ふるさと納税を自分の自治体で行うデメリット !損をする? | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

ふるさと納税を自分の自治体で行うデメリット !損をする?

ふるさと納税を自分の自治体でするデメリットふるさと納税

ふるさと納税を自分の自治体にするデメリットは…

やっぱり返礼品がもらえないことかな?

返礼品がもらえないのは大きなデメリットよね。

今回は、ふるさと納税を自分の自治体にするのは損なのかなど紹介するわ!

ふるさと納税は、贈り物を受け取りつつ税額を減らすことができる魅力的な制度です。

多くの人が故郷や地域社会への寄与を望んでいます。

今回は、自分が居住する自治体にふるさと納税をすることの可否と、地元選択時のメリットとデメリットについて説明します!

ふるさと納税を自分の自治体で行うデメリット

ふるさと納税を利用する際には、必ずしも節税になるわけではなく、確定申告などの手続きが必要になる場合があるなど、いくつかの注意点があります。

ここでは、寄付者の視点から見たふるさと納税の可能なデメリットについて説明します。

ふるさと納税で実際に税金が減るわけではない

一般的にふるさと納税と聞くと税金が減る印象を受けますが、実際には支払う税金の総額が減少するわけではありません。

この制度は、寄付をすることで翌年の税金から一定額が控除されるもので、事実上の前払いと捉えることができます。

確定申告や手続きが必要

税控除を受けるためには、寄付後に確定申告を行うか、ワンストップ特例制度の申請を行う必要があります。

ただし、どちらの方法も手間がかかります。

ワンストップ特例制度の方が手軽ではありますが、寄付者にとってはどちらにせよ手続きが必要になります。

自己負担が発生する

どのような状況でも、ふるさと納税では最低2,000円の自己負担が発生します。

返礼品を選ぶ際には、この自己負担と控除額のバランスを考えながら、寄付する自治体を選ぶ必要があります。

自治体側から見たデメリット

自治体にとっては、ふるさと納税によって住民税の一部が控除され、結果として税収が減少する可能性があります。

税収の減少は、住民サービスの資金不足につながり、サービスの質の低下に繋がる恐れがあります。

特に都市部では税収の減少が問題となっており、多くの自治体がふるさと納税の返礼品に力を入れて寄付者を増やす努力をしています。

自居住の自治体へふるさと納税をするメリットは限定的

自分が居住する自治体へのふるさと納税は可能ですが、返礼品の提供は受けられません。

ふるさと納税の大きな利点は、実質的な負担を低く抑えつつ特典を得られる点ですが、地元の自治体への寄付ではこれを享受することはできません。

地元への寄付は結局のところ、手間とコストのみが発生し、節税の恩恵はほとんど得られません。

寄付金額に対する控除や還付は、寄付額を超えて実施されないため、地元へのふるさと納税は財政的なメリットを期待する動機にはなり得ません。

加えて、最低でも2,000円の自己負担が必要であり、そのために制度を利用する実質的なメリットはほとんどありません。

自分の自治体でふるさと納税をするメリット

自分が居住する自治体にふるさと納税をする場合、そのメリットは何かというと、寄付先の明確化が挙げられます。

普段の税金の納付では明確でない資金の流れを、ふるさと納税を通じて自分が望む地域の具体的なプロジェクトに向けることができる点が、そのメリットです。

例えば、地域の子育てや文化振興、動物保護など、自分が支援したい目的を選んで資金を提供できます。

住んでいる市区町村が違えばOK

自分が居住する都道府県内であっても、住んでいる市区町村が異なれば返礼品の受け取りは可能です。

例えば兵庫県内であれば、神戸市以外の市区町村に寄付をすれば返礼品がもらえます。

明石市や姫路市など、他の自治体を選択することで、地域への寄付と返礼品の受取の両方を実現することができます。

ふるさと納税を行う上での注意点

ふるさと納税を利用する際には、いくつかの重要な点を留意する必要があります。

このセクションでは、寄付者が意識すべきポイントを説明し、ふるさと納税を行う前に十分な検討をすることを勧めます。

低年収者は控除恩恵が少ない 年収が200万円以下の人は、ふるさと納税による税控除の恩恵を受けにくいので注意が必要です。

控除の上限は収入や家族構成など多くの要素によって決定され、場合によっては控除の利益を享受できないこともあります。

事前に限度額を確認しておくことが肝心です。

手続きには2つの選択肢がある

ふるさと納税の税控除を適用するためには、ワンストップ特例申請か確定申告が必要になります。

ワンストップ特例は手続きが比較的簡単ですが、寄付先が複数ある場合や特定の職業の場合は確定申告が必要になることがあります。

控除上限を超えると自己負担が生じる 寄付額から基本的に2,000円を自己負担とし、残額が税金から控除される仕組みですが、控除には上限があります。

この上限を超えた分は自費を負担する必要があり、上限額は収入や家族構成によって異なります。

シミュレーションを通して、事前に控除限度額を把握しておくことが重要です。

控除適用は翌年になる

ふるさと納税での税控除は、寄付した翌年度に適用されます。

そのため、寄付から控除までにはタイムラグがあることを理解し、資金繰りに不安がある場合は慎重に考えてから寄付することが望ましいです。

ふるさと納税は自分の自治体以外がおすすめ まとめ

ふるさと納税は、選んだ自治体へ金銭的な支援を行い、その見返りとして地域特有の商品やサービスを受け取れるシステムです。

この制度を利用すると、2,000円を超える寄付金額に対して税金の控除が受けられます。

返礼品のラインナップには、その地域特有のお米や海の幸、肉類などが含まれており、地元でしか味わえない商品や日常では手を出しにくいアイテムも見つかるでしょう。

寄付された資金は、その自治体の様々なプロジェクトに役立てられます。

ふるさと納税を使って、選んだ自治体の発展に貢献しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!