秋の衣替えにおすすめの服装とは?季節の変わり目のコーデ例など解説!

秋の衣替えにおすすめの服装とは10月

10月にもなると秋の衣替えの時期だよね。

でも、衣替えって服装選びに迷うんだよねぇ。

確かに!季節の変わり目だから、半袖と長袖などでも迷うわー。

今回は、秋の衣替えにおすすめの服装やコーデ例など紹介するわね!

こんにちは。トレトレです。

秋の衣替えでは、まだ残暑が厳しい時期だと、半袖にするか長袖にするかで迷うこともありますよね。

今回は、季節の変わり目におすすめの服装などご紹介します!

秋の衣替えにおすすめの服装とは?

秋の衣替えにおすすめの服装

まず、秋の衣替えにおすすめのタイミングを知っておくことが大切なので、最高気温によって服装も帰る必要があります。

とくに秋の場合、朝晩の寒暖差が激しいので、どんな服装にすべきかで悩む方も多いでしょう。

もし、秋に衣替えをするなら、薄手のカーディガン、ロングベストなどの軽い羽織を用意し、夏に着た半袖ブラウス、Tシャツなどの上に重ねて着るのがポイントです。

カーディガンなどをクローゼットから少しずつ出していきながら、徐々に夏にしか着ない服や夏用サンダルなどをしまっていき、スムーズに秋用の服にシフトしていってください。

秋の衣替えは、少しずつ出していくことと、気温によって臨機応変に対応することが大切です。

秋の空は変わりやすいことを踏まえた上で、必要な時に小出しできるよう、秋の服だけでも別のケースに入れて(できればオールシーズンケースは分けた方がいい)、好きなタイミングで取り出せるようにしてみてください。

季節の変わり目の秋におすすめのコーデ例

季節の変わり目の秋におすすめのコーデ例

秋の衣替えの服装選びは、最高気温で決めるのがポイントです。

以下に、最高気温別におすすめのコーデをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

最高気温が25度以上の場合

10月などは秋とは言え、まだ残暑が厳しい季節でもあるので、もし最高気温が25度を超えるようなら、半袖をもう一度着てみても良いかもしれません。

25度あれば、日向でも歩いている時にも軽く汗ばむことが多いと思います。

ただ、朝と晩の寒暖差が激しい秋では、日中暑くても夜は冷え込むこともあり得るので、ストールや薄手の羽織も一緒に持ち歩きましょう。

最高気温が20~25度未満の場合

20度から25度が最高気温の場合、気温の上下が激しい日になりそうなので、長袖のカットソー、もしくは長袖のシャツなどを使ってコーデしましょう。

または、最高気温が24度でも少し汗ばむ可能性があるので、半袖の上に、脱ぎ着が楽な長袖のシャツ、薄手のカーディガンなどを組み合わせるのもおすすめです。

最高気温が16~20度未満の場合

もし最高気温が20度を下回る日が続くようなら、本格的に秋冬の服装に変えるタイミングです。

つまり、秋の衣替えにスイッチする時期でもあります。

コーデのポイントは、長袖シャツをメインにして、上にベストや薄手のカーディガンを羽織るなどがおすすめです。

寒暖差も激しい時期なので、長袖シャツだけでなく、軽く羽織るものを持ち歩くようにしましょう。

最高気温が16度以下の場合

最高気温が16度以下になると、日向では温かく感じることがあっても、日陰や夜には少し冷え込む時期です。

長袖のシャツだけでは心もとないので、ニットのセーターなどで身軽に動けるようなコーデにしましょう。

最低気温も大切

最高気だけでなく、最低気温が20度を切る時期が秋の衣替えのベストなタイミングでもあります。

もし、最高気温が温かくても、最低気温が20度を下回るような日が続いたら、まだ半袖を完全にしまうのは早すぎます。

上記でもご紹介しましたが、少しずつ秋の服装にチェンジしつつ、夏物の服装にゆっくりとシフトしていくのがおすすめです。

秋の衣替えの服装は最高気温と最低気温がカギ!

それでは、秋の衣替えの服装のおすすめや気温に応じたコーデ例などご紹介してみました。

秋の衣替えのタイミングを計るのは難しいですが、そんな時には最高気温や最低気温を元に服装を選ぶのがポイントです。

秋になってから慌てないためにも、少しずつ秋服を出すようにして、こちらも少しずつ夏にしか着ない服装をしまうようにしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!