メルカリで無期限利用停止されたら?意外と知らない著作権侵害など解説!

メルカリで無期限利用停止されたら?メルカリ関連

メルカリで無期限利用停止されるとどうなるんだろ?

特に違反行為をした覚えがない人もいるみらいだし…

意外と多い違反行為が著作権侵害らしいわ。

今回は、メルカリで無期限利用停止されるとどうなるのかなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メルカリで無期限利用停止をされる方も多いですが、中には理由がわからなくて違反行為を繰り返してしまう方も同じように多いみたいです。

今回は、メルカリで無期限利用停止になると何が出来なくなるのかや、利用停止になる原因などご紹介します!

メルカリで無期限利用停止されるとどうなる?

メルカリで無期限利用停止されるとどうなる?

メルカリで無期限利用停止されるというのは、簡単に言えば、二度とメルカリのサービスを利用できなくなることを指します。

ネット上では、よく「垢バン」や「アカウントBAN」などと呼ばれますが、無期限の利用制限や強制退会、アカウント凍結と同じ意味だと思ってください。

もしメルカリで無期限利用停止をされれば、購入はもちろん、出品もできなくなりますし、いいねやコメントの書き込みなど、メルカリサービスの一切を受けられなくなる重いペナルティです。

無期限利用停止をされた場合でも、取引中の商品があるケースではその商品だけ取引できる可能性も残っていますが、大抵の場合は取引中の商品もキャンセル扱いになります。

無期限利用停止は重いペナルティ

メルカリの無期限利用停止には予告が一切なく、急にアカウントが停止されるのでびっくりされる方も多いでしょう。

先程無期限利用停止と強制退会は同じような意味と書きましたが、厳密にいえば、無期限利用停止の中でも最も重いペナルティが強制退会になります。

悪質な行為を繰り返せば、強制退会になり、売上金すら受け取れない状態になるので、まず無期限利用停止の段階で適切に対処しないといけません。

また、無期限利用停止された場合、復活はまずできません。
(できるケースは稀なので、できないと思った方がいいです。)

メルカリでは二度とサービスを利用できなくなるので、アカウントも1人に1個までと考えれば、後は別のフリマアプリなどを探すしかなくなるでしょう。

無期限利用停止にならないための対策

無期限利用停止にならないための対策

メルカリで無期限利用停止にならないようにするためにも、どんな行為が違反に当たるのかを知っておく必要があります。

以下に、無期限利用停止に繫がる違反行為とその対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①著作権侵害に注意

メルカリで多い違反行為と言えば、著作権侵害に関するものです。

とくに、最近はハンドメイドの商品を出品するにあたり、キャラクターなどがプリントされた生地などを使ってしまうと、デザイナーや販売元に著作権があるので、著作権侵害となってしまいます。

キャラクターグッズなどは著作権侵害とわかりやすいですが、手作りの作品であっても、その材料が「商用使用」や「二次利用」が可能な商品なのかをチェックしてください。

メルカリの事務局からわからなかったとしても、その商品を見たハンドメイドの同業者から通報される可能性は否定できません。

中には、他の方も出品しているからと安心する方もいらっしゃいますが、たまたま、まだバレていないだけで、キャラクターものなどの出品は禁止物に該当します。

②短期間の大量出品に注意

個人ではあまりあり得ない話ですが、短期間に大量の商品を出品した場合、業者が利用しているとみなされ、無期限利用停止にされるケースもあります。

実際にどの程度で無期限利用停止になるのかを確認した方によれば、1日に60品以上の商品を出品するとアカウントがBANするそうです。

もちろん、59個までOKと言う話ではなく、常識の範囲で、個人ではありえないはずの大量出品は避けるようにしてください。

もし、大量の不良品が出て処分に困った時でも、少しずつ出すようにして、出品と出品の間隔は空けるのがおすすめです。

また、コロナの影響で衛生用品(マスクなど)も出品できないようなので、大量に出品しなくても無期限利用停止になる可能性があり、出品物の管理には気を使ってください。

③無在庫の販売に注意

メルカリでは、メルカリガイドの「禁止されている出品物」の中に「手元にないもの」と書かれています。

これは、在庫がない商品を出品するのは禁止ですよ。との意味があり、たとえば、購入申請があってから、他の店舗で商品を購入し、購入者の住所に送る行為などは違反ということです。

中には、無在庫でなくても、Amazonの箱を流用しただけでも、無在庫出品としてアカウント凍結になった方もいらっしゃいます。

ただ、自宅に在庫がなくても別途倉庫や物置などに商品があれば、これはセーフです。

もし、無在庫の商品と見られたくないなら、空き箱を使う時にも、他のネットショップの店名などが入った箱は使わない方がいいでしょう。

メルカリでアカウントが利用制限されたら返金はある?

メルカリでアカウントが利用制限されたら返金はある?

メルカリで、利用規約違反などの理由により、無期限の利用制限を受ける場合がありますが、メルカリ内に残ったお金はどうなるかですが、以下のようにガイドに書かれています。

お客さまが売上金、メルペイ残高または有償ポイントを保有している場合、売上金およびメルペイ残高については返金、有償ポイントについては払い戻しをいたします。
※法令に違反する場合またはその恐れがある場合を除きます。

払い戻しされた売上金およびメルペイ残高を現金として受け取るには、ご自身で振込申請のお手続きが必要となりますので、ご注意ください。

引用元:メルカリガイド

このように書かれており、よっぽど悪質な違反でなければ、返金の可能性があるということです。

また、こちらも書かれていますが、現金化するには振込申請が必要な点にも注意してみてください。

メルカリで無期限利用停止されないために

それでは、メルカリで無期限利用停止処分を受けた時にはどんなことが禁止されてしまうのかや、無期限利用停止にならないための対策などご紹介してみました。

メルカリで無期限利用停止を受けた方の多くは、著作権侵害に該当する商品を出品してしまったときです。

無期限利用停止は予告なく訪れるので、え?私が?と思うかもしれませんが、利用停止には必ず理由があります。

他の人もやってるから平気などの考えで利用するのは危険なので、たまたまバレてない人を参考にするのは危険です。

まずは、自分の出品物がメルカリで禁止されていないかを確認の上で、アカウントがBANしないように気を付けてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!