従来のお札が使えなくなるは嘘?新紙幣発行について日銀が注意喚起! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

従来のお札が使えなくなるは嘘?新紙幣発行について日銀が注意喚起!

従来のお札が使えなくなるは嘘? ネット関連

2024年7月3日から新紙幣が発行されるね。

一部では従来のお札が使えないって言われてるけど、あれは本当?

結論から言えば、使えなくなるとの噂は嘘よ?

今回は、新紙幣発行に関わる問題や注意点など紹介するわ!

2024年7月3日から新しい紙幣が発行されます。

これは偽造防止を目的とした定期的な改刷で、一万円、五千円、千円の3券種が対象です。

新紙幣には最新の偽造防止技術が施されています。

では、現在使われている紙幣はどうなるのでしょうか?

旧紙幣の取り扱いについて

日本銀行は新紙幣の発行に伴い、「従来の紙幣は新しい紙幣が発行された後も引き続き使用できる」と発表しています。

これにより、旧紙幣を新紙幣に交換する必要はありません。

新紙幣は発行開始日以降、日本銀行から金融機関に供給され、金融機関の窓口やATMなどで順次入手できるようになります。

また、日本銀行は汚損や損傷した紙幣の交換は行っていますが、単純な新紙幣への交換は行わないと説明しています。

新紙幣の特徴

新紙幣の肖像画も一新され、一万円札には実業家の渋沢栄一、五千円札には教育者の津田梅子、千円札には医学者の北里柴三郎が描かれます。

新たな偽造防止技術として、お札を傾けるとピンク色になる箇所や、紫外線を当てると発光する部分が含まれています。

また、「深凹版印刷」や高精細な「すき入れ」、3Dホログラムが採用されており、見る角度によって肖像が立体的に見える仕組みが組み込まれています。

旧紙幣の使用について

現在流通している紙幣は新紙幣発行後も引き続き使用できます。

これまで発行された旧紙幣にも使用期限は設定されていません。

実際に使用可能な紙幣は22種類で、夏目漱石や伊藤博文、聖徳太子が描かれた旧千円札もそのまま使用できます。

ただし、古い紙幣は自動販売機やレジで受け取ってもらえない場合があります。

このような場合は、銀行で新しい紙幣に交換することが可能です。

また、一部の旧紙幣には希少価値があり、額面以上の価値がつくこともあるため、専門業者に鑑定してもらうのも良いでしょう。

新しい紙幣の導入に際しても、旧紙幣の価値が変わることはありません。

新旧どちらの紙幣も安心して使用できます。

新紙幣登場に伴う無人レジ・セルフレジの変化

2024年に新しい紙幣が発行されることに伴い、無人レジやセルフレジにも変化が予想されます。

これらの自動決済システムは、新紙幣に迅速に対応する必要があり、利用者にスムーズで便利な支払い体験を提供することが求められます。

新紙幣対応のアップデート

新紙幣に対応するために、無人レジやセルフレジのシステムアップデートやハードウェアの変更が必要になるでしょう。

これにより、新しい紙幣を使用する際のエラーや混乱が最小限に抑えられます。

利用者への情報提供

新紙幣の発行に伴い、利用者にわかりやすい情報提供が重要です。

無人レジやセルフレジで新紙幣の取り扱い方法や注意事項を案内することで、利用者は円滑に新紙幣を利用できます。

通知機能の強化

無人レジやセルフレジには、新紙幣導入に関する通知機能の強化が望まれます。

アプリやディスプレイを通じて新紙幣の発行情報や対応状況をリアルタイムで利用者に伝えることで、不安や疑問が解消されやすくなります。

旧紙幣の法的通用力

新紙幣が発行されても、旧紙幣は引き続き使用可能です。

日本銀行法により「日本銀行が発行する銀行券は法貨として無制限に通用する」と規定されているため、旧紙幣の法的な通用力は保障されています。

市場への影響と旧紙幣の価値

新紙幣導入によって旧紙幣が価値を失うことはありません。

旧紙幣は通常通り銀行での取引や支払いに使用でき、市場での取引も安定するため、通貨の安定性が維持されます。

新旧紙幣の併用期間と対応

新旧紙幣の併用期間中は、無人レジやセルフレジのスムーズな運用が求められます。

2024年に発行される新紙幣に対応しつつ、旧紙幣も引き続き使用可能にすることで、消費者の利便性が確保されます。

ただし、一部の機械では旧紙幣が使用できない場合もあるため、注意が必要です。

無人レジやセルフレジは、利用者に違和感を与えないよう、迅速なサービス提供が求められます。

法令順守のもとで新旧紙幣に対応し、消費者と小売業者双方が円滑に新しい通貨制度に適応できるよう、十分な情報提供やトレーニングが必要です。

これにより、利用者は安心して新旧紙幣を使用し、スムーズな移行が実現します。

新旧紙幣も変わらず利用可能 まとめ

「銀行券の記番号順に支払う対応は行っていないため、新券発行開始日に日本銀行に来店しても、特定の記番号の銀行券を入手することはできません」と注意が呼びかけられています。

また、日本銀行券や貨幣を故意に汚したり損傷させたりすると、引き換えが拒否される場合があり、法令により罰せられる可能性もあるとのことです。

最後までお読みいただきありがとうございました!