アボカドの表面が紫色でも食べられる?腐っているかどうかの見分け方を解説!

アボカドの表面が紫色雑多な悩み事

アボカドを食べる時期って難しいよね?

完熟じゃないと美味しくないし、置きすぎると黒くなっちゃうし…。

そうなのよ!切ってみないとなかなかわからないのよね!

今回は、アボカドの表面が紫色でも食べられるのか、腐ったときの見分け方など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

アボカドの表面が紫色だった場合、食べられるのだろうか?と不安になることはありませんか?

アボカドは食べ頃が難しいので、見分け方があるなら知りたい所。

今回は、アボカドの表面が紫色だった場合や腐ったアボカドの見分け方などご紹介します!

アボカドの表面が紫色でも食べられる?

アボカドをカットした時、表面が紫色をしていた場合、食べられるのかどうか不安になりますよね?

本来なら緑色っぽくなるのが普通なので、もしかしたら腐っているのでは?と心配になります。

ただ、表面が紫色をしているアボカドは、腐っているのではなく、単純に未熟な状態なだけです。

バナナにたとえると、黄色の皮ではなく緑色の皮をイメージしてみてください。

食べられるが美味しくはない

なので、食べられないことはありませんが、まだ完熟状態ではないので、もしすぐに食べるのでなければ、もう少し冷蔵庫などに置いて、美味しくなるまで待つのも1つの方法です。

もしアボカドが熟しているかどうかを外見で判断するなら、黒っぽい果皮で、指で軽く押すと若干凹むくらいがポイントになります。

ただし、アボカドは皮をむいてしまうと、すぐに傷むこともあるので、まずは果皮の色が黒っぽくなっているか、または皮を押してみて柔らかくなっているかで判断してください。

ちなみに、買う前のアボカドを押すのはNGなので、あくまでも買ってからの確かめ方になります。

アボカドの黒い点や筋は危険なの?

買ったばかりのアボカドを切ってみたら、黒い点や筋がある可能性がありますが、これは傷んでいるわけではないので安心してください。

多少黒い点や筋があったとしても、果肉が黄緑色をしているなら問題なく食べられます。

そもそも、アボカドが黒く変色するのは、ポリフェノールと空気中の酸素が酸化酵素(ポリフェノールオキシターゼ)によって結びつき、褐色に変化するからです。

なので、黒い点や筋がある場合は、種子に栄養素や水分を運ぶ役割のある「維管束(いかんそく)」のみが変色しているせいでもあります。

維管束は果肉に比べると酸化しやすい部分なので、果肉が黄緑色でも黒くなることは多々あるんですね。

黒い色素=メラニン色素は、人間でいうと日焼けのようなものです。

アボカドの黒い筋や点も、日焼けと同じように自然にできるものなので、黒い点や筋が傷んでいるということではありません。

ただ、果肉全体が黒くなっていたり、酸っぱい臭いがすると危険なので、その場合はもったいないと思っても捨ててください。

これは危険!腐ったアボカドの見分け方

アボカドが腐ったかどうかを見分けるには、以下のような方法があります。

切る前の見分け方

  • 果皮を触るとぐちゃっとなり柔らかくなっている
  • 皮に白いカビが見える
  • 皮が真っ黒になっている

切った後の見分け方

  • 果肉全体が真っ黒に変色している
  • 汁が出ている
  • ヘタや種が何もしていないのに、ポロっと外れてしまう
  • ツンとした匂いがあり、食べると酸っぱい

とくに、腐ったアボカドは表面の臭いを嗅いでも、腐敗臭(変な臭い)がするので見分けるのも簡単だと思います。

腐ったアボカドを食べると、腹痛や吐き気などの症状(食中毒)が現れることもあるので、少しでも変に感じたら、食べずに捨てるのがおすすめです。

アボカドは紫色は未熟なだけ!

それでは、アボカドの表面が紫色をしたものは食べられるのかや、腐ったアボカドの見分け方などご紹介してみました。

アボカドは食べ頃の見分け方が難しいですが、ポイントを押さえれば美味しいうちに食べられるので、ぜひ記事を参考にしてみてください。

また、腐ったアボカドは食中毒の危険性があるので、もったいなくても捨てるのがおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント