日本でクリスマスにケンタッキーを食べるのはなぜ?海外ではありえない?実は意外な理由があった…

クリスマスにケンタッキーを食べる理由クリスマス

海外では、日本人がクリスマスにケンタッキーを食べるのは信じられないって人が多いみたいだね。

そんなに変なことなのかな?

日本ではすでに慣習化している感じもあるわよね。

でも、実は日本人がケンタッキーをクリスマスに食べるのにはある理由があるの。

今回は、その理由について紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
我が家では、クリスマスにケンタッキーを食べる習慣がありません。

お高いのもありますが、やっぱりクリスマスには手作りの料理やスイーツでお祝いしたいから。

でも、実はクリスマスに日本人がケンタッキーを食べるのには理由があるんです。
海外からしたら失笑されることも多いですが、実は○○が理由です…

クリスマスにケンタッキーを食べる理由は?

 

日本人がクリスマスにケンタッキーを食べる理由は、大きく分けて3種類あります!

どの説も…うーんと納得できる部分があるので、以下にみていきますね。

ケンタッキーの陰謀説

クリスマスにケンタッキーを食べる理由の1つに、ケンタッキーの商戦のひとつとして流行らせたというのがあります。

なんでも、おしゃれな東欧の文化に憧れていた世代(主に70年代)の人に向けて、「七面鳥の代わりにチキンでクリスマスを祝う」という外国人がいたことを受けた商戦らしいです。

チキンでクリスマスを祝うのなら、ケンタッキーでもいけるのでは?と当時のケンタッキーの店員さんが考えついたらしいんですね。

アメリカではクリスマスに七面鳥で祝う習慣はそもそもなくて、アメリカに移住した人が初めての感謝祭で食べたことが始まりとされています。

七面鳥は日本では手に入りにくいので、チキンが広まりましたが、そもそもの発祥は外国人の影響というのが実に日本人らしいですよね。^^

西洋のお祭りに和食が食べたくない説

日本人がクリスマスにケンタッキーを食べる理由は、和食が食べたくないという人が多いからという説もあります。

クリスマスは元々が日本にはなかったイベントですが、普段和食を食べている方にとって、特別なイベントなのに普段と同じものを食べるのが嫌という人もいらっしゃいます。

ほかの家庭ではチキンやケーキを食べているのに、我が家ではトンカツに味噌汁?などと言われるのが嫌という気分はよくわかります。

ただ、ローストチキンやフライドチキンは作るのが大変ですし、手軽に外食気分を味わうなら、ケンタッキーはジャストフィットしたんだと思います。^^

和食はクリスマスケーキにも合わないので、その意味でもチキンで祝う風習が広まったのかもしれません。

手作りは面倒だし、でもクリスマスの気分は味わいたいという人には、ケンタッキーは非常に便利だったんでしょう。

アメリカの影響説

最後の説はアメリカの影響を受けたからです。

上記でもご紹介しましたが、アメリカでは移住した人が感謝祭に七面鳥を食べたのが始まりとされ、クリスマスでも七面鳥を食べる家庭も多いです。

ただ、七面鳥の丸焼きは珍しいだけで、海外では場所によっては七面鳥のハムとか普通に売ってます。

すでにフライドターキーなる商品も出回っていますし、アメリカの影響を受けたというのも納得がいく点です。

七面鳥は日本では手に入らない、ならチキンで。
でも、調理が面倒くさい!ケンタッキーにしよう!的な流れもあったんじゃないでしょうか?^^

クリスマスにケンタッキーを食べるのが海外で笑われる理由は?

よくシーズンのニュースで話題になりますが、海外の人にとってクリスマスにケンタッキーを食べる日本人が信じられないといわれます。

理由はいろいろあると思いますが、一番の理由はケンタッキーがファーストフードの一種だからでしょう。

クリスマスにはパーティを開くことも多い海外人にとっても、特別な日にわざわざファーストフードを食べるのが理解できないと思います。

言ってみれば、クリスマスくらいもっと良いものを食べればいいのに…という理由が大きいんでしょう。

そもそもクリスマスはキリストの誕生日を祝うためのイベントですが、家庭によっては、七面鳥の丸焼きがでてきたり、ケーキがでてきたりと非日常を味わうイベントでもあります。

ある意味特別なイベントなのに、ファーストフードをだすのが信じられないという気持ちもわかりますね。

ただし、いくらケンタッキーの商戦説があったとしても、それもまた日本人らしさが溢れた素敵なイベントだと思います。

そもそも誕生日にケーキを祝う習慣自体も、不二家の陰謀ですから。(笑)
日本で独自に進化を遂げるクリスマスの祝い方も、時代の流れ的に問題ないかと思います。

ケンタッキーではクリスマスに単品注文は可能?

ケンタッキーでクリスマスに追加注文をしても、多くの店で断られるのをご存じでしょうか?

たとえば、ビスケットやチキンの追加注文ですが、店によっても違うとはいえ、多くの場合できないと断られます。

でもそれにはちゃんと理由があり、クリスマスは人が多いため、できるチキンにも限りがあるからなんです。

チキンには店ごとに限界とされるピースがあり、予約を受ける時にもその限界を超えないようにと注文を調節します。
そのため、クリスマスなど特殊なイベントでは、ギリギリの本数しか作れないんですね。

ただし、できないのはあくまでピークの時間帯であって、朝の11時や夜の9時頃であれば、少しお店にも余裕ができるため、追加を受け付けてくれるお店もあるみたいです。

もしチキンが足りなくてもピークの時間帯には追加注文は不可なので、できるだけ早めに予約をしておくといいかもしれませんね。

くれぐれも「追加注文を断られた。酷いお店だ。」などとSNSで話題にするのは止めてあげてください。

お店にも事情があり、自分も同じ立場なら断るはずなので…^^

クリスマスのケンタは日本の風習でいいじゃない…!

それでは、日本でクリスマスにケンタッキーを食べる理由、海外で笑われる理由などご紹介してみました。

クリスマスになると、ケンタッキーでもクリスマスバーレルなどが予約殺到しますが、忙しいママにとっても楽ができる日があっても良いですよね。

とはいっても、やはり手作りが気持ち的にも良いと思いますので、少し面倒であっても、自宅でフライドチキンを作られた方が家族には喜ばれるかもしれないですね。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^