エアコンを寝る時につけるのは良い?悪い?最適な温度が26度と言われる理由など解説!

エアコンは寝る時にどうする? 季節の悩み

エアコンは寝冷えするって言われるけど…

 

今年は北海道も夏が暑いしさ。

エアコンがあったら天国だと思うんだけど、寝る時ってやっぱり消すのが正しいのかな?

私も知らなかったから、調べてみたの!

どうやら、26度が最適らしいわ。

それじゃ、今回はエアコンを寝る時につけていいのかや設定温度の目安を紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
我が家にはエアコンがないので、毎日扇風機でしのいでいますが、そのせいか、エアコンが効いたスーパーに行くと天国に感じます。

でもエアコンって、寝る時にはやっぱり消すべきなんでしょうか?
今回は、我が家にエアコンがあることを想定して、寝る時の設定温度などご紹介しますね!^^

寝る時のエアコンはOK?それともNG?

結論から先に言いますと、寝る時のエアコンはOKです。
むしろつけないで寝ると、熱中症の危険性が高まるのでつけるのが正解かもしれません。

なぜエアコンが熱中症対策になるかといえば、熱中症は体温の調節がうまくいかない症状なので、実は夜間が一番発生しやすいんだそうです!

暑いのを我慢して寝ている間に熱中症にかかるくらいなら、エアコンを適切な温度まで下げて寝た方が体にも良いんですね。

また身体の仕組み上、就寝時に体温が下がることで熟睡できるようになっています。
なので、気温が高すぎる状態では眠れなくなり、不眠の状態が続いてしまうんです。

つまり、寝る時はむしろエアコンはつけて寝ましょう!

ただ、エアコンだと電気代が気になるところですよね?

でも、安心してください。
エアコンは自動運転なので、部屋の室温が極端に上下しない限りはほとんど電気を食わないんです。

もし暑さで早く起きてしまう場合なども、タイマーをあえて設定せずにつけっぱなしにしておくのもアリです。

ただ、湿度が50%以下になると、眠りも浅くなってしまうので、室温だけでなく湿度にも気を配りましょう。

とはいえ、日本の夏はじめじめしていますから、夏場は逆に除湿機の出番です。
一応の湿度の目安として、50~60%以上の湿度になるように気をつけてみてくださいね。

寝る時に一番よい設定温度は?

エアコンは寝る時にはつけるべき!と書きましたが、それでは「最適な室温っていったい何度だろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

実は、エアコンの設定温度も就寝に関係しています。

ずばり、寝る時のエアコンの設定温度は26度がベストです!
地域差もありますが、あまりにも外気温と差があると、体がそれだけで疲弊してしまいます。

なので、暑い日であっても、26度以下には下げないのがポイントです。

寝る1時間前に、エアコンを26度に設定して、室内をある程度冷やすのが先決で、その後寝る時にはエアコンを28度に設定し直しましょう。

またこれも注意点の1つなのですが、エアコンの風が直接体に当たるのはよくないです。
なので、風を直接当てないようにして、翌日に体調が悪くなる、しんどくなるなども防いでみてください。

エアコンの設定温度のおさらいですが、寝る1時間前に26度に設定し、寝る時には28度に設定が一番熟睡できます。

ぜひ、設定温度を考えながら、エアコンを上手に活用してみてくださいね。

エアコンのおやすみ機能も活用しよう!

エアコンの中には、おやすみモードが搭載されているモデルがあるんですが、こちらの設定があれば、寝ている間に上向きに風を送るので、体に風が当たることもありません。

涼しくしながら、熟睡モードに入れるので、ぜひ利用してみてください!

またおやすみモードがついていれば、寝ている間に室温が下がりすぎるのを防ぐ効果もあり、一定の温度になるとスリープモードに入ってくれます。

エアコンのおやすみモードは大変便利なので、ぜひついたエアコンを夏場に使って、暑さを乗り切ってみてください。^^

エアコンで暑苦しい夏を乗り切ろう!

それでは、エアコンを寝る時につけてもよいのかどうかや最適な設定温度など、ご紹介してみました。

我が家にはエアコンがないので、扇風機で乗り切っていますが、エアコンが必須の地域では、やっぱり寝る時にはつけた方がいいみたいです。

熱中症の可能性もあるので、エアコンがあるなら、ぜひ活用して、熱帯夜も乗り切ってくださいね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました