メルカリで売れた後に値下げは禁止?値下げ交渉が来たときの対処法なども解説!

メル会で売れた後に値下げ交渉するのは違反行為メルカリ関連

メルカリで売れた後に値下げ交渉が来たんだけど…

これって、禁止行為に当たるのかな?

少なくても、メルカリでは禁止されてる行為よ?

今回は、メルカリで売れた後に値下げ交渉は可能なのかなど紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メルカリでは値下げ交渉がありますが、売れた後に値下げ交渉が来て困ったことはありませんか?

今回は、メルカリで売れた後に値下げ交渉が来た場合の対処法などご紹介します!

メルカリで売れた後の値下げ交渉は禁止

まず、メルカリでは売れた後の値下げ交渉は禁止されています。

なぜなら、売れた=取引が始まったとみなされ、購入後の値下げは不可能でもあり迷惑行為にあたるからです。

具体的には、メルカリの禁止行為(迷惑行為)の「購入する意思のない注文またはいたずら目的と見受けられる注文」にあたります。

なので、メルカリで売れた後に値下げ交渉が来ても、相手に「迷惑行為にあたるのでキャンセルはできない」旨を伝えて、それでも相手が引き下がらないようなら、キャンセルしてから相手をブロックしましょう。

売れた後の値下げ交渉への対処法

具体的な対処法として「値下げは購入前にしか出来ません。ご了承下さい。」などのメッセージを送り、相手が聞き入れないようなら、メルカリの事務局に通報してキャンセル、その後にブロックをするのがおすすめです。

商品に不備が見つかったならともかく、単に値下げ交渉だけをしてくるような相手と取引しても、トラブルの元だからです。

メルカリのガイドにも「購入手続き後の商品に対して値引きを持ちかけること」が禁止行為にあるため、出品者が無理に違反行為に応じる必要はありません。

どうしても値下げに応じたい場合の対処法

もし、相手が無理な値下げ交渉(売れた後)をしてきた場合、どうしても値下げした価格で商品を売りたいのであれば、一旦キャンセルしかありません。

具体的には、一旦取引をキャンセルし、購入予定品を値下げして再出品し、再度その購入者に購入してもらうなどの方法もあります。

ただ、この場合購入者都合でキャンセルしたとしても、メルカリ側から出品者都合と判断される可能性もあるので、ペナルティの危険性が高く、同時にリスクも高いです。

また、キャンセルして再出品しても、同じ方が買うとは限らないので、わざわざ危険を冒してまで、相手の違反行為に付き合う必要はありません。

相手をキャンセルする時の注意点

一旦キャンセルして値下げしてから再度出品と言う方法もあると書きましたが、出品者側にペナルティが課される可能性もあります。

相手に伝える時にも、やんわりと「購入前にご相談いただきたかったです。購入者都合でなら、キャンセルさせて頂きますので、ご返信ください」などとして、出品者都合ではなく購入者都合でのキャンセルがおすすめです。

また、キャンセルするときには、必ずコメントを残すようにすると、メルカリからも取引内容が分かるようになるので、後のトラブルに発展した時も、その履歴が証拠になってくれます。

なので、相手が非常識な値下げ交渉(売れた後)をしてきたら、まずコメントを残し、相手が納得しないようなら、取り引きを購入者都合でキャンセル後、相手をブロックしましょう。

取り引き中の価格変更もNG

メルカリでは、売れた後の値下げ交渉のように、すでに取引が始まってからの価格変更はNGとされます。

以下、メルカリガイドからの引用ですが「取引中の商品の価格を変更したい」との項目での注意点などが書かれています。

価格の変更はできませんので、現在の価格で取引をご進行ください。

万一、現在の価格での取引進行が困難な場合は、いったん取引をキャンセルし、変更後の価格であらためて取引する方法をお相手とご相談ください。

キャンセルには取引相手の合意が必要になりますので、必ず事前に取引メッセージでご相談ください。

引用元:メルカリガイド

とあるように、売れた後の値下げ交渉は無理だと思ってください。

もし相手が納得できないとする場合は、メルカリガイドを参考にして「違反行為に当たる」旨を伝えるのがポイントです。

売れた後の値下げ交渉に応じる必要はない

それでは、メルカリで売れた後に値下げ交渉をされた場合の対処法や、もしキャンセルする時の注意点などご紹介してみました。

メルカリで売れた後に値下げ交渉をするのは、迷惑行為=違反行為に当たるので無理に応じる必要はありません。

どうしてもその相手に売りたいのであれば、一旦キャンセルして再出品する方法もありますが、リスクが高いのでおすすめできない方法です。

相手が応じないようなら、商品を購入者都合でキャンセルしてブロックしてしまいましょう。

自分にペナルティが課されないように、キャンセルの時の注意点などもぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント