Amazonの返金処理はいつ行われる?支払い方法別に徹底解説! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

Amazonの返金処理はいつ行われる?支払い方法別に徹底解説!

Amazonの返金処理はいつ行われる? ネット関連

Amazonで悪い評価を付けたら、出品者から全額返金するよって来たんだけど…

返金処理の支払い方法って何があるんだろ?

クレジットカードやコンビニ払いなど色々返金の方法はあるわ。

今回は、Amazonの返金処理はいつ行われるのかなど紹介するわね!

Amazonの返金処理がいつ行われるかと言えば、どの支払い方法を使ったかでも違いますが、どういう仕組みで返金がされるのでしょうか?

今回は、Amazonの返金処理について支払い方法別にご紹介します!

Amazonの返金処理はいつ行われる?

結論から言えば、Amazonの返金処理がいつ行われるかは、後述する支払い方法によっても違います。

Amazonで購入した商品がいまいちだった時、多くの方が悪い評価をつけますよね。

ただ、中にはその評価を付けた出品者などから「全額返金します」と連絡が来ることもあります。

「悪い評価が付くくらいなら、返金しますよ。」ということだとは思いますが、返金方法がわからないと、どう対処したらよいかわかりません。

なので、まずはAmazonの返金申請方法を知っておきましょう。

Amazonの返金申請方法

Amazonの返金申請方法と手順は以下の通りです。

  1. まず、ログインしてから、注文履歴に移動しましょう。
  2. 該当する注文を見つけたら「注文内容を表示」を選びます。
  3. 自分が関係している問題に近いものを一覧から選びましょう。
  4. 「返金をリクエスト」を選び、テキストボックスにコメントを入力します。
  5. 最後に「送信」で返金申請は完了です。

ちなみに、返金申請が受け付けられたかどうかは「注文内容を表示」で「取引履歴」を表示すれば、「現在の返金状況」が確認できます。

支払い方法別の返金方法7選!

上記でも軽くご紹介しましたが、Amazonの返金処理がいつ行われるかは、支払い方法によって違うので、それぞれの支払い方法別に返金処理を見ていきます。

支払い方法によっては、返金が現金ではなく、Amazonギフト券になる可能性もあるので、購入する前に本当にその注文でいいのか、しっかりと確認してみてください。

①クレジットカード

クレジットカード払いで注文した商品を返品する時は、商品が倉庫に到着してから、1日~3日ほどで元の支払いをしたクレジットカードへと返金処理が行われます。

つまり、Amazon側から返金処理がされた後、カード会社からの返金処理へと変わるんですね。

ちなみに、返金日はカードの締め日によっても違い、最長で2か月ほどかかるケースもある点には注意しましょう。

  • 返金方法:元の支払いクレジットカード、またはAmazonギフト券
  • 返金期日:1日~3日

②コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーで支払った商品を返品した後は、商品が倉庫に到着してから、1日~2日ほどで、Amazonギフト券として返金されます。

現金ではなくAmazonギフト券である点、ギフト券はアカウントのギフト券残高に返金される点にも注意してください。

返金処理が完了すれば、Amazonからメールが届くので、Amazonにログインして残高を確認しましょう。

また、返品手続き時に銀行口座を登録しておけば、銀行口座へ返金することも可能なので、ギフト券ではなく現金で返金してほしいなら、銀行口座の登録が必要です。

  • 返金方法:Amazonギフト券、または現金(銀行口座の登録が必要)
  • 返金期日:1日~2日

③携帯(スマホ)決済払い

携帯決済からの返品も、クレジットカードの時と同じで、返品した商品が倉庫に到着してから、1日~3日ほどで、Amazonから携帯決済の会社へと返金処理がされます。

ただ、携帯決済の会社によって締め日が違うので、返金のタイミングも違います。

もし携帯決済の返金処理が終わった後は、Amazonではなく携帯会社に問い合わせないと「すでにAmazonで返金処理が終わっています」となり、二度手間になるので気を付けましょう。

  • 返金方法:携帯決済を行った携帯会社経由で返金
  • 返金期日:1日~3日

④Paidy翌月払い

Paidy翌月払いの場合は、返品商品が倉庫に到着してから、1日~3日ほどで、Amazon側からPaidyへと返金処理がされます。

返金された金額は「Paidy」アカウントに自動的に反映されますが、Paidyアカウントに支払いが終わっていない請求がある時には、請求額から返金分が差し引かれる形になります。

すでに請求が終わっているなら「Paidy」のカスタマーサポートに連絡して、銀行口座へ返金してもらいましょう。

  • 返金方法:「Paidy」経由で返金
  • 返金期日:1日~3日

⑤Amazonギフト券払い

Amazonギフト券払いの場合は、返品商品が倉庫に到着してから、1日~3日ほどで、アカウントのAmazonギフト券残高へと返金がされます。

Amazonから返金処理完了メールが届いたら、まずはログインして残高を確認しましょう。

ちなみに、Amazonギフト券と他の支払い方法を併用した場合は、Amazonギフト券で払った代金はAmazonギフト券で返金となり、他の支払い方法は記事でもご紹介している返金方法になります。

  • 返金方法:Amazonギフト券で返金
  • 返金期日:1日~3日

⑥代金引き換え

代金引き換えの場合は、返品商品が倉庫に到着してから、1週間から3週間ほどで、Amazonギフト券残高へと返金されます。

代引きでは、配送業者がAmazonに入金して反映される仕組みになっているので、返金にも時間がかかる点に注意してください。

ちなみに、こちらも銀行口座の登録をしておけば、ギフト券ではなく現金で受け取ることも可能ですし、ギフト券よりも早く(1週間ほど)で返金されるので便利です。

  • 返金方法:Amazonギフト券、または現金(銀行口座の登録が必要)
  • 返金期日:1週間~3週間程度(現金なら1週間ほど)

⑦Amazonポイント

Amazonポイントの場合は、同じAmazonポイントで返金されます。

別の支払い方法と併用している時には、Amazonポイント分はポイントで戻りますし、別の支払い方法の分は、支払い方法別での返金となります。

  • 返金方法:Amazonポイントで返金

  • 返金期日:1日~3日

Amazonの返金処理は支払い方法によって期間も違う まとめ

それでは、Amazonの返金処理はいつ行われるのかを、支払い方法別に7選してご紹介してみました。

Amazonの返金申請は簡単ですが、返金処理によっては、現金で支払っても現金で戻らず、ギフト券で戻る可能性がある点には注意してください。

また、返金が簡単だからと、自分の都合でキャンセルするのが駄目なのは、Amazonも同じなので、キャンセル理由ははっきりさせておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!