ブレーキフルードの黒ずみの理由は?劣化の危険性など解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

ブレーキフルードの黒ずみの理由は?劣化の危険性など解説!

ブレーキフルードの黒ずみの理由は? 車関係

ブレーキフルードが黒ずんだんだけど、これって何が理由かな?

交換の合図ってこと?

ブレーキオイルの黒ずみは劣化のサインよ?

今回は、ブレーキフルードの役割や劣化の危険性など紹介するわ!

ブレーキフルード、一般にブレーキオイルとしても知られています。

これはエンジンオイルと同様に、車の適切な運行に不可欠です。

ここでは、ブレーキフルードの機能や特性、劣化のサインの見分け方について詳しく説明します。

ブレーキフルードの重要性と劣化のサイン

ブレーキフルードは新品の時はほぼ無色透明ですが、使い続けると徐々に色が変わります。

劣化が進むと黒っぽい茶色になります。

この色の変化はフルードの劣化を示しており、ブレーキ性能の低下を意味します。

劣化したブレーキフルードは、エンジンルーム内のリザーバータンクで確認できます。

ブレーキフルードの基本機能

ブレーキフルードは、ブレーキペダルの圧力をブレーキシステムの各部品に均等に伝え、車を安全に停止させる役割を果たします。

ブレーキフルードが充分でない場合、油圧が不足してしまい、ブレーキの効きが不十分になることがあります。

ブレーキフルードの特性

ブレーキシステムは使用時に高温になるため、ブレーキフルードは高温でも沸騰しない性質が求められます。

さらに、冬の寒い地域での使用を考えると、凝固しない特性も重要です。

ブレーキフルードは、これらの厳しい条件を満たす設計がされています。

ブレーキフルードの交換時期

ブレーキフルードは、吸湿性が高いため、使用しているうちに自然と水分を吸収し、その品質が低下します。

そのため、定期的な交換が必要で、一般的には2年から4年ごと、または車検時に交換することが推奨されます。

これにより、常に最適なブレーキ性能を維持することができます。

ブレーキフルードの交換費用

ブレーキフルードの交換に関連する費用は、使用されるフルードの種類によって異なります。

標準的なフルードでは1リットルあたり約1,000円から、より高性能なフルードの場合は3,000円から5,000円の範囲です。

また、交換作業の工賃は、サービスプロバイダーによって大きく異なる可能性があり、一般的なカーショップやローカルの整備工場では約3,000円から4,000円、正規ディーラーでは最大で10,000円ほどかかることもあります。

具体的な費用については、サービスを提供する店舗に直接問い合わせることが重要です。

ブレーキフルードを交換しないリスク

ブレーキフルードの交換を怠るリスクについても注意が必要です。

ブレーキフルードは湿気を吸収しやすいグリコール・エーテルを主成分としており、使用するにつれて水分を含むようになります。

この水分が含まれると、フルードの沸点が低下し、ブレーキ時にオイル内で気泡が発生しやすくなります。

これにより、ブレーキフルードが油圧を適切に伝達できず、ブレーキペダルの反応が鈍くなる「ペーパーロック」現象が発生する可能性があります。

この現象が発生すると、最悪の場合ブレーキが効かなくなるため、定期的な交換が非常に重要です。

ブレーキフルードの交換のDIYはNG?

ブレーキフルードの交換は複雑で精密な作業を要求されるため、一般的なDIYには適していません。

この作業は、ブレーキシステム全体の各部分に及びます。

これには、リザーバータンクから始まり、マスターシリンダー、ブレーキホース、ブレーキキャリパーまで、システム全体にわたってフルードの交換が必要です。

さらに、交換作業には車をジャッキアップし、タイヤを取り外した後、ブレーキペダルを操作してエア抜きを行う必要があります。

このエア抜き作業を適切に行わないと、エアポケットが残り、ブレーキが正常に機能しなくなる可能性があります。

プロに依頼するのが安全

自宅でのDIYでは、このように多くの技術的なステップを要するため、適切な知識や設備がない限りプロフェッショナルなサービスに依頼することを強く推奨します。

特にABSを搭載した車の場合、誤った手順を踏むと重大なトラブルにつながることもあります。

また、ブレーキフルードが車体に付着すると塗装を損傷する可能性もあるため、注意が必要です。

プロの業者を選ぶ際は、信頼できるサービスを提供する業者を探すために、グーネットピットなどのリソースを活用することが賢明です。

ブレーキフルードは適切に交換しよう! まとめ

ブレーキフルードは、油圧ブレーキシステムの効率的な運用に必須の液体です。

このフルードの主要な特性の一つは、摩擦から生じる高温に耐える能力、すなわち高い沸点です。

ブレーキフルードが高温にさらされると気泡が形成されることがあり、これが発生するとペーパーロック現象が起きてブレーキの機能が損なわれる可能性があります。

したがって、ブレーキフルードの適切な交換時期を見極めることが非常に重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!