自転車用ヘルメットに適合マークは必要?努力義務についても解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

自転車用ヘルメットに適合マークは必要?努力義務についても解説!

自転車用ヘルメットに適合マークは必要? 車関係

自転車用のヘルメットが努力義務になったよね?

でも、ヘルメットに適合マークって本当に必要なのかな?

マークは安全の証でもあるから、必要なのは間違いないわ。

今回は、自転車用ヘルメットに適合マークが必要な理由など紹介するわね!

2023年に施行された改正道路交通法では、自転車乗車時のヘルメット着用が努力義務とされました。

この中で、国民生活センターは「JISマーク」や「SGマーク」などの安全基準を満たしたヘルメットの使用を推奨しています。

自転車用ヘルメットに適合マークは必要?

国民生活センターが行った調査によると、市販されているヘルメットの中には、適合マークがなく安全基準を満たしていないものが存在します。

具体的には、9つのモデルが衝撃吸収性や保持装置の強さ、脱落しにくさの基準を満たしていませんでした。

また、日本では1歳未満の子ども用のヘルメットが市販されておらず、テストでは適切なサイズが見つからないという結果も出ています。

このため、国民生活センターは自転車に乗る際には、SGマークなどの安全基準を満たしたヘルメットを選ぶよう呼びかけています。

自転車用ヘルメットには多様な規格があり、それぞれが異なる基準に従っています。

主な規格には「SGマーク」「JCF承認マーク」「CEマーク」「CPSC」「SNELL」などがあります。

これらの規格についてはさらに詳しい説明が必要ですが、適切なヘルメット選びが事故時の安全を大きく左右するため、選択には注意が必要です。

大人がチェックすべき重要なポイント

2023年に導入された自転車ヘルメットの着用推奨に際して、大人がチェックすべき重要なポイントを3つご紹介します。

ヘルメットの購入場所の選定

自転車専門店やホームセンター、そしてオンラインマーケットプレイスは、自転車ヘルメットの主な購入先です。

各場所の特性を理解し、ニーズに合った場所を選びましょう。

ヘルメットの選び方と適切な装着法

適切なヘルメットの選び方と装着法を把握し、万が一の事故から頭部を保護するために正しく使用しましょう。

SGマークやCEマークなどの安全基準を満たすヘルメットを選び、正しくフィットさせることが重要です。

盗難防止策の確認

ヘルメットの盗難防止も重要です。

自転車と一緒に安全に保管する方法や、盗難防止用のアクセサリーを使用しましょう。

これらのポイントを意識することで、自転車乗車時の安全性を高めることができます。

自転車ヘルメットの着用は、単に義務化されたからというだけでなく、自己の安全を守るための重要な手段です。

安全なヘルメットを選んで、正しく着用しましょう。

国民生活センターが注意喚起

最近、国民生活センターは、ネットで販売されている自転車用ヘルメットの安全性についての重要な案内を発表しました。

これは、現在市場に出回っている10万個近くのヘルメットに関するもので、その多くが2023年7月12日に大手オンライン販売プラットフォーム3社を通じて販売されています。

この通知によると、市販されているヘルメットの中で、SG安全基準を満たしていない製品が見られ、これらのヘルメットが単なる装飾品に過ぎない可能性があると警告しています。

詳細な検査結果によると、すべての調査対象商品が基準を満たしていなかったことが判明しました。

調査対象商品が基準を満たしていなかったことが判明

ヘルメットの衝撃吸収性の不十分さが特に指摘されており、25センチの高さからの落下テストでは、安全基準の約1.5倍もの衝撃が確認されています。

これは、落下の高さがSG基準の1/6にもかかわらず、受ける衝撃が大きすぎることを意味します。

国民生活センターは、消費者が自転車用ヘルメットを選ぶ際には、安全基準に適合していることを確認し、誤った商品の購入を避けるよう強く推奨しています。

また、安全性が未検査の商品や規格外品であっても、性能が確認されている製品も存在するため、販売店が責任を持って情報を提供することが求められています。

まとめ

ヘルメットの選択においては、適切なサイズや形状が重要であり、使用方法に関する指導に従い、正しく装着することで最大の効果が得られます。

特に1歳未満の子どもにとって、安全に自転車に同乗させるのは難しいため、他の安全な移動手段を考慮するよう助言しています。

最後までお読みいただきありがとうございました!