=カクカクする場合

スイッチをプレイ中に、動きが遅延=カクカクした動作になったら、熱暴走の可能性があります。

スイッチのゲームの中にはCPUなどに高負荷をかけるゲームもあるため、熱暴走の影響も受けやすいです。

もし、動きが遅くなるようなら、しばらく本体を使わず熱が冷めるまで、少し様子を見ましょう。

ただ、動作の遅れは、熱暴走だけとは限らない点には注意が必要です。

③スイッチの本体が曲がる場合

高速な処理を要求するゲームの場合、本体の表面温度が50度前後に達することもあります。

そうなると、スイッチの本体が曲がるだけでなく、内部の基盤も曲がる可能性大です。

本体が曲がった状態でプレイを続けると、最悪使えなくなってしまうので、本体の湾曲や発熱に気がついた時点で、手持ちのプレイを避けるなどの応急処置が必要となります。

同時に、本体が曲がった時には、他の部分も故障している可能性があるため、すぐにニンテンドーに問い合わせて判断をあおぎましょう。

ニンテンドースイッチの発熱は異常のサイン?

それでは、ニンテンドースイッチの電源をオフにしている場合に熱くなったときの原因や、発熱が問題で起こる症状などご紹介してみました。

ニンテンドースイッチは、充電中でも本体が熱くなることが多いため、必ずしも故障ではありません。

ただ、発熱が異常のサインとして現れることもあるので、少しでもおかしいと感じたら、ひとまずプレイを止めて様子を見て、本体が発熱を続けるようなら、ニンテンドーに問い合わせしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!