ガードレールに車をぶつけたら?事故後の報告義務と点数を解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

ガードレールに車をぶつけたら?事故後の報告義務と点数を解説!

ガードレールに車をぶつけたら? 雑学・地域

ガードレールに車をぶつけたら、怪我とかなくても警察に報告すべきかな?

誰も見ていないからって放置はダメだよね?

ガードレールにぶつけたら、どんな状況でも警察に報告をした方がいいわ。

今回は、ガードレールに車をぶつけた場合、まず何をすべきかを紹介するわね!

もし自動車がガードレールに接触し事故を引き起こした場合、多くの疑問や不安が心をよぎるかもしれません。

「ガードレールの修理費用はどうなるの?」

「軽い擦り傷であれば、警察に連絡する必要はあるのか?」

この記事では、ガードレールへの衝突後に取るべきステップや、違法行為の点数、補償の詳細などについて説明します。

ガードレールに車をぶつけたら?

たとえ小さな損傷であっても、事故は警察に報告すべきです。

道路標識やガードレールに見られる多数の擦り傷は、以前に車両が触れた痕跡です。

自己損害による事故を起こした場合、どの程度の事故であれ警察に報告する必要があるのか疑問に思うかもしれません。

事故の規模にかかわらず、接触が微小であっても警察に報告する義務が法律で定められています。

道路交通法では、事故が起きた場合、警察官が現場にいない場合は直ちに最寄りの警察署へ事故の詳細を報告することが義務付けられています。

報告を怠ると、逃げたと見なされ、違反点数の加算や免許停止、さらには刑事罰の対象となる可能性があります。

物的損害が生じた場合、その補償も必要になります。

ガードレールの修理費用は長さによって異なり、概算で数万円が目安ですが、電柱など他の公共物にもよって費用は大きく変わります。

ガードレールにぶつけた後にすべきこと

  1. 事故後はまず、怪我人の救助と周囲の安全確保を行います。自身が怪我をしている場合は、無理せず救助を待ち、適切な治療を受けましょう。特に高速道路での事故では、二次事故の防止に注意が必要です。
  2. 警察への連絡は、道路交通法により義務付けられています。事故証明書は、保険金請求や損害賠償の際に必要となります。
  3. 事故が発生したら、速やかに保険会社に連絡してください。連絡を怠ると、保険の利用ができなくなる可能性があります。
  4. ガードレールの所有者にも連絡をします。所有者は道路の管理者であり、連絡先はインターネットで調べることができます。
  5. ガードレールの修理費用は、壊した本人が負担することが法律で定められています。修理費用はガードレールの規格や長さによって異なりますが、高額になることもあります。

事故による物的損害に対しては、任意保険の対物賠償保険が適用される場合がありますが、自己の車両修理費用は対象外です。車両保険の加入状況も確認しましょう。

ガードレール衝突による個別補償ケース解説

運転中の不注意によりガードレールに衝突する自己事故は、他の当事者が関与しない単独事故として扱われます。

この種の事故では、物理的なダメージだけでなく、運転手自身の怪我も、大部分が個人の責任となります。

ただし、適切な自動車保険に加入していれば、補償の範囲内で保険金が支払われます。

保険内容やカバー範囲は個々の契約により異なるため、契約の詳細や補償範囲を事前に確認しておくことが重要です。

特に、車両保険の使用によって保険料が増額する可能性があるため、補償金額と将来の保険料を比較検討して、利用を決定することが望ましいです。

事故直後は痛みを感じないこともありますが、後になってから痛みが現れることもあるため、事故直後には痛みがなくても医療機関を受診することが推奨されます。

時間が経過した後では、事故が原因であるとの証明が難しくなり、保険の利用が認められない可能性があります。

他の車に追突されてガードレールに衝突し怪我をした場合

追突された影響でガードレールに衝突する場合があります。

このような状況では、追突してきた車両に対して損害賠償を請求できるため、ガードレールの修繕費用についても請求が可能です。

停車中に追突された場合、基本的には被害者に過失はないと見なされます。

この状況を「もらい事故」と称し、被害者側に過失がない場合、保険会社が代理で交渉を行うサービスは利用できないため、必要に応じて法律の専門家に相談することが推奨されます。

玉突き事故の場合

複数の車両が関与する玉突き事故では、通常、最初に追突された車両には過失がないとされます。

このような事故でガードレールに衝突し怪我をした場合、最も後方にいた車両に対して損害賠償を請求できます。

しかし、先行車が不必要な急ブレーキをかけた結果として玉突き事故が発生した場合は、先行車にも一定の過失が認められることがあります。

事故の詳細な状況や追突の順番、原因などによって、過失の割合が異なるため、具体的な事例に関する情報を得るために関連する記事の確認や専門家への相談が有益です。

ガードレール衝突時の一般的な質問への回答

Q
ガードレールに衝突した場合、違反点数は発生するか?
A

ガードレールのみが損傷を受けた物損事故では、基本的に違反点数の加算はありません。

この条件は、事故を警察に適切に報告し、過速度運転や不注意運転など他の違反が伴っていない場合に限ります。

適切な運転を心がけていれば、違反点数の心配や罰金、その他の罰則を受けることは通常ありません。

「誰も目撃していないから大丈夫」という考えは避け、事故が発生したら速やかに警察へ報告すべきです。

Q
ガードレール衝突を警察に報告しなかった場合はどうなる?
A

ガードレール衝突事故を警察に報告しない場合、「報告義務違反」に該当し、「危険防止措置義務違反」としても扱われます。

報告を怠った場合、合計で7点の違反点数(安全運転義務違反2点+当て逃げ5点)が加算され、過去の違反履歴に応じて30日から90日の運転免許停止、または1年の免許取り消しの行政処分の対象となります。

さらに、危険防止措置義務違反で「1年以下の懲役または10万円以下の罰金」、報告義務違反で「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」の刑事罰を受ける可能性があります。

事故を報告することで、これらの処分を避けることができます。

Q
自賠責保険だけでガードレールの修理費用はカバーできるか?
A

自賠責保険は、他人が負傷した場合に適用される対人賠償保険であり、ガードレールの修理費用をカバーする目的ではありません。

自動車を所有する上で自賠責保険の加入は義務ですが、これだけで事故に関する全ての費用が賄えるわけではありません。

物損事故は自賠責保険の範囲外であるため、個人の負担や任意保険の利用が必要になります。

ガードレールに車をぶつけたらまず警察に連絡 まとめ

ガードレールに衝突した際には、警察や保険会社への連絡が重要です。

警察への報告を怠ると、報告義務違反に問われる可能性がありますので、事故発生時は必ず警察に報告してください。

ガードレール損傷時には、対物賠償保険など任意保険が対応可能です。

保険の適用範囲を事前に把握し、適切な保険に加入しておくことで、万一の事態に備えることが推奨されます。

最後までお読みいただきありがとうございました!