信号が青になっても動かない車にクラクションはOK?法的に解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

信号が青になっても動かない車にクラクションはOK?法的に解説!

信号が青になっても動かない車にクラクションはOK? 車関係

信号が青になってるのに動かない車っているよね?

皆は良くクラクション鳴らしてるけど、これは違法なの?

クラクションを鳴らしたくなる理由も納得だけど…。

今回は、信号が青になっても動かない車にクラクションを鳴らすのは違法かを解説するわ!

信号で青に変わっても前の車が発進しない状況に遭遇した際、クラクションを鳴らすかどうか迷うことがあります。

この状況でクラクションを鳴らす行為が適切かどうかについて考えてみましょう。

クラクション使用の基本ルール

道路交通法によると、クラクションの使用は特定の状況、特に視界が悪い交差点やカーブ、峠などでの警告を目的として義務付けられています。

しかし、これ以外の場面での使用については「危険を防止するためやむを得ない場合」に限られているとされています。

信号待ちでのクラクションの使用

信号が青に変わったにもかかわらず前の車が発進しない場合、クラクションを鳴らすことは技術的には「催促」に分類されます。

これは一般的に、道路交通法に則った行為とはみなされず、場合によっては「警音器使用制限違反」として反則金が科せられることもあります。

クラクション使用時のリスク

実際にクラクションを鳴らした結果、ドライバー間でのトラブルが発生することがしばしばあります。

例えば、クラクションの音が原因で他のドライバーが怒りを感じ、運転の妨害や暴力に発展するケースも報告されています。

合法的なクラクションの使用例

一方で、クラクションは車両が気づかずに進路変更を試みたり、衝突の危険がある場合に、その危険を知らせる手段として使用することは違反ではありません。

これは「危険を防止するためやむを得ない」と判断されるからです。

信号が青になっても前進しない場合の対処法

信号が青に変わっても前の車が発進しない場合、クラクションを鳴らす前に少し待ってみるのが賢明です。

もし鳴らす必要があると感じた場合は、軽く一回だけ鳴らすなど、相手に配慮した使用が推奨されます。

常に他のドライバーとの共存を意識し、トラブルを避けるための配慮が必要です。

催促クラクションへの自動車ユーザーのリアルな声

自動車を運転する際、青信号に変わっても前の車が動かない時、ドライバーはしばしば「催促クラクション」の使用を検討します。

多くのドライバーが、この行動についてどうすれば良いのか、合法的な対処法が何か、と頭を悩ませています。

一部の意見では、「青信号での停止は危険な場合があるため、クラクションを鳴らすことは安全のために必要」と主張されています。

また、別の意見としては、無言で追い越すことを選ぶドライバーもいれば、交通違反のリスクを恐れてただ待つという選択をする人もいます。

警察の対応に関するエピソード

警察の対応に関するエピソードもあり、静止している車に対して警察がクラクションを鳴らす場面や、警察官が直接話しに行くことが目撃されることもあるとのこと。

これらの行動は、現場の状況に応じて変わることが示されています。

多くのユーザーが指摘するのは、催促クラクションに対する法律の適応が現実の交通状況と合っていないという問題点です。

このため、法規を現実に合わせて更新するべきだという声が高まっています。

さらに、クラクション以外の方法として、より優しい音を出す新しいタイプの装置の導入が提案されており、多くの賛同を得ています。

これにより、「すみません」や「ありがとう」の気持ちを表す、新しいコミュニケーションの手段として期待されています。

クラクションを鳴らす必要があるのは?

一方で、クラクションの使用は一部の状況では義務付けられており、特に視界が悪い場所では「警音器使用必須」の標識が設置されています。

このような場所では、クラクションの使用が安全確保のために必要不可欠であり、使用しなかった場合、違反点数が加算される場合があります。

この議論は続いており、クラクションの使用に関する理解と法規の更新が求められています。

催促クラクションは違法の可能性大 まとめ

「クラクションを鳴らしたら逆ギレされる人が多いから、最近はそっとしておく方が無難かなって思います。」

「私はただ静かに待つことにしています。クラクションやライトの点滅でトラブルが起こることが多いからです。」

SNS上ではこのような声が多く挙がっており、トラブルを避けるためにクラクションを使わない選択をする人が増えているようです。

最後までお読みいただきありがとうございました!