折りたたみ傘ランキングTOP5!ビジネスマンに人気の逆折りたたみ傘「NURASAN」とは?

折りたたみ傘人気ランキングTOP56月
イメージです。

メンズ用の折りたたみ傘って種類があり過ぎて、選ぶのにも困っちゃうよね。

選び方のコツもあれば、教えてくれないかな?

なら、折りたたみ傘のランキングが参考になると思うわ。

逆折りたたみ傘「NURASAN」の人気の秘密も同時に紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

メンズ向けの折りたたみ傘はたくさんありますが、どれにも一長一短があるので、どれを選べばいいか迷うこともありますよね?

そこで今回は折りたたみ傘のランキングと参考に、選び方のコツなどもご紹介します!

逆折りたたみ傘「NURASAN」公式サイト

折りたたみ傘人気ランキングTOP5

折りたたみ傘はビジネスシーンでも活躍しますが、どの傘が人気があるのか知っておくと、選ぶときにも楽になると思います。

以下に、折りたたみ傘の人気ランキングTOP5をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位:逆折りたたみ傘「NURASAN」
逆折りたたみ傘「NURASAN」

逆折りたたみ傘「NURASAN」は、濡れた面が裏になるという逆の発想から生まれた折りたたみ傘です。
クラウドファンディングやSNSでも話題となった、累計販売本数6500本突破の人気商品。
車内や手が濡れない傘としてビジネスマンの間でも話題の商品です。

第2位:モンベル トレッキングアンブレラ
モンベル トレッキングアンブレラ

モンベル トレッキングアンブレラは、8本のカーボン骨を採用しており、耐久性と軽量性に優れた折りたたみ傘です。
150gと軽いので持ち運びが楽なので、ビジネスマンにもおすすめです。
カラバリも豊富なので、お好きなカラーを見つけてみてください。

第3位:フォックス・アンブレラズ
フォックス・アンブレラズ

フォックス・アンブレラズは、電車やバスなどの通勤で、長傘での移動が面倒な場面で活躍する折りたたみ傘です。
一般的な折りたたみ傘よりも長いので、長時間の移動に向いているんですね。
また、生地の面積が大きいので、体が大きい男性でも濡れにくいとして人気です。

第4位:小宮商店 超軽量カーボン傘
小宮商店 超軽量カーボン傘

小宮商店 超軽量カーボン傘は、直径約114cmと大きめなのに、折りたたむと約27cmのコンパクトサイズに変身します。
耐久性に優れたカーボンを採用しており、重さも約195gと軽いのが特徴です。

第5位:ウォーターフロントLIM クイックシャット
ウォーターフロントLIM クイックシャット

ウォーターフロントLIM クイックシャットは、約4秒で畳めると話題になっている折りたたみ傘です。
重さは約314gと軽くはありませんが、ファスナー付きなので収納も楽々。
「シェイプメモリー加工」のお陰で、高速な畳み時間が話題となっています。

ランキングはいかがだったでしょうか?

もし折りたたみ傘で迷ったときには、ぜひ参考にしてみてください。

折りたたみ傘の選び方のポイント

折りたたみ傘を選ぶときには、差してみた時に濡れないかも大切ですし、収納が簡単か、また開閉が簡単かなどいくつかチェック項目があります。

以下に、メンズ用の折りたたみ傘を選ぶポイントをご紹介します!

収納時のサイズで選ぶ

折りたたみ傘は持ち運べないと意味がないので、収納後にカバンに入るサイズでないといけません。

A4サイズのファイルが入るビジネスバッグを例にとると、縦の長さが30cm前後を選んでおけば心配ないでしょう。

もしコンパクトなサイズで探すなら、長さが25cm前後のものを選ぶのもポイントです。

できるだけスリムに折りたためるのがポイントなので、傘を差した時の大きさだけでなく、収納した時のサイズもぜひチェックしてみてください。

開いた時のサイズで選ぶ

折りたたみ傘は、開いて使うときにある程度の大きさがないと、とくに高い身長の男性は雨で濡れてしまいます。

なので、身長175cmの男性なら、直径100~110cm程度を選んでおけば安心です。

余り大きいと邪魔になるので、標準的な直径100~110cmなら小回りも効いて使いやすいでしょう。

もし普段からリュックを背負う方や肩幅が広い方は、標準サイズだと濡れてしまうので、直径120cm以上を選ぶのもポイントです。

また大きい傘は濡れないで済む分、突風など強風にあおられやすいので気をつけてみてください。

逆折りたたみ傘「NURASAN」公式サイト

300g以下の重さで選ぶ

折りたたみ傘の一般的な重さは300~400g程度ですが、普段持ち歩くことを考えるなら、300g以下のものを選ぶのもポイントです。

150g前後の軽量モデルなどもアウトドアメーカーで扱っていることが多いので、長く使う時間がある方程軽いタイプを選んでおけば手も疲れません。

ただ、あまりにも軽すぎると強風であおられて、傘がぽきんと折れる可能性もあります。

また、耐久性に優れた折りたたみ傘は、重い仕様になっていることが多いです。

傘骨の素材で選ぶ

折りたたみ傘の親骨の素材も大切で、強風にあおられても壊れないタイプがおすすめです。

傘骨の素材としては、鉄、アルミニウム、カーボンファイバー、グラスファイバーなどがありますが、台風に強いのは釣竿にも使われるグラスファイバーです。

グラスファイバーを使っている傘は丈夫な上に、安価で手に入りやすいので、もし選ぶのに迷ったときは、ランキング第1位の逆折りたたみ傘「NURASAN」を選ぶのも良いと思います。

自動開閉の有無で選ぶ

折りたたみ傘は、ビジネスマンが使う場合、車の乗り降りが楽になるワンタッチ開閉タイプがおすすめです。

ただ、自動開閉がついた折りたたみ傘は軽量ではないので、普段持ち歩くのには向いていません。

なので、ワンタッチ開閉タイプは、車での移動が多い営業マンなど、持ち歩く時間が少なく、車の乗り降りが頻繁なビジネスマンにぴったりです。

さまざまな悩みが解決する?逆折りたたみ傘「NURASAN」

上記で折りたたみ傘の選び方のポイントをご紹介しましたが、ほぼ問題をクリアできるのが逆折りたたみ傘「NURASAN」です。

収納のしやすさ、丈夫さ、自動開閉が付く、濡れないなど、問題を少しでも解消したいなら、逆折りたたみ傘「NURASAN」を選ぶのがおすすめです。

逆折りたたみ傘「NURASAN」は、5,800円と割と安価ですし、ストア2店同時購入で15%OFFなどのキャンペーンも展開されています。

加えて、30日間の全額返金保証、365日のサポートなどがあり、安心できるのが魅力です。

逆折りたたみ傘「NURASAN」の口コミも参考にして、ぜひ自分にぴったりの折りたたみ傘を選んでみてくださいね。^^

折りたたみ傘で梅雨時も快適に過ごそう!

それでは、折りたたみ傘の人気ランキングTOP5と、折りたたみ傘を選ぶときのポイントなどご紹介してみました。

折りたたみ傘は数が多く、どれを選ぶべきかで悩むことも多いと思いますので、ぜひランキングや選び方のポイントを参考にして、自分のぴったりの傘を見つけてみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

コメント