メルカリで購入した商品のキャンセルはできる?キャンセル方法など解説!

メルカリでキャンセルは可能?メルカリ関連

メルカリでキャンセルしたいんだけど…

やっぱりペナルティとかついちゃうのかな?

ペナルティはある場合とない場合があるみたいね。

今回は、メルカリで購入した商品のキャンセル方法など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メルカリでは、購入者は基本的にはキャンセルができないんですが、中には出品者側に問題があり、キャンセルしたい時もあると思います。

今回は、メルカリで購入者がキャンセルする方法やペナルティの有無などご紹介します!

メルカリで購入者はキャンセルできる?

まず、メルカリでは購入者側からキャンセルは基本できないと思ってください。

一応キャンセルの方法はありますが「出品者と購入者の双方で話し合をして合意された場合、もしくは、取引相手の対応がなく進展が困難である場合だけ」と公式ページにも書かれています。

なので、購入者側には発送日数内に、キャンセル申請ボタンなども表示されません。

購入者がキャンセルできる条件

購入者側がキャンセルできるのは「支払期限が過ぎても支払いがない」「発送時期を過ぎてるのに発送がない」「商品に不備があった」などの正当な理由が必要です。

もし、購入者側で「色が気に入らない」などの理由でキャンセルを求める場合、自己都合と判断されるのでペナルティが付く可能性もあります。

メルカリの利用規約にも、以下のように書かれているので、キャンセルは簡単ではありません。

5. キャンセル及び商品の瑕疵
本サービスの利用にあたり、出品者及び購入者間の合意がある場合を除き、商品の注文後のキャンセルはできないものとします。 商品に瑕疵がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合、梱包の不備により配送時に商品が破損したなどの場合は出品者が責任を負うものとし、出品者の責任及び費用により、返金、商品の返品、修理、交換等の対応を行うものとします。

引用元:メルカリ利用規約より

このようにメルカリでは基本的に、キャンセルできる条件下になるまでキャンセルボタンは表示されないものと思ってください。

メルカリでは、「発送までの日数」を経過した翌日0:00に、取引画面の最下部にキャンセル申請フォームが出るので、「発送までの日数」を過ぎるなどの理由がない限りは、出品者側にお願いするしかありません。

その上で、出品者が拒否したら、もうキャンセルは無理と思ってください。

購入者側がキャンセルした場合のペナルティの有無

メルカリで購入者側がキャンセルする場合、出品者側に問題があれば、とくにペナルティは発生しませんが、理由によってはペナルティも発生します。

以下に、商品のキャンセルでペナルティが発生する場合と発生しない場合を見ていきましょう。

ペナルティが発生するケース

購入者側のキャンセル理由が自己都合の場合、たとえば「商品が気に入らない」「お金が払えない」「買う気がなくなった」などの場合はペナルティが発生します。

メルカリでのペナルティは、「利用制限」「無期限利用停止」「強制退会」の3種類があるので、商品を購入するときにはよくよく考え、簡単にキャンセルしないように注意が必要です。

ちなみに、それぞれのペナルティが課せられるとどうなるのかも見ていきます。

  1. 利用制限:一時的に「いいね」「コメント」「購入」「出品」ができなくなる。
  2. 無期限利用停止:アカウントは残るが、「いいね」「コメント」「購入」「出品」が永久的(無期限)に利用できなくなる。
  3. 強制退会:強制的に退会手続きとなり、売上金も没収される。

ペナルティはいきなり来ることはなく、まず「厳重注意」のメッセージが届くので、メッセージをしっかりと確認し、その後に注意や警告を受けないようにしましょう。

どのペナルティも大きな制限となるので、今後もメルカリを利用し続けたいなら、できるだけペナルティを避けるのが大切です。

ペナルティが発生しないケース

購入者がキャンセルしてもペナルティが発生しないのは、出品側に問題があるケースです。

たとえば、「入金しているのに商品が発送されなかった」「商品に不具合があった」「商品説明の写真が違う」などの場合は、キャンセルしてもペナルティはありません。

購入者側に問題がなく、商品が届かないなどのトラブルが起きた場合は、キャンセルの正当な理由になるのでキャンセルしても大丈夫です。

キャンセルのタイミング

商品を購入者側からキャンセルするのは難しいと書きましたが、タイミングによってもペナルティは違います。

メルカリでは、基本的に購入後や発送後にキャンセルは認められていないからです。

キャンセルできるタイミング

もし、購入者がキャンセルできるタイミングがあるとすれば「代金は払っているけれど、まだ発送がされていない」などの場合です。

「出品者が配送期間を過ぎても商品を発送していない」との理由に該当するので、相手に取引のキャンセルを依頼できます。

ただ、この場合も一方的にキャンセルをするのではなく、理由を説明することと丁寧な対応をするようにしてください。

キャンセルできないタイミング

商品の発送後や到着後では、メルカリの運営に「取引が成立している」と判断されるため、基本的にキャンセルはできません。

ただ、この場合も到着後にキャンセルできることがあり、たとえば、サイズや色が説明と違うなどの場合はキャンセル可能です。

また、このとき、商品の到着後に受取評価をしないことが大切です。

受取評価をしてしまうと、メルカリの運営側で「正常に取引が完了した」とみなされてしまうので、返品手続きができなくなってしまいます。

また、到着後に何度もキャンセルを繰り返すなどすると、上記でご紹介したペナルティが付く可能性もあるので、安易にキャンセルはしないようにしましょう。

商品は安易にキャンセルしないことが大切

それでは、メルカリで購入者がキャンセルはできるのかや、キャンセルの方法、ペナルティの有無などご紹介してみました。

メルカリでは、よっぽどの事情がない限り、キャンセルはできないと利用規約にも書かれています。

もし自己都合でキャンセルを繰り返せば、メルカリからペナルティが課せられ、サービスを利用できなくなるので気をつけてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント