メルカリで大量の検索ワードやハッシュタグは禁止?規約違反の理由を解説!

メルカリで大量の検索ワード羅列は違反メルカリ関連

メルカリでよく検索ワードやハッシュタグを大量に入れてる人がいるよね?

あれって、規約違反に当たるのかな?

無関係なハッシュタグは違反の可能性が高いみたいね。

今回は、メルカリでの大量の検索ワードやハッシュタグは違反になるのかなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メルカリでは、検索ワードやハッシュタグを入れ過ぎると規約違反になる可能性が高いらしいですね。

今回は、メルカリで規約違反になる対象などご紹介します!

メルカリで大量の検索ワード羅列は違反?

まず、結論から言うと、メルカリで大量の検索ワードや無関係のハッシュタグを大量につけるのは規約違反に当たります。

メルカリでは、出品商品と無関係なタグ付けや検索ワードの羅列は禁止行為に当たるので、見つかった場合は、商品削除、利用制限の対象になるからです。

メルカリのガイドを見てみると、以下のように書かれており、立派な規約違反なんですね。

  • 虚偽の商品説明
  • 虚偽のブランド設定・カテゴリ設定・商品状態設定
  • その他、事務局が不適切と判断したもの

引用元:メルカリガイド

ハッシュタグや検索ワードの違反例

具体的にどのような商品が違反になるかですが、たとえば、ノーブランドの商品に対して、ハイブランドのタグを付ける行為や、デニムの出品なのに「Tシャツ」「ワンピース」「スカート」などの出品商品と無関係のワードを付ける行為も禁止されています。

もっと具体的な例を挙げれば、ドラミちゃんのぬいぐるみを出品した時、ドラミちゃんと検索ワードやハッシュタグに入れるのは問題ありませんが、同じ登場人物の「のび太君」などといれるのはNGです。

関連しているようにも見えますが、ドラミちゃんは固有名詞であるため、ほかのキャラクターなどのタグは禁止行為に当たるんですね。

ブランド名の羅列はペナルティを受ける可能性が高い

メルカリで多い検索ワードの羅列には、例えば、ブランド名の羅列があります。

検索ワードを羅列することで、検索上位に表示したい気持ちはわかりますが、プラダの鞄なのに、無関係のブランド名を入れるのも違反行為です。

ブランド名はアクセスが集まりやすいですが、プラダの鞄なのに、グッチやルイヴィトン、シャネルなどのブランド名は無関係なので、羅列は禁止されています。

このようなブランド羅列の行為は、ネットではよくスパムと言われていますが、検索タグの付け方でも同じなので、商品の露出をしたいからと、無関係のワードやタグを羅列するのはやめましょう。

違反すると、最初は商品削除で済んでも、繰り返せば利用制限がかかり、最悪の場合はアカウント停止の措置が取られる可能性も否定できません。

検索ワードの羅列は、商品を探している方にとっても大迷惑ですので、自分のためにも購入者のためにも無関係のワードやタグを入れないようにするのが大切です。

メルカリで安全に検索されるための方法

メルカリで無関係なキーワードの羅列は、利用制限や商品削除のペナルティが課されると書きましたが、では、どうやって検索されるようにするかですが、その方法とは、商品の説明に関連キーワードを入れることです。

たとえば、パーカーを出品する時に、商品説明で「こちらのパーカーは、チノパンやデニムジーンズとの相性がよく、春秋をメインにコーディネイトができ、着回しも楽なので、大活躍すると思います。」などのように書きます。

こちらの文章には「パーカー」「チノパン」「デニム」「春秋」「コーディネイト」「着回し」の6つのキーワードが自然と盛り込まれているのが特徴です。

関連性がないと思える単語であっても、うまく文章を組み立てれば、ハッシュタグや検索ワードの羅列なしでも、ちゃんと検索してもらえるんですね。

説明文をうまく書けば、規約違反にもならずに商品を検索してもらえるので、キーワードを自然に説明文に含めるというのはぜひやってみてください。

無関係のキーワード羅列はやめよう!

それでは、メルカリで大量の検索ワードやハッシュタグを入れると規約違反になるのかどうかや、具体的な違反例、キーワードの羅列なしに検索してもらえる方法などご紹介してみました。

メルカリに限らず、無関係のキーワードの羅列行為はスパム行為なので禁止されることが多いです。

スパム行為は購入者にとっても迷惑な行為ですし、繰り返せば、メルカリからのペナルティが課される可能性もあります。

もしメルカリを利用するなら、まずガイドに目を通し、違反に当たらないかも確認してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント