母の日には0歳児でもできる制作物でお祝い!ポイントや注意点など解説

母の日におすすめの0歳児との制作例5月

母の日のプレゼントは0歳児にはちょっと無理かな?

できれば、パパと一緒に作れる制作物でお祝いしたいよね!

大丈夫!0歳児でもできる制作物はたくさんあるわ!

今回は、0歳児とパパで制作するプレゼントのポイントなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

母の日に手作りのプレゼントしたいというとき、0歳児のお子さんだと一緒に作るのは無理かな?と感じるパパさんも多いと思います。

そこで、今回は0歳児でも制作できるアイディア例やちょっとしたポイントなどご紹介します!

母の日に0歳児と制作する制作例・5選!

それでは、以下に0歳児とパパさんで共同制作するアイディア例を5選してご紹介します!

どれも簡単に作れるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

制作例①赤ちゃんの足形利用の壁飾り

赤ちゃんの足形は可愛いですが、それを紙皿に押して、壁飾りなどの制作もいいですね。

壁飾りにするには、足形だけではちょっと華やかさが足りない時には、周りを花のシールで飾る方法もあります。

赤ちゃんが絵具をつけるのを嫌がらなければ、0歳児もちゃんと制作に参加できます。

一生に一度のプレゼントになるので、ママさんも大喜びですね!

制作例②シールを貼ってメッセージカードに

もし0歳児の赤ちゃんと一緒に母の日のプレゼントを制作するなら、まだハサミなどが上手く使えない点を考えて、紙にシールをペタペタと貼ってもらうのもおすすめです。

シールなら赤ちゃんも楽しんで貼れるので、それを元にパパさんがメッセージカードとして仕上げをすれば簡単に作れます。

色々なところにペタペタシールが貼られていれば、0歳児の赤ちゃんが手伝った証拠にもなるので、ママさんもにんまりですね。^^

制作例③手形で作るメダル

0歳児は足形も可愛いですが、同じくらい手形も可愛いので、記念にも残るメダル作りもおすすめです。

赤ちゃんがまだ小さいときには、シールを貼るのもちょっと大変かなと言うときもあります。

0歳児と言っても、1歳に近い赤ちゃんもいれば、まだ3か月などの可能性もありますよね。

なので、絵具で赤ちゃんの手形を取って、それをパパさんがメダルとして制作してみてください。

赤ちゃんが大きくなったときに「こんなに小さい手だったんだよ?」みたいに、素敵な思い出になりますね。^^

制作例④赤ちゃんが握った形でマグネット

石膏などにママさんの好きな色の絵の具で着色し、風船に流し込んだものを赤ちゃんに握らせて型を作ったら、風船を割り、マグネットを貼り付けるのも素敵ですね。

赤ちゃんが握った形がとても可愛らしく、世界に1つだけのマグネットが制作できます。

ママさんも料理をするたびに、冷蔵庫などにマグネットが貼られていれば、思わずにんまりしてしまいそうです。

赤ちゃんも風船を握るだけなので、絵具がつくのを嫌がる赤ちゃんにもおすすめです。

制作例⑤粉ミルクの空き缶で小物入れ

粉ミルクの空き缶を利用しての小物入れなどの制作も素敵ですね!

0歳児の赤ちゃんには、床に敷いたシートの上に絵具を散らせたものの上で、空き缶を転がす役割をしてもらいましょう。

自然にできるデザインなので、こちらもオリジナルの宝物となりそうです。

小物入れは使い道も多いので、ママさんにもきっと喜ばれますね!^^

0歳児と制作するときに気をつけたいポイント

母の日のプレゼントを0歳児と制作するなら、やはり気になるのが安全面です。

パパが手伝うにしても、以下のポイントに気をつけて、可愛いわが子との交流を楽しんでみてください!

ポイント①細かいパーツには注意

0歳児は、小さいものだと口に入れたりするので、誤って飲み込まないように注意してみてください。

また、細かいパーツを触った手や指をなめることもあるので、衛生面でも注意が必要です。

上記の制作例でも絵具を使うことが多いですが、絵具が手についたのをなめると赤ちゃんにもよくありません。

なので、0歳児の赤ちゃんは手に取ったものを口に入れる可能性があることを忘れないでください。

ポイント②赤ちゃんが嫌がらない作業を

せっかく赤ちゃんとパパが共同作業をして母の日のプレゼントを制作するわけですから、赤ちゃんが楽しみながら作れる方が楽しいですよね。

なので、普段赤ちゃんが楽しそうにしている遊びを制作に取り入れるのもポイントです。

たとえば、ペタペタシールを貼るのが楽しいならシールを貼ってもらう、物を転がすのが好きなら空き缶を絵具の上で転がしてもらうなどです。

もし手形や足形を取るときにも、赤ちゃんが嫌がるようでは意味がないので、無理にパパさんがやらせるのではなく、赤ちゃんが自主的にお手伝いをしてくれるような作業にしてください。

0歳児との共同作業で楽しく!

それでは、母の日におすすめの0歳児とパパさんが共同で作れる制作例、また注意したいポイントなどご紹介してみました。

赤ちゃんが制作を手伝ってくれたとなれば、ママさんにはどんなものでも嬉しいでしょう。

世界に1つだけのプレゼントをぜひ作ってみて、素敵な母の日を演出してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント