5月23日はキスの日!由来やおもしろ雑学など解説!今日は何の日?

5月23日はキスの日5月

5月23日はキスの日なんだって!

日本では元々映画でキスシーンとかなかったみたいだね。

キスシーンって今ではメジャーだけど、昔はハレンチ扱いだったのかも。

今回は5月23日がキスの日になった由来や面白雑学など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

キスシーンは今ではメジャーですが、日本の昔の映画ではキスシーンが放映されたのは戦後だったみたいですね。

今回は、キスの日ができた由来や面白雑学などご紹介します!

5月23日はキスの日

5月23日はキスの日ですが、1946年に日本で初めて映画「はたちの青春」でキスシーンが放映されたことを記念して制定されました。

キスシーンが映画に登場したきっかけは、当時映画製作はGHQの検閲下にあり、民間情報教育局(CIE)が検閲を行った際、完成した脚本の中に接吻のシーンを入れるようにと要求したからです。

なぜキスシーンを入れるように要求したか理由はわかっていませんが、当時のキスシーンは今の映画のように濃厚なものではなく、わずかに唇を重ねるだけだったそうです。

ただ、それでも日本で初めてのキスシーンが盛り込まれた映画と言うことで、「はたちの青春」は大ブレイクをしました。

世界のキスの日は7月6日

世界的なキスの日は「7月6日」ですが、起源はイギリスにあり、19世紀末に個人的お祝いにキスがふさわしいと判断されたのがきっかけです。

国連では世界のキスの日を国際的な祝日と認めているくらいで、今でも世界のキスの日には子供から大人までキスのシーンをアップしているサイトもあります。

キスの長さや美しさ、オリジナリティーを競う日でもあり、日本のキスの日とはちょっと違うようですね。

キスで免疫力アップ?

キスは家族や恋人とのスキンシップの手段ですが、幸せな気分にさせてくれる素敵な習慣ですよね。

そのキスですが、実はキスをすることで精神的な効果だけではなく、肉体的な効果もあると言われています。

免疫力がアップすると言われているのですが、理由はお互いの口内の唾液が交換されるからです。

唾液を交換することで、自分の口内に元からあるバクテリア以外が体内に入り、その交換したバクテリアに対する新しい抗体が作られます。

この新しい抗体が作られることで、免疫力がアップするので、キスは肉体的な効果が期待できます。

キスをしたくなる理由

好きな人ができると、キスをしたくなる気持ちは万国共通と言われています。

なぜ、キスをしたくなるかといえば、相手との一体感や安心感を得たいからです。

とくにキスをしたくなる気持ちは男性よりも女性の方が強いらしく、心や体の触れ合いを求めているんですね。

キスをするときには、唇を重ねるだけでなく相手との距離も縮まるので、より安心感を得られます。

だからこそ、好きな人ができたら、相手との一体感などを求めて、キスがしたくなるんですね。

5月23日の出来事一覧

5月23日はキスの日ですが、過去の5月23日に起きたできごとなどを一覧でまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 1996年のできごと:北朝鮮の空軍大尉が「ミグ19戦闘機」を操縦し、韓国に亡命した。
  • 1984年のできごと:大相撲で井筒部屋の「寺尾」が十両入りを果たし、初となる3兄弟関取が誕生した。
  • 1980年のできごと:黒澤明監督の「影武者」が「カンヌ国際映画祭」でグランプリを受賞した。
  • 1969年のできごと:政府が初めて「公害白書」を発表した。
  • 1964年のできごと:世界最大の「ピカソ展」が始まり、世界初となる、ピカソの作品148点が1カ所に集めて展示された。

5月23日が誕生日の芸能人は誰?

  • 竹下 健人(たけした けんと):1993年5月23日生まれ。日本の俳優。
    劇団「Patch」の旗揚げ公演で「OLIVER BOYS」に主演で出演した。
  • 荒井 敦史(あらい あつし):1993年5月23日生まれ。日本の俳優。
    男性俳優集団「D2」および「D-BOYS」のメンバー。
  • 夏菜(なつな):1989年5月23日生まれ。日本の女優、タレント。
    2006年1月期のドラマ「ガチバカ!」に生徒役でレギュラー出演。

キスで幸せな気分になろう!

それでは、5月23日がキスの日になった由来やちょっとおもしろい雑学などご紹介してみました。

日本でキスシーンの映画が放映された当時は、本当に斬新で劇場が満員になるくらいでしたが、今のように濃厚なキスシーンでないのが受けたのかもしれません。

キスは幸せな気分になれる行為で、免疫力のアップなどの嬉しい効果もあります。

赤ちゃんにキスしたくなるのも、一体感を得たいからかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント