プロテインの持ち運びアイデア!100均やZIPロックを活用! | トレトレの昨日の?を今日で解決!
「アフィリエイトを利用した記事があります」

プロテインの持ち運びアイデア!100均やZIPロックを活用!

プロテインの持ち運びアイデア! 雑学・地域

プロテインって持ち運びができたら便利だよね。

でも、どんな風に持ち歩いたら良いんだろ?

そんな時におすすめのアイデアがあるわ!

今回は、プロテインの持ち運びに便利な100均アイテムなど紹介するわね!

タンパク質補給に欠かせないパウダー形式のプロテインを持ち運びする時に役立つ収納アイテムを、100円ショップの中から選りすぐってお届けします。

これらのアイテムはサプリメントの小分け保存にも適しており、持ち運びにも安心ですので、ぜひチェックしてみてください。

プロテインの持ち運びアイデア【100均編】

実は、タンパク質パウダーの持ち運びにぴったりなアイテムが、100円ショップで見つかることが多いのです。

調べてみると、思わぬ商品が実は便利だったりします。

乳幼児用粉ミルクストッカー

これらのケースは3部分に分かれており、それぞれが一回分の粉ミルクを入れるのに適しています。

合体させても使用できるので、タンパク質サプリメントの保存ケースとしても最適です。

多くのフィットネス愛好家がこれらのケースを使用していると報告されており、一部のユーザーには少し小さめかもしれませんが、適宜調整すれば問題ありません。

マルチシェイカー

このシェイカーはタンパク質の携帯にも使え、水を加えればその場でシェイクが可能です。

二重構造で漏れにくく、携帯に便利です。

セリアの連結できるストックボトル

軽量で持ち運びやすく、色によってタンパク質パウダーやサプリメントを分けることができます。

小型でありながら必要十分な量を収納できるため、荷物をコンパクトにしたい方には最適です。

たためるシリコンロート

シリコン製のたためるシリコンロートは、携帯に便利で、ストックボトルと組み合わせて使うとより効果的です。

今回挙げたアイテム以外にも、100円ショップにはタンパク質パウダーの持ち運びに便利な商品がたくさんあります。

ドレッシング容器を利用する方法もあるので、興味がある方はぜひお近くの店舗を探してみてください。

プロテインの持ち運びアイデア【ZIPロック編】

プロテインパウダーの持ち運びに便利な方法として、ZIPロックの活用を提案します。

特にスペースを節約したいとき、この方法がケースを使うよりも合理的です。

ZIPロックにプロテインを入れ、平らにしてから空気をしっかりと抜くことで、かさばることなく薄く収納できます。

これにより、限られた収納スペースでも問題なく、小さいバッグにも入れやすくなります。

もし密封袋一つでは粉末が漏れるのではないかと心配な場合は、二重にして大きめの密封袋で外側をカバーすれば、更なる安心感を得られます。

ダイソーでもZIPロックは売ってる?

さらに、ダイソーのような100円ショップでも手軽にZIPロックを購入できる点も魅力的です。

例として、ダイソーで見かけたジップロックは、Sサイズで縦15cm×横16.5cmの寸法です。

もしそれが売り切れていたら、さらに小さいSSサイズも選択肢になり得ます。

このSSサイズは縦8.2cm×横16.5cmとなっており、小分けにしたプロテインを入れるのに適しています。

また、MサイズやLサイズもあり、Mサイズは縦17.7cm×横20.3cm、Lサイズは縦27.9cm×横26.8cmとなっています。

これらの大きいサイズは、さらなる保護が必要な時に重宝します。

プロテインをスリムに携帯したい方は、このZIPロックを一度試してみてはいかがでしょうか。

溶かしたプロテインは持ち運びできない?

持ち歩きに適したプロテインの摂取法として、事前に水に溶かした状態での持ち運びはおすすめできません。

水溶液の形での長時間保存は、雑菌の繁殖による食中毒のリスクを高める可能性があります。

また、タンパク質溶液が酸化や温度変化により質を落とし、栄養効果が減少する恐れもあります。

健康を損ねるリスクや栄養価の低下を避けるために、プロテインは出先で水または他の飲料に溶かして摂るのが最適です。

牛乳を使ったプロテインの摂取は栄養バランスに良いとされていますが、外出先での持ち運びにはいくつかの配慮が必要です。

水筒に入れて持ち歩く場合は特に、衛生面での手入れが重要です。

プロテインを含む牛乳を水筒に入れた後は、雑菌の繁殖を防ぐため、丁寧に洗浄することを忘れないでください。

プロテインバーもおすすめ

忙しい時や準備が面倒な場合、プロテインバーが便利です。

ポータブルで手軽にタンパク質を摂取できるため、移動中や外出時に最適です。

ここでは特におすすめするプロテインバーを二種類紹介します。

トップバリューのプロテインバー

最初に、イオンのプライベートブランドであるトップバリュから発売されているプロテインバーは、36gあたりタンパク質15gを含んでおり、糖質も控えめです。

食感はザクザクしており、甘さも控えめで日常のスナックとしても適しています。

価格も手頃で、一本当たり106円(税込)で販売されており、手を出しやすい商品です。

1本満足バープロテインチョコ

また、アサヒグループ食品から発売されている「1本満足バープロテインチョコ」もおすすめです。

このバーも39gでタンパク質15gを含み、食後の満足感を得やすいのが特徴です。

価格はトップバリュの商品より少々高めですが、ドラッグストアなどでお得な価格で見つけることができるかもしれません。

これらの商品は、外出時のタンパク質補給に最適であり、様々なショッピングチャンネルを通じて購入可能です。

お近くの店舗やネットスーパーでの取り扱いを確認してみてください。

プロテインの持ち運びアイデアは探すと見つかる! まとめ

プロテインサプリの持ち運び方法に関するヒントをお届けしました。

手軽な100円ショップのグッズを駆使することで、スマートに持ち歩けることが明らかになりました。

特に驚いたのは、赤ちゃんの粉ミルクを入れる容器が、プロテインの携帯ケースとして活用できることです。

ぜひ、お近くの100円ショップを訪れて、自分に最適な方法を探してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!