お返しに何を贈るかは意味がある?ホワイトデーのお返しに迷ったら込められた意味を考えてみよう!意味一覧!

ホワイトデー
Advertisements

ホワイトデーではお返しに悩むこともある?

 

ホワイトデーのお返しって悩むよねぇ。

義理にしても本命にしても、毎年すごく悩むんだよ。

もう、考えなしに選んじゃっても良いかな?

悩むのはわかるけど、考えなしはいただけないわね。

それに、ホワイトデーのお返しには種類によってそれぞれ意味が違うのよ?

ということで、今回は、ホワイトデーのお返しの意味を一覧で紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。
ホワイトデーのお返しに悩む男性も多いと思いますが、実は女性は占いなどが好きなこともあり、もらったお返しに隠された意味を考えてしまうことがあります。
何気なく選んだお返しが、相手にショックを与えることもあるので、注意が必要なんです!

今回は、ホワイトデーのお返しのそれぞれの意味を一覧でご紹介しますね!^^

ホワイトデーのお返しにスイーツを使うなら?意味一覧

ホワイトデーのお返しの定番と言えば、やっぱりスイーツですよね。
どのお菓子がどんな意味があるかを、確認していきましょう!

スイーツの意味①クッキー【友達でいましょう】

ホワイトデーのお返しにクッキーを渡す場合は「友達でいましょう」という意味があり、義理チョコのお返しには最適ですが、本命の相手にはNGなので気を付けましょう。
クッキーは軽くて食感がサクサクしているので、それと同じくらいの軽い関係を意味しています。

またクッキーは大量に作られることが多いので「大勢の中の一人」という意味もあります。

スイーツの意味②マドレーヌ【もっと仲良くなりたい】

ホワイトデーのお返しにマドレーヌを選んだ場合は「もっと仲良くなりたい」という意味が込められています。
マドレーヌの形は良くシェル(貝殻)の形が使われるので、2枚の貝がぴったり重なることからも、縁結びの意味合いもあるんです。

なので、義理チョコだとNGですが、本命の相手や自分の奥さんにはぴったりのお返し。
もしまだ片思いの相手なら「もっとあなたのことを知りたいです。」という意味もあるので、贈る相手との親密度によってはNGになります。

スイーツの意味③グミ【あなたが嫌い】

グミには「あなたが嫌い」という意味があるので、義理にしても本命にしてもできれば避けた方が無難です。
でも実は、グミにはなぜその意味があるのかはっきりとした意味があるわけではないので、相手に渡す時にも「嫌いってわけじゃないけど。」と一言添えて渡すのがポイントです。

スイーツの意味④カップケーキ【特別な人です】

カップケーキには「あなたは特別な人です」という意味が込められており、値段が割と高価なことから、割と本命に渡されることも多いです。
ただ、相手が友達だとしても「特別な人です。」には友情も込められているので、義理にしても本命にしても喜ばれます。

スイーツの意味⑤飴(キャンディ)【好き】

飴やキャンディーは「あなたのことが好きです。」という意味があるので、できれば本命の相手に渡すようにしてください。
まだ恋人ではないのに、こちらを渡してしまうと、逆に怪訝な思いをさせてしまうことも。

なぜ飴に好きという意味があるかと言えば、飴は硬くてなかなか割れないことから、二人の関係も同じように割れないにつながるからです。
また口の中でも長く味わえるので、それも二人の関係を表しています。
ぜひ本命の相手にお返しをしてみてください。

スイーツの意味⑥マシュマロ【嫌い】

マシュマロにはグミと同じように「あなたが嫌い」という意味がありますが、こちらはグミと違ってはっきりした理由があります。
理由としては、昔あるお店がチョコをマシュマロに包んで販売したことがきっかけで、マシュマロは柔らかいので「柔らかくお断りします。」という意味が生まれたんです。

またマシュマロはすぐに口の中で消えてしまうので、相手との関係もマシュマロと同じように長続きしませんよという意味もあります。
できれば、義理でも本命でも避けた方が良いスイーツです。

スイーツの意味⑦バームクーヘン【幸せが長続きしますように】

バームクーヘンをホワイトデーのお返しに選んだときは「幸せが長続きしますように」との意味が込められています。
バームクーヘンは薄い生地が厚い層になることから、長く関係が続くようにとの意味が生まれました。

なので、バームクーヘンはホワイトデーよりも結婚の引き出物などにも使われることが多いです。
義理にしても本命にしても、相手には喜ばれる鉄板のスイーツでもあります。

スイーツの意味⑧キャラメル【一緒だと安心する】

キャラメルには「一緒だと安心する」という意味があるので、義理でも本命でもおすすめのスイーツです。
キャラメルは口どけが良いので、悪い意味がありそうなイメージですが、優しい甘さなので、それが安心感につながります。

スイーツの意味⑨金平糖【あなたが好き】

金平糖には「あなたが好き」という意味があるので、義理チョコでは気を付けないといけません。
上記でもご紹介した飴と同じで、口の中でなかなか溶けないことから、二人の関係も長続きするという意味があるんですね。

また金平糖は飴よりも保存期間が長いので、より長続きしてほしい関係にある人に贈るようにしてください。

スイーツの意味⑩チョコ【そのまま気持ちをお返しします】

チョコレートケーキやチョコは、バレンタインでは特別な意味がなくても、ホワイトデーでお返しする時には、チョコをもらっている相手にそのままチョコを渡すということになり、意味も「チョコと同じようにそのまま気持ちをお返しします。」という意味があり、本命には避けたいお返しです。

相手の女性がチョコ好きなら渡しても良いですが、本命の相手や奥さんには避けましょう。

ホワイトデーのお返しにアクセサリーを贈るなら?意味一覧

ホワイトデーのお返しに、ちょっと高級なアクセサリーを贈ろうと思った場合も、それぞれのアクサセリーの意味を知っておくことが大切です。
以下に、5選してご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アクセサリーの意味①ピアス【あなたを守りたい】

ピアスは昔魔よけの意味があり、現代でもその意味が残っていて「あなたを守りたい」という意味につながります。
なので、義理ではなく本命相手のアクセサリーです。

またピアスは耳につけるので、顔に近い位置にあることから「身近に感じてほしい」という意味や「あなたの傍で見守らせて」という意味もあります。

アクセサリーの意味②ブレスレット【束縛したい】

ブレスレットはおしゃれなアイテムではあるのですが、形が手錠に似ていることから「あなたを束縛したい」や「離したくない」などの意味があるので、あまりおすすめのお返しではありません。

相手が本命の彼女や奥さんならなおさら、こちらを贈ってしまうと、ストーカーと思われる可能性が高いので、できれば贈るのは避けるようにしましょう。

アクセサリーの意味③ネクタイピン【あなたを離さない】

ネクタイピンもブレスレットと同じように「束縛したい」や「あなたを離さない」という意味があり、お返しには避けた方が良いでしょう。
なぜ、ネクタイピンが悪いのかというと、ネクタイにぴったり寄り添うようにつけるものなので、側で見守っていたいが強くなり、逆に束縛したいという気持ちに転嫁します。

できれば、ネクタイピンもホワイトデーのお返しには避けてください。

アクセサリーの意味④指輪【永遠・円満】

指輪は円くつながって、切れにくいことから「永遠」や「円満」などの意味があります。
結婚する時に、相手の女性に指輪を贈るのも、ちゃんと意味があるんですね。

ただ、相手が本命ではなく義理の場合は、思いがちょっと強すぎるので、重たいと思われてしまい、避けた方が無難です。
くれぐれも本命の彼女や奥さん以外には、お返しで贈らないように気を付けましょう。

アクセサリーの意味⑤ネックレス【あなたの側にいたい】

ネックレスは、肌に密着してつけるアクセサリーなので「あなたの側にいたい」という意味が込められています。
ただ、こちらもブレスレットと同じように、首輪に似ていることから、意味が転じて「相手を束縛したい」や「あなたを離したくない」という意味につながるので、避けた方が無難です。

ホワイトデーのお返しには意味があることを知っておこう!

それでは、ホワイトデーのお返しの選び方ということで、それぞれのお返しの意味についてご紹介してみました。

スイーツやアクセサリーなど、お返しにもいろいろ種類がありますが、どんな意味があるか知っておいた方が相手にも気持ちが伝わりやすくなります。
男性ではあまり気にしない人も多いですが、女性の中には気にする人もいます。

義理か本命かによっても意味が違ってきますので、ぜひ意味を知っておきましょう。

Advertisements

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました