食べてすぐ寝ると牛になるは本当?実際には悪いことばかりではない! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

食べてすぐ寝ると牛になるは本当?実際には悪いことばかりではない!

食べてすぐ寝ると牛になるは本当? 雑学・地域

昔から、食べてすぐ寝ると牛になるよ?って言われてたけど…。

これって科学的には正しいのかな?

昔の格言は何かの戒めが多いけど、医学的には正しいらしいわ。

今回は、食べてすぐ寝ると牛になるは本当なのかを紹介するわね!

「食べてすぐ寝ると、牛になるよ!」と親や祖父母に言われたことがある人も多いと思います。

「食後すぐに横になるのは行儀が悪い」という意味で「牛になる」と言われるようになったという説もありますが、「太ってしまう」「消化が悪くなる」と健康面でよくないと考えている人もいるでしょう。

では、医学的に「食べてすぐ寝ると牛になる」のは本当なのでしょうか?

「食べてすぐ寝ると牛になる」の真実

「食べてすぐ寝ると太る」「消化が悪くなる」という考えは、医学的に正しいです。

本来、食べ物は胃から腸へと移動しながら消化されますが、食後すぐに横になると、胃での停滞時間が長くなり、食道へ逆流することがあります。

このため消化吸収が悪くなります。

小腸から吸収されたブドウ糖は、血液を通じて肝臓に運ばれます。

一部は「血糖」として血液中で使われますが、余分な糖は脂肪として蓄積されます。

食べ過ぎや食後に体を動かさないことが、脂肪の蓄積につながり、太りやすくなります。

さらに、食後すぐに寝てしまうと、胃腸の動きが鈍くなり、消化吸収に悪影響を与えます。

また、寝ている間は基礎代謝しか行われないため、食後の血糖値が上がりやすくなり、脂肪が蓄積されやすくなります。

胃から腸への食べ物の流れ

まず、食後の体内で起こることについて説明します。

食べ物が胃に入ると、胃酸や消化酵素によって分解され、どろどろの状態になります。

その後、胃の動きによって十二指腸に運ばれ、ここまでに約3~5時間かかります。

小腸では消化酵素が食べ物をアミノ酸やブドウ糖に分解し、小腸の表面から吸収して血液中に送ります。

長期的な影響

「食後すぐ横になる」習慣を長期的に続けると、体にさまざまな変化が起こる可能性があります。

例えば、食べ物が食道へ逆流することで、胃液や食べ物が食道に炎症を引き起こし、「逆流性食道炎」になるリスクがあります。

これは食道がんのリスク因子でもあります。

また、脂肪の蓄積は「脂肪肝」につながり、これは肝臓がんのリスク因子でもあります。

さらに、インスリンの効果を弱めるため、糖尿病のリスクも増加します。

内臓脂肪が多い「肥満」も高血圧、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症、痛風、がんなど多くの病気を引き起こします。

動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気のリスクも高まります。

推奨される食後の過ごし方

医学的に推奨される食後の過ごし方としては、食後30分から1時間は横になるのを避けて、静かに座って過ごすのが良いです。

立っていることも可能ですが、食後すぐの運動は胃の血流を妨げ、消化吸収に支障が出るため、激しい動きは避けましょう。

食後すぐ横になるのは悪いことではない?

「食べてすぐ横になると牛になる」という言葉をよく耳にしますが、実際にはそれほど悪いことではありません。

消化のためには、胃や腸に多くの血液が必要です。

また、血液中の栄養分を分解し、肝臓に蓄えるためにも大量の血液が必要です。

しかし、食後すぐに仕事や運動をすると、血液が脳や筋肉に分散されてしまい、消化器系への血流が著しく減少してしまいます。

肝臓に流れ込む血液量は横になっている時が最も多く、立っている時はその70%、歩いたり走ったりすると20~30%まで減ると言われています。

これでは、せっかくの食事の栄養が肝臓に供給されません。

食事直後の運動が良くないと言われるのはこのためです。

食後の過ごし方

食後30分~1時間程度は体をゆったりと休めることが大切です。

ゴロ寝をしたり、ソファや椅子に腰かけても良いでしょう。

ただし、眠ってしまってはいけません。

睡眠状態に入ると胃や腸の働きが低下し、消化不良を起こしやすくなります。

糖尿病で血糖コントロールをしている方は、主治医の指示に従ってください。

血糖は食後20~30分で上昇し始め、1時間程度でピークに達します。

このピークを低く抑えるために、食後10~20分でウォーキングなどの運動を勧める医師もいます。

牛の食後行動と人間の違い

牛は草などのカロリーが低く繊維質の多い餌を大量に食べ、必要なエネルギーを確保するために、長時間かけて餌を噛み砕き消化を良くする必要があります。

このため、反芻(餌を何度も口中と胃の間で往復させて噛み砕く)を行い、消化活動のために横になるのです。

幸い、私たち人間にはこのような必要はなく、食事をするとすぐに全身から消化器に血液が集まり、消化活動が促されます。

横になる必要はありませんが、食後20~30分程度はゆったりと休むと消化器に血液が集まりやすくなり、消化を助けることができます。

食べて横になるのはOKだけど眠るのはダメ! まとめ

「食後だけど、どうしても横になりたい!」というときもあるかもしれません。

その場合は、「体の右側を下にして寝る」ことを試してみてください。

右側を下にすることで、胃から小腸への流れがスムーズになります。

しかし、いすやソファに浅く腰掛ける方が、胃腸の動きを妨げず、おすすめです。

できるだけ真横に寝転がるのではなく、「座る」ことを心がけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!