手作り料理を人にあげるのは本当にありがた迷惑なの?正直いらない場合の対処法

手作り料理はありがた迷惑になる?オールシーズン

手作り料理って人によっては迷惑になるみたいだね。

やっぱり、近しい間柄でないと難しいのかな。

確かに、親しくない人にもらったら迷惑に感じてしまうかも。

今回は、手作り料理を人にあげるのはありがた迷惑に当たる場合について紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

手作り料理を人にあげる場合は、近しい間柄の人であったとしても迷惑に思われる可能性があります。

今回は、実際に手作り料理をもらった方が、本音はどう思っているのかなど調査してみました!

手作り料理に対する口コミ

手作り料理は、たとえ相手が親しい間柄であっても、どれだけ料理のうまい方でもシチュエーションによっては迷惑に思われてしまう可能性があります。

ツイッターなどでも迷惑と考えてる方が多いようなので、ツイートをいくつかご紹介します。

家族でも迷惑に感じる場合があるんですね…(-_-;)

頻度が高すぎるのも問題ですね。

すねられるのもちょっと困りものですね…。

こんな感じに、迷惑に感じる方もいる一方で、逆に嬉しい!という口コミもあります。

我が家は親が料理してくれないので、憧れます!^^

確かに、レストランよりも温かみを感じますよね。^^

ガールズちゃんねるのトピックでも話題に

手作り料理をありがた迷惑と感じる方は意外と多いようで、とくに対処に困るのが義母からの料理のようです。

「たくさん作ったから、いっぱい食べてね!」などと料理を送られたとしても、中には総菜系なのに通常便で配送され、届いたら腐っていたなんてこともあります。

クール便でもない普通の段ボール箱の料理は、ちょっと送る方にも問題ありかもしれません。

ガールズちゃんねるでのトピック主の方も、こんな書き込みをされています。

「申し訳ないと思ったのですがそのまま全てゴミ箱に捨ててしまい、後日『美味しかったです。ありがとうございました』と伝えたところ、『また送るからね!孫も可愛いけど貴方も可愛いお嫁さんなんだから!』と言われ、罪悪感でいっぱいになりました」
引用元:ガールズちゃんねる

このトピックに対して、多くの女性からは同情の声が寄せられています。

「手料理は無理~気持ち悪いね。主かわいそう」
「クール便でもないって、常温?腐ってるじゃん……」
「捨てればいいって言うけど捨てるのもストレスなんだよね。いらんもの勝手によこしてなんで手間かけて捨てなきゃいけないんだってイライラする」
「悪気のない人って、ほんと困る。はっきり言うのも気を使うし、なんかこっちが悪者みたいに感じちゃうし」

相手に良かれと思ってやったことでも、実際には迷惑になる可能性もあり、また本当に送る気持ちがあるなら、せめて腐らないようにとの配慮は必要でしょう。

ちなみに、我が家の場合は、家族ですが向こうから送って欲しいとのオファーがあるんですが、その場合も絶対にクール便でだしますし、発泡スチロールの箱に入れて送ります。

もし捨てる気がなくても、腐ってたら食べられませんし、義母からのプレゼントに文句を言うのも難しい一面がある以上、どうしてもと言う場合以外は、手作り料理は迷惑になる可能性があることを知っておいてください。

義母からの手作り料理プレゼントの対処法は?

お嫁さんの場合、義母から手作り料理を送られた場合、状況によってはありがた迷惑になる可能性が高いです。

義母との関係を悪化させたくないなどの理由もあり、口では「ありがとう」と伝えても、内心は迷惑と思うこともあるからです。

もし手作り料理を頻繁に送られたときには、対処法とは言えないかもしれないですが、手作り料理自体を義母が健康な証拠と思うと気持ちが少し楽になるかもしれません。

義母が年を取っていけばいくほど、料理を作る機会も減るので、作ってくれているということは、義母がまだ元気な証拠!と前向きに考えてみてください。

どうしても食べられなかったら捨てるのも仕方ないですし、もったいないとは思いますが、気持ちを無下にすると、相手のプライドも傷つけてしまいます。

なので、義母が健康な証拠と思えば、受け取り方も変わってくるんじゃないでしょうか?

手作り料理は送る相手にも注意?

それでは、手作り料理のプレゼントは迷惑かどうかを、ツイッターなどの口コミを参考にしてご紹介してみました。

手作り料理は嬉しいこともありますが、もらう相手によっては迷惑と取られる可能性があり注意が必要です。

また義母からの手作り料理も迷惑と思われる可能性が高く、もらったお嫁さんも捨てるに捨てられず悩んでいる方も多くいます。

手作り料理を送るのは一種の自己満足の部分もありますが、上記の対処法などを参考にして、義母の健康チェックだと思って見逃してあげてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント