8月21日は献血の日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

8月21日は献血の日8月

8月21日は献血の日だね!

僕は初めての献血で貧血を起こして以来、受けてないんだ…。

すぐに動くと良くないって言うわよね。

今回は、8月21日が献血の日になった由来やおもしろ雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

私は学生時代に初めて献血を受けた際、電車に乗り遅れる!と走ったら貧血に見舞われ、それがトラウマで以降献血は苦手です。

今回は、記念日が出来た由来やおもしろ雑学などご紹介します!

8月21日は献血の日

8月21日は献血の日ですが、1964年に、今までの売血制度を改め、輸血用血液を献血で確保するようにと閣議決定がされた日です。

売血制度があった当時では、金銭を稼ぐために何度も売血を繰り返す人たちがおり、それらの人たちの血液は血球が少なく血漿部分が目立つことから「黄色い血」と呼ばれていました。

当然この血液は輸血には向かず、効力もなかったのですが、同時に副作用で肝炎を引き起こすなどのトラブルもあったようです。

これらの問題が起きたことで、1974年には民間商業血液銀行が預血制度を廃止し、閣議決定がされた10年後には、全ての輸血の血液は献血で賄うようになったんですね。

無償の献血になったことで血を提供する人は減ったかもしれないですが、血液を売るという行為がなくなったのは人権的にも健康的にも有効だったと言えます。

献血の血液が不足する理由は?

献血が無償になった現代では、度々「○○型の血液が足りません。」などの書き込みで献血を募っていますが、なぜ血液がそもそも足りなくなるかと言えば、献血された血液は保存期間が設けられているからです。

献血で集まった血液はそのまま使えるわけではなく、全血、血小板、赤血球、血しょうなどに分けられますが、中でも血小板は保存期間が数日しかないので、持続的に献血を募る必要があるんですね。

なので、献血の必要人数を割りだすために、用途に応じてどの程度必要なのかを「○○型の血液が○○人分不足しています」などとして、予約による受注数、緊急時に必要な受注数、今後の受注数などを計算しています。

献血に協力すると、終わった後に無料でジュースを飲んだり、お菓子を食べたりできるので、それが目当てで献血に行く方もいるそうですよ。

O型は全ての血液型に有効?

O型の血液型の人は、A、B、O、ABの全ての血液型の人に輸血ができるって聞いたことはありませんか?

とはいっても、通常であれば、その人にあった血液型が選ばれますが、緊急時にはO型の人はどの血液型の人にでも輸血ができるんです。

なぜ、O型の血液型だと出来るかと言えば、他の血液型だと通常は拒絶反応を起こして血液が固まってしまいますが、O型だけは血液が固まる拒絶反応が起こる物質が含まれていないそうなんです。

ちなみに、AB型の場合、AとBの両方の性質を持っているため、AB型の人にしか輸血できませんが、逆に全ての血液型からの輸血を受けられます。

ただ、緊急時に利用できる可能性が高いと言うだけで、実際には血液が固まらないかのチェックは必須なので、必ずしもO型の人が全員に輸血可能とは言えないそうです。

8月21日の出来事一覧

8月21日は献血の日ですが、過去の8月21日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 2006年のできごと:第88回全国高校野球選手権大会の決勝再試合で早稲田実業の先発投手「斎藤佑樹」が駒大苫小牧の先発投手「田中将大」を降し、初優勝を飾った。
  • 1990年のできごと:京大の森重文教授が「三次元代数多様体の分類」について「数学のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞を受賞した。
  • 1959年のできごと:ハワイがアメリカ合衆国の50番目の州となった。
  • 1911年のできごと:フランスのルーブル美術館から名画「モナ・リザ」が盗まれたが、2年後に無事返還された。
  • 1877年のできごと:第1回「内国勧業博覧会」が上野公園で開催された。

8月21日が誕生日の芸能人は誰?

  • 本田 真凜(ほんだ まりん):2001年8月21日生まれ。日本のフィギュアスケート選手。
    2016年に、世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝。
  • 田辺 桃子(たなべ ももこ):1999年8月21日生まれ。日本の女優。
    2019年、「こんな未来は聞いてない!!」でドラマ初主演。
  • 関根 勤(せきね つとむ):1953年8月21日生まれ。日本のお笑いタレント。
    「ぎんざNOW!」の「しろうとコメディアン道場」で5週連続勝ち抜き、初代チャンピオンに。

献血で救える命がある…

それでは、8月21日が献血の日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

献血は、昔は売血と言われお金になったそうですが、無償になった現代でもマニアが何度も献血をすることで問題になったことがあります。

現在では、献血カードの記載により、過度の献血は出来ないようになっていますが、血を売るという仕組みがあったのはちょっと怖い事実ですよね。

献血で使われた血液で救える命があるとしたら、もし可能なら、少しでも献血に協力したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!